2022年8月27日 更新

【京都かき氷】定番の抹茶やほうじ茶、個性的かき氷も楽しめます「やわた走井餅老舗」【八幡市】

石清水八幡宮門前の老舗和菓子屋。夏は定番の抹茶からオリジナリティあふれるかき氷を提供されています。テイクアウトも可能で、かき氷は9月末までいただけますよ♪

夏は、かき氷が人気の老舗和菓子屋

 (228177)

日本三大八幡宮の一つ、平成28年に国宝に指定された岩清水八幡宮。鳥居のすぐそばに走井餅老舗の店舗があり、境内にも店舗があります。
 (228176)

やわた走井餅老舗は、1764年滋賀大津にて創業の老舗和菓子店。その後1910年(明治43年)に名水で名高い岩清水八幡宮の麓へ移り、現在に至ります。
代表銘菓「走井餅」は、湧水「走井」を利用したことが名前の由来だそうです。八幡市の名物として、100年以上地元や、八幡宮参拝者にも愛され続けている銘菓です。
 (228178)

暑かったので、冷たいものを求めて来店。以前来店した時は、代表銘菓「走井餅」をいただきましたが、今日はかき氷目当てで来てみました。
 (228208)

平日の日中ですが、8割ほど席が埋まっていました。参拝の帰りに寄られた感じの方が多くて、人気ですね。
 (228180)

かき氷の定番メニュー。走井餅しぐれにするか?迷いましたが、ほうじ茶小豆を注文しました。
 (228181)

結構背が高いです(笑)香ばしいほうじ茶の香りと味がしっかりと味わえるかき氷。甘さ控えめでちょうどよく、とっても美味しいです。モチモチ白玉2個付き。かき氷あるあるですが、冷たすぎてキーンとなりました(笑)
 (228182)

お店の方が運んでこられた時に「小豆は下にありますので」と。ぱっと見、小豆は?と思う外観なので、尋ねる方が多いのかな?ちゃんと下部にぎっしりと小豆が入っていました。和菓子屋さんの小豆は、小豆本来の味がしっかりしていて、一味違う美味しさです。
 (228206)

他ではあまり見ないかき氷を扱っておられますので、紹介します。
まずは「梨氷」です。
8月11日より人気の梨氷の提供が始まっているようです。八幡市は梨の産地だそうで、以前より梨農家は減っているようですが、市内の梨の品評会で市長賞を受賞されている農家さんで、直接買い付けされているそうです。
毎年お盆頃から、幸水→豊水→新高の順で梨氷を提供されているそうですが、今頃は豊水を使った梨氷を提供されている時期でしょうか。さわやかで甘みが強い、豊水とかき氷の相性は良いでしょうね。
撮れたての梨をシンプルに砂糖とレモンだけで炊いているそうで、凍った梨を添えられているそうです。

※走井餅公式ブログの画像です。
 (228207)

二つ目は「しょうが氷」です。
あまり聞いたことはありませんが、ちょっと気になるかき氷です。ピリッとしたしょうが風味が癖になりそうですよね。ひやしあめは水あめにしょうがが入っているので、そんな感じかもしれませんね。

※走井餅公式ブログの画像です。
 (228183)

甘味の他に、軽食としてうどんを提供されています。八幡さんへ参拝後に、お昼を食べて甘味もちょっと食べたい、なんて時にちょうどいいお店ですね。
 (228185)

代表銘菓の走井餅や黒糖ういろうなど、美味しそうな和菓子が販売されていました。
 (228184)

今回は八幡市の和菓子屋、走井餅老舗を紹介しました。京阪の駅からも近く、アクセスが良いので、近くへ行かれた際には立ち寄られてはいかがでしょうか?

店舗情報

店舗名:やわた走井餅老舗 (やわたはしりいもちろうほ)
住所:京都府八幡市八幡高坊19
電話番号:0120-76-0154
営業時間:8:00~17:30 喫茶は17:00LO
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)
関連ページ:http://www.yawata-hashiriimochi.com/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事