2018年8月29日 更新

【京都お寺めぐり】8月から新発売!人気観光名所・南禅寺御用達の名水!!観光中のお供に☆

岡崎にある四季折々の風景が楽しめる人気観光スポット・南禅寺。いつも観光客でにぎわうお寺だが、この8月、南禅寺から新発売されたミネラルウォーターは観光のお供にも最適。

京都屈指の観光名所・南禅寺御用達のミネラルウォーター

 (132286)

京都岡崎にある臨済宗のお寺・南禅寺。四季折々でその景観を楽しめる観光名所として、国内はおろか海外の方にも人気のスポット。

そして三門。
歌舞伎狂言「桜門五三桐」で、大盗賊石川五右衛門が満開の桜を眺めながらの放った一言「絶景かな絶景かな~」はあまりにも有名。京都三大門の一つ。
 (132296)

参道はまだまだ残暑きびしい、夏の日差しがまぶしいほど。
 (132287)

 (132288)

境内に一際鮮やかな彩りを添える花。晩夏に開花する、今がちょうど見頃のサルスベリ。
 (132290)

 (132291)

もしかしたら、南禅寺の境内で一番人気の場所とも言える、水路閣。

よくドラマにも登場する場所で、とくに若い観光客の方がいくつも続くこのアーチ型をバックに記念撮影されてる場面を見かけます。
 (132289)

今回はSNSでウワサを聞きつけ、南禅寺に8月から新発売のお水があると聞きつけてやってきました。
ここ本坊と、宿坊である南禅会館で販売されてるとのこと。
 (132292)

有料拝観スペースで、入り口の隣に御朱印受付や数珠、ポストカードなどの授与所が。
 (132295)

ありました。全て水で埋め尽くされた冷蔵ケース(笑)冷え冷えで待機しています。
 (132293)

1本買ってみました。120円。
パッケージには『南禅寺』と書かれ、その横には金地にトラの絵が描かれた含蓄ある雰囲気のお水。
 (132297)

せっかくなんで、南禅寺境内をバックに名水を激写。

南禅寺周辺には有名な湯豆腐店や疏水などがあり、豊かな水源に恵まれた、さぞや美味しい名水が手軽にいただける、新たな名物になりえるような逸品か!と色めきたっていましたが。
 (132298)

中身は長良川の名水だそうです(笑)
でも、やわらかい軟水で、甘みも少し感じられる美味しいお水。ぶっちゃけ、京都の名水といわれるやつより美味しいかも(爆)

まだまだ日中暑い日が続きます。喉を潤す水分補給にこんな南禅寺御用達のお水はいかがですか?
長良川産ですけど(しつこい笑)

ヨ~イヤサ~♪

南禅寺 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都朝活めぐり】早起きは三文の徳!台風一過の爪痕残る南禅寺で無料座禅会☆

【京都朝活めぐり】早起きは三文の徳!台風一過の爪痕残る南禅寺で無料座禅会☆

京都朝活の元祖といえば、禅寺で定期開催される座禅会。8月の夏休みを終え、9月からまた座禅会再開。猛威を振るった台風21号の爪痕も境内に残る。
【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままにモダンに進化。今回は客室をご紹介。
【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

近代産業の礎となった明治時代の一大事業・琵琶湖疏水の建設。その歴史や詳細がわかる記念館が岡崎にあり、入場無料で見学できます。
石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

臨済宗南禅寺派の本山である南禅寺。狩野探幽筆の襖絵「水呑の虎」や「虎の子渡し」と呼ばれる枯山水庭園など、見どころの多いお寺です。また、境内に宿泊施設もあり、桜や紅葉の時期に移動時間ゼロで南禅寺の桜や紅葉を楽しむことができます。
【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

2017年最新の紅葉パトロール。11月19日の様子です。かなり紅葉の進行も進み見頃。今回は西日が差す時間帯に。そして、南禅寺周辺の様子も。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな