2016年3月21日 更新

祇園の喧騒を抜けるとそこには紹介制の限られた空間が「鮨 よし田」【一見さんお断り】

北大路から祇園に移転されてから場所柄、紹介制に。「祇園 鮨よし田」紹介を。

祇園の喧騒を抜け・・

 (24372)

祇園の一番にぎやかな通り花見小路通り、一本入ると途端と静かに。
 (24373)

さらに細い小路に入ると「鮨よし田」があります。紹介制なのでご注意ください。
ただ、この佇まいで一見で入るのも勇気いるよね(笑)
 (24374)

凛とした雰囲気で。

祇園に移転し、小上がりや、個室ができて使い勝手がよくなったという印象。

京都の寿司屋さんは、いろんな料理を食べて、そのあと少し握ってもらうという
スタイルが多いのですが、ここは「割烹」部分がかなりおいしいです。

豪快な「割烹」

 (24380)

このサイズのノドグロは希少で、焼いてもらうと本当に美味しいです。焼きの技術もひかります。
 (24381)

 (24382)

鱧と煮鮑。

大将が出身の「ます多」譲りの豪快な料理と、時間をかけた繊細な仕事と、
鮨に行き着くまでに、お腹いっぱいになります。

丁寧で繊細な「鮨」

 (24375)

うなぎ
 (24376)

くもこの握り。
 (24379)

赤身。
 (24378)

はまち。
料理はあいかわらず文句なしの連続で、なかなかお鮨に行き着かないんだけど、今回はしっかりいただきました。

紹介制にされたのと看板もないので、居心地のいい空間が出来上がって行くことでしょう。
強豪揃いの祇園町南側で、どこまで力を伸ばしていかれるのか、とても楽しみです。

祇園 鮨よし田の感想

鮨 よし田 店舗概要

店名:祇園 鮨 よし田
住所:京都市東山区祇園町南側570-179
電話番号:非公開
営業時間:非公開
定休日:非公開

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

チョキちゃん チョキちゃん