2018年9月24日 更新

京都御所の西側であつもりの出石そばを味わう「竹邑庵太郎敦盛(ちくゆうあんたろうあつもり)」

御所の西側、出石そばの「あつもり蕎麦」が食べられる京都でも数少ないお店「竹邑庵太郎敦盛(ちくゆうあんたろうあつもり)」なり。

京都で出石そばを頂ける貴重なお店

 (134127)

やってきたのは御所の西側、烏丸丸太町の交差点を北に進み、1本目の路地を西に行くとこういうお店が見えてくるのだ。お店の名前は竹邑庵太郎敦盛(ちくゆうあんたろうあつもり)なり。 いつからあるのかな!と検索したのですが2005年には存在していた模様。出石そば、それに店名にもなっている「あつもり蕎麦」が食べられる京都でも数少ないお店なのだ。

12:00チョイ過ぎにお店に到着。京町屋リノベーション物件なのですが、1階は満席で、2階にどうぞ!ということに。非常に細くて急な階段をとんとんと登る。
 (134128)

二階はこういう畳部屋の座敷席。小さなちゃぶ台が10個ほど並んでいたので、端っこの席を確保なり。
 (134129)

メニューを確認。この三種類だけ、アテも特に無い潔い構成。もともと蕎麦切りはせいろで蒸したものが元祖で、蕎麦がせいろに乗って出てくるのは、その当時の名残だ!ということなのですが、あつもりとはその当時のせいろで蒸した蕎麦なのだ。一斤が¥900なので、少ないのかなあ?と相方は一斤、私は二斤でお願いする。
 (134130)

焼酎お湯割り¥550をお願いするのだ。ちろりで燗してある焼酎をやかんの蕎麦湯で割って頂く趣向。きっちり一合ありますので、これは非常に良心的設定ですな。

 (134131)

先にあつもりそばの薬味とツユがでてくる。1.5斤は¥950なのですが二斤にすると薬味のお椀が2つ!になる大盤振る舞い。
大粒の蜂蜜うめが蕎麦の付け合わせなんて、過去食べたことが無い組み合わせですなあ。
 (134132)

まぜまぜすると椀の底に全卵が沈んでいるので慎重にまぜまぜし、熱い蕎麦つゆをかけてスタンバイするのだ。
 (134133)

ネギ好きにはたまらない蕎麦つゆかも。かなり甘口でかえしの深みはあまり感じない柔らかめなお味ですな。どことなく「すき焼き」っぽい味付けに感じるのだ。
 (134134)

暫しの後、蕎麦がアツアツせいろで登場。奥が一斤、手前が二斤。二斤で400gは楽々ありそうなてんこ盛り量。この量を見て、食べる前から少々反省してしまいました汗
 (134135)

蕎麦量は五分ほどかなあ。黒いのですが蕎麦感は弱め。押し出しなのか丸い断面の蕎麦で、柔らかく学食の蕎麦のような感じ。引っ付きやすいので適宜、やかんで出ている蕎麦湯でほぐしつつ頂くのだ。
 (134136)

優しいお味なので、蕎麦なのにわしわしと頂けますな。。が、流石に量が多い!
 (134137)

いつまでも蕎麦が温かいのはこの特注せいろのおかげ。中にお湯を入れることができるのですな。色々工夫があるお店なのですが、ちょぼ盛りの蕎麦なんて蕎麦じゃないや!な人には推薦したいてんこ盛り店。
ロケーションやお店の雰囲気はどことなく京都らしいのですが、なんだか面白いお店ですな。 シズル感溢れる!なマニアック系蕎麦とは対極にある食べ物ですが、また食べたくなるような気がします! 
ご馳走様でした~。

クチコミでの評判

店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

烏丸御池近くの「蕎麦 もうやん」で、美味しい自家製蕎麦とこだわりの日本酒、にっこりの昼のみモードなり。
【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

地下鉄丸太町駅から少し南へ。渋い昭和風情をかもすお蕎麦屋さん。創業昭和5年の老舗。中でも、「キーシマ」と呼ばれるここの名物そばを求め、行ってきました。
京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都の中心地、御所南に店舗を構える蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」、ミシュランビグルマンをはじめ、これまで数々のメディアや雑誌でも紹介されている人気店です。
【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

三条堺町にある明治38年(1905)創業の老舗のお蕎麦屋さん。この日はランチタイムを逃して難民になり、通し営業しているこちらへ。
「京都時間」を素敵に過ごす☆【タイム堂】待ち合わせや時間つぶしには贅沢過ぎるカフェ【京都御所西】

「京都時間」を素敵に過ごす☆【タイム堂】待ち合わせや時間つぶしには贅沢過ぎるカフェ【京都御所西】

地下鉄丸太町駅からすぐ、烏丸通に面して京都御所を目の前にする超一等地☆何かと便利な場所ですから、いわゆるスタバ的使いの方が多いでしょうか?☆でもでもしかし…京都を感じる仕掛けがいっぱいのこのお店…ゆったり目的で行く価値が充分にあるのですよ♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。