2018年1月20日 更新

亀岡で唯一の美術館「みずのき美術館」開館5周年記念展「みずのきとわたし」1/21まで開催【入館無料】

かつて「亀岡銀座」と呼ばれた北町商店街に美術館があるのをご存知ですか?実は亀岡で唯一の美術館だそうで、今年で開館5年目。1/21まで無料の展覧会が行われていますのでご紹介します。

商店街に溶け込む、亀岡唯一の美術館

 (111907)

2012年10月にオープンした「みずのき美術館」は、JR亀岡駅近くのかつて「亀岡銀座」と呼ばれ賑わった北町商店街に位置します。
大正時代に建てられ、理髪店として使われていた建物をリノベーション。古い柱や床に使われていた木板など上手く活用しながら、美術館として機能する空間へと生まれ変わりました。

実は亀岡には美術館と呼ばれる施設がなく、今もこちらが唯一の美術館なのだそうです。
みずのき美術館は、母体である障害者支援施設みずのきの創立5年目に開設された絵画教室(1964年〜2001年)から生まれた作品の所蔵と展示、そしてアール・ブリュットの考察を基本に据えた美術館として、2012年に開館しました。

私たちは、アートを個人の深い内面からの発信ととらえ、作品を通してさまざまな「個」に出会い、そして人間の多様性の理解へと広がっていくことを期待しています。これまで50数年間、重い知的障害の人とともに歩んだ施設だからこそ、「物言わぬ人」の真の思いを伝えたい、と切実に願っています。

現代社会において、多くの幸福の仕組みが次々創りだされてもなお一層人々は真の幸福について探し続けなくてはならない状況に生きています。私たちは、その答えの手掛かりをアートに託しています。
紹介にある「アール・ブリュット」とは、第二次世界大戦後、価値観の再編成がおこなわれる中で、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェによりつくられた言葉。
加工されていない生(き)の芸術、伝統や流行、教育などに左右されず自身の内側から湧きあがる衝動のままに表現した芸術という意味合いで、伝統的な美術教育を受けていない作り手によって生まれた芸術だそう。

みずのき美術館ではそんな作品を中心に展示されています。
 (111918)

玄関にはサインポールが残されていて、かつて理髪店だった面影が感じられます。

みずのき美術館は、美術館には珍しく建物の前後がガラス張りになっていて中がよく見え、そしてとても解放的。
そういった特徴的なつくりがゆえ、小規模でありながら作品から得る大らかな印象や、窓から差し込む優しい光や風通しの良さなど、亀岡の自然や息吹さえも感じられるデザインになっています。

前の通りは学生の通学路になっているそうで、通学途中に子どもたちが興味津々に覗き込むという、ほのぼのとした風景が見られるのだそうです。

1/21までの開館5周年記念展は入館無料

 (111920)

みずのき美術館は、開館から5年目を迎えました。開館以来、所蔵作品であるみずのき絵画教室の作品に向き合いながら、アート表現とは何か、あるいはアートがもたらすこととは何かについて考えつづけてきました。そして、考えるときのパートナーにアーティストを積極的に迎え、創造することへの感覚的な共感を基本に据えることにより、多様な考察の糸口を得るよう努めてきました。
さて、「みずのきとわたし」という、作文の題名になりそうなこの素直な名前の展覧会に、3名のアーティストが集いました。長年にわたる制作活動のある時点で、重い知的障害のある人たちの絵画と出会うことになった3名それぞれの応答に、わたしたちも対峙したいと思います。
1/21までとあとわずかになった開館5周年記念展は、うれしい事に入館無料で鑑賞する事ができます(他の展示では入館料が必要)。日比野克彦など、第一線で活躍しているアーティストの作品を間近で見られるうれしい機会です。
 (111912)

 (111916)

ポップでハッとする作品があるかと思えば、優しいタッチのものもあり。
それぞれが自由な感性で描かれていて、見ていて飽きません。
 (111913)

 (111910)

中には絵画教室での作品も多数展示されていて、それぞれの豊かな個性を垣間見る事ができます。
親子で製作された作品もあって、とても瑞々しく心が洗われるよう!
 (111915)

2階にも展示スペースがあり、大型のものや立体作品もあってバラエティ豊か。
あらためて芸術は自由で、国境や年齢など垣根がなく、そそて障がいがあっても素晴らしい作品が生まれるのだということを感じさせてくれます。

あと数日ですが、ぜひじっくり見て欲しい作品展。あなたの感性でご覧いただきたいと思います。
あわせて、美術館が醸し出す素晴らしい雰囲気と気持ちよい空間も、たっぷり感じてみてください。

また今回鑑賞できなくても、2月より新たな展示がはじまりますので乞うご期待!

EVENT DATA

開催期間:2017年11月15日(水)〜 2018年1月21日(日)
開催場所:みずのき美術館(京都府亀岡市北町18 電話:0771-20-1888)
入館無料(通常展示:一般 400円 / 高大生 200円 / 中学生以下無料)
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日・火曜日(祝日の場合は開館)
アクセス:JR嵯峨野線 亀岡駅下車 徒歩約8分

H.P:http://www.mizunoki-museum.org/
Facebook:https://www.facebook.com/mizunokimuseum/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

日本では巡回なしの唯一開催になります。岡崎・京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会。会期中、無料観覧日を設けていたり、週末には夜間開館も実施され、避暑観覧も。初日に行ってきました。
【京都市美術館】早くも話題沸騰中!伊藤若冲展「若冲の京都 KYOTOの若冲」へ行ってきました!!

【京都市美術館】早くも話題沸騰中!伊藤若冲展「若冲の京都 KYOTOの若冲」へ行ってきました!!

京都市美術館で現在開催中の「若冲の京都 KYOTOの若冲」展。開催初日の朝から行ってきました!
【河原町五条】大正2年創業の京都老舗画材店!京都の美術史と若いアーティストの創作活動を支える!!「画箋堂」

【河原町五条】大正2年創業の京都老舗画材店!京都の美術史と若いアーティストの創作活動を支える!!「画箋堂」

創業して100年以上になる老舗画材店。京都の数多くの芸術家、画家の創作活動を支える有名店。
【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

30年ぶりとなる日本画の巨匠・東山魁夷の大回顧展が京都、東京で開催されます。開催に先立ち、展覧会会場となる京都国立近代美術館へ行ってきました。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス