2018年6月5日 更新

【京都日本酒紀行】自慢の料理と京の銘酒めぐり!ウェスティン都ホテル京都主催「地酒フェスタ」に行ってきました☆

6月3日開催され、今回で第9回を迎えたウェスティン都ホテル京都主催の人気イベント。ホテル自慢の料理とともに、京都の酒蔵が一堂に会し、普段なかなか味わえない京都府下の日本酒も味わえる絶好のイベント。行ってきました。

全23蔵!京の酒蔵の銘酒を呑み比べ☆

 (125558)

地下鉄蹴上駅スグの場所にあるウェスティン都ホテル京都。新緑がまぶしい初夏らしい陽気に包まれた一日でした。
 (125559)

6月3日日曜日に開催された人気イベント『地酒フェスタ』に京都発酵食品部も参加。毎年大人気イベントで、今回第9回を迎えます。二部制になっていて、今回は一部に参加。

 (125561)

ホテルのイベントということで、ドレスコードとか大丈夫か?と若干心配になりましたが、参加者はわりとカジュアルな人や、着物の人も。着物着用だと特典がありました。フードチケット600円分進呈。
 (125560)

今回参加の酒蔵は全23蔵。おなじみの伏見や市内の酒蔵はもちろんのこと、京都府下北から南まで津々浦々の酒蔵が集結。
 (125613)

会場、すでに開場を待ちわびた参加者多数だったので、11時半予定でしたが早めにスタート。早くも熱気に包まれていました。
 (125563)

いきなり呑み始める前に、いろいろチェック。
ちゃんと途中、チェイサーで薄めるための水分補給場所も。
 (125564)

フードの購入はチケット制で、1000円で1200円分のフードチケットを会場内で販売。料理は200~1000円の幅で和食から洋食、デザートまで。ホテルの料理、抜かりがありません。
 (125565)

とりあえず、最初に一杯入れとくか!ということで、伏見の増田徳兵衛商店・月の桂を
 (125566)

友人は発泡系がいいということで、シャンパン風日本酒を。
 (125567)

私は夏の生酒を。
一つの酒蔵で、少なくとも5種類以上のお酒を用意してるので、いろいろ好みで選べるのがいいですね。
 (125568)

料理も冷製ものからホットものまで。いろいろありましたが、こちら人気でした。へしこパスタ。
 (125569)

鍋振りして炒めた作りたてのものを提供。さすがウェスティン都ホテル。で、お酒に合います。
 (125570)

以前久美浜まで行ったのに立ち寄れなかったことを後悔していた、熊野酒造。
 (125571)

夏酒をオススメしていただきました。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都イベント】5月20日開催「BIO-ICHI(ビオイチ)」地産地消のからだが喜ぶマルシェ行ってきました!

【京都イベント】5月20日開催「BIO-ICHI(ビオイチ)」地産地消のからだが喜ぶマルシェ行ってきました!

5月19~20日、三条駅前で開催されたイベント。「オーガニック」「安心製法」「地産地消」をキーワードに、こころとからだがおいしいマルシェが三条駅前で開催。行ってきました。
【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

毎年恒例イベント。酒処伏見の老舗酒蔵・山本本家の直営居酒屋・鳥せい本店の生ビール祭り。呑んだ生ビール分、もれなく缶ビールがプレゼント。
【京都伏見】日本酒の聖地・伏見は今年も大盛況!飲み倒れパラダイスの酒蔵開きに行ってきた!!

【京都伏見】日本酒の聖地・伏見は今年も大盛況!飲み倒れパラダイスの酒蔵開きに行ってきた!!

年々来場者増加傾向じゃないですかね。今年の酒蔵開き、大いに盛り上がりました!どこの酒蔵も満員御礼。その様子をまとめました。
【ビッグチャンスの3日間!】京の酒処伏見の老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

【ビッグチャンスの3日間!】京の酒処伏見の老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

お急ぎください!ビッグチャンス到来!!毎年恒例鳥せい本店で生ビール祭開催中(7月5~7日)。呑んだ生ビール分、もれなく缶ビールがプレゼント。
【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままにモダンに進化。今回は客室をご紹介。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部