2017年11月16日 更新

行ってきました「桂ヴィレッジフェス」素敵なお店や人がいっぱいで桂の良さを再発見【イベント】

10月29日”地元をもっと知ろう!新しい故郷の村まつり”をテーマに催された「桂ヴィレッジフェス」。3回目の今年は台風接近の悪天候でしたが、予定通り開催されましたので訪問してきました。

いま桂がアツい!マチとヒトをつなぐ一日限りの復活祭

 (100829)

桂ヴィレッジフェスとは
桂にゆかりのあるお店やクリエイターが集まり、
6つのエリアにわかれて展開します。
ただ知らないだけで、桂周辺には素敵なお店がいっぱい。
地域の人たちの手で作り上げるお祭りを開催します!

家族と、友達と、そして大好きな人たちとで、
是非お越しください!
西京区の玄関口、阪急電車桂駅から徒歩5分ほどの本願寺西山別院。
こちらの敷地を使って行われた「桂ヴィレッジフェス」。
”地元をもっと知ろう!新しい故郷の村まつり”をキャッチフレーズに、3回目の今年は出店者や内容も充実で開催されました。
 (100827)

お天気が良ければとても気持ちのいい空間ですが、生憎の雨。
そんな中でも出店者さんたちやスタッフさんたちは、楽しいイベントにしようと頑張っておられました。

・桂のグルメが目白押し!カフェエリア😍
・地元で本でつながろう!ブックエリア💮
・今年初!地場野菜や植物が買えちゃうファームエリア🍁
・本堂で楽しめるステージ&シエスタエリア🎵
・ジャンルを超えて楽しめるワークショップエリア😉
・とっておきを見つけてね!クラフトエリア💎

の6つのエリアに分けられていて、それぞれ趣向を凝らした出店者などで楽しめるようになっていました。
 (100828)

今年3回目で、地元では定番イベントとして定着し親しまれているのでしょう、
悪天候で足場が悪いにもかかわらず、なかなかの人出で賑わっていました。
 (100830)

最近おいしく繁盛しているお店が多く、注目の桂エリア。
その中でもミシュラン一つ星の名店「隆兵そば」https://kyotopi.jp/articles/eOin7
もカフェエリアで出店。
あまりイベントには出られない印象なのでかなり貴重な機会です。
お店ではいただけない「鴨雑煮」やそば茶のクレームブリュレなど販売されていました。
 (100831)

柔らかい鴨肉に中村軒のつきたて餅、上品で旨みたっぷりなお出汁にぴりりと効いた柚子胡椒。
これはおいしいに決まってる!これが600円のお手頃価格でいただけました。
雨で肌寒く、冷えた体に染み渡ってもう絶品でした!
しかも雨だからか並ばずすんなり買えたのがまたありがたかったです。あぁ幸せ♡
 (100832)

↑は桂駅東口そばの「アカツキバル」の骨付きラム肉のグリル。クセ少なく柔らかくて美味。お酒とサイコー!
↓は「まる担おがわ」の汁なし担々麺。濃厚でほどよい辛さ、いい感じで絡む麺がこれまた最高。辛さも3段階から選べてよかったです。
どちらも人気で、時に満席で入れない事もあるお店。そういうお店のがこうして気軽に買え味を楽しめるのがうれしいですね。
 (100833)

 (100834)

フードを買ったはいいがどこで食べるの…?と心配でしたが、対面所(研修所)を飲食スペースとして開放されていて、そちらで濡れずにいただく事ができました。座るところやテーブルが用意されているのもありがたいですが、きちんとした屋内スペースがあるのは、こういう天気の時は助かりますね。

アルコールを用意されている店舗さんも多く、お酒とおいしいフードで楽しそうに過ごされている方が多かったです。

カフェエリアは他にパン屋や、桂と言えばの山田製油なども出店されていて、あれこれ揃う充実ぶりでした。今年は初出店のお店が多かったそうで注目度が高かったとか。
 (100835)

本来は屋外で開催予定だったという「一箱古本市」は、飲食スペースとともに屋内に変更。
飲食スペースをぐるりと囲むように出店されていたのですが、それぞれのんびり見て回れるようになっていました。
 (100836)

 (100840)

「一箱古本市」とあるように、一箱スペースで古本を出品されているのですがプロアマ問わず応募できたそうで、地元の主婦の方から長野から来られた本屋さんもおられ、実にバラエティ豊か。
本のジャンルやディスプレイもそれぞれ個性があって、本好きさんには楽しい空間だったと思います。
私も何店舗かで購入したのですが、お店の方と話をしながら(時にはまけてもらいながら 笑)新たな出会いもあったりで、そんなやり取りが楽しかったです。こういう取り組み、とても素敵ですね!
 (100838)

 (100839)

本堂のステージ&シエスタエリアでは、学生のカルテットなど演奏が行われ、皆さんゆったり耳を傾けて聴いてらっしゃいました。
ステージは屋外の予定だったのを本堂に切り替えられたようですが、本堂をバックに聞き入るというめったにないロケーションが、個人的にはとてもよく印象深かったです。
そして本堂ならではの音響効果で音もいい感じで響いていたような…
 (100841)

 (100842)

本堂の周りはクラフトエリア。
桂にもセンスいい雑貨屋さんが何軒もあるんですよね。
その中でも代表格なのは、こちらの「雑貨店おやつ」。本も出版されているトノイケミキさんのお店で、まもなく6周年を迎えられます。
トノイケさん自身はヴィレッジフェスのスタッフさんとしてお仕事されていたので、代わりの方が出店を担当。
普段店頭に並んでいるかわいい雑貨たちがコンパクトにまとめられていて、思わずテンション上がります♡

他にもかわいい雑貨屋や手づくり作家さんなど出店されていて、散財注意という感じでした!(笑)
 (100845)

クラフトエリアと併設してワークショップエリアもあり、型染や、何と建材屋さん(しかも作業着!)の廃油と建築資材(砂利等)を使ったキャンドルつくりなど多彩な内容で、特に子供達が楽しそうに作っていたのが印象的でした。
 (100854)

今年初の地場野菜や植物が買えるファームエリアも賑わっていましたよ。
新鮮な野菜が安く買えるとあって、がっさり買って帰られる方もちらほら。
普段イベントに出店されない、ハーブ苗の生産者さんの直売などもありました。
 (100853)

いろんなイベントに出られている「Rosetta*H(ロゼッタアッシュ)」さんの姿も。
オシャレなディスプレイはさすが!天気が悪い中ファンの方がたくさん来られたようで、思ってた以上でした、との事。
 (100843)

その他、スタッフさん手づくりのフォトブースも。
撮影どうですか〜と声掛けもされていて、撮影を楽しむ方もたくさんおられました。
何だかほのぼのしていていいですよね!
 (100844)

桂のまち全体の魅力や楽しさ、かつての賑わいを戻そうと、20名以上のスタッフで半年以上前から準備を進めてこられたという桂ヴィレッジフェス。
普通ならこういうイベントには無縁そうなメガネ屋さんや建材屋さん、カーペット屋さんや漢方薬屋さんも出店されていて、街全体で盛り上げようという情熱や熱意、そしてみんなで楽しもう、気持ちよく楽しんでもらおうという意気込みも感じられました。

またスタッフさんの数が多く、入口での案内はじめ、本堂で脱がれた靴を並べたり傘を畳んでおられたりと、行き届いたサービスをされていてびっくり。他のイベントではそういうシーンは見かけないので、そういうちょっとした心配りが素晴らしいと思いましたし、何よりセンスよく楽しく賑やかで、そして温かみも感じられる、とても素敵なイベントでした。

また来年も開催されると思いますので、その際は改めてご紹介したいと思います。
運営に携われた皆さん、スタッフの皆さん、大変お疲れさまでした。来年も楽しみにしています!

EVENT DATA

開催日時:2017年10月29日(日)11:00〜16:00・入場無料
開催場所:本願寺西山別院(京都市西京区川島北裏町29)
アクセス:阪急電車 桂駅下車 徒歩約5分

H.P:http://katsurafes2015.wixsite.com/katsura
Facebook:https://www.facebook.com/katsura.village/
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス