2021年4月15日 更新

【京都ぶらり】日本一短いアーケード商店街☆かつての『丹後の台所』「御旅市場」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都府京丹後市峰山にある市場。日本一短いアーケード商店街で、かつては『丹後の台所』と称されるほど栄えた場所。

日本一短いアーケード商店街

 (204809)

京都府京丹後市峰山エリア。この日たまたま他の用で訪れ、観光することに。だがしかし、今までほとんど観光したことのないエリアでノープラン。

こういう時は、町にある観光案内マップを素直に活用すべし!と、こちらをチェック。すでにこの時点で、日本唯一の珍狛『狛猫』が鎮座する金刀比羅神社へは参拝済。それ以外にどこかないかと。
 (204812)

すると『日本一短いアーケード』とのキャッチコピーを発見。日本唯一の狛猫の後、その続きならやはり日本ベースの冠があったほうがインパクト大だろうと(笑)

あと、まあ個人的に市場や商店街好きで、そこへ行けば町のカラーがわかるというか。で、徒歩でその『御旅市場』を目指すことに。
 (204801)

京都府道17号網野峰山線から少し住宅街に入った場所。
 (204802)

なんとも鄙びた風情のアーケード。ここが入り口みたいです。『御旅市場』の看板の下には天女が。
 (204804)

天女の羽衣伝説で知られる町ということで、マンホールにも天女が描かれています。他、町の花サツキと町の木カエデも。名所があるんでしょうね。

この峰山町は丹後ちりめん発祥地であり、その集配の中心地として発展。それに付随し関連の問屋や組合、金融業者などが集中し、丹後の中でも有数の繁華街だったことが想像できます。
 (204803)

大正時代発祥と言われるこの御旅市場はもともと木造建築のアーケードを備え、この周辺一帯の『御旅商店街』の中では、主に食料品を販売する商店が集中。かつて商店のほか映画館もあり「丹後の台所」として賑わっていたとか。

なので、アーケード周辺にはぽつぽつと個人商店があり、当時の名残りを感じます。

 (204805)

こちらはアーケード内にある食料品店。かなり大きい店舗。海鮮ものの他、加工品やらいろいろな種類の食品を販売。

 (204807)

他、閉店になっているお店もあります。

全長52.4メートルの日本一短いとされるアーケードには、平成20年(2008)時点で6店舗存在したそうですが、現在ではもっと少ないような印象。

 (204806)

こちらは陶器屋さん。『にしがき』の店名から、京都府京丹後市に本社を持つ、食品スーパー『にしがき』と何か関連のあるお店かもしれませんね。
 (204808)

こちらは反対側の入り口。50メートル余りの短いアーケードとなると、出口もここから見えます(笑)

長さを誇るアーケードは数々ありますが、短さを謳っている場所ってレアですね。ぶっちゃけ消費者目線で言うと、短いということはお店も少なく誰得?とも思えますが、昭和レトロな雰囲気も残り、ちょっとした産業遺産的市場。都会だと店舗の入れ替わりや再開発激しく、その片鱗すら残っていない場所がほとんど。そんな意味で、なんとも郷愁を感じノスタルジーあふれるスポット。ぶらりと散策してみてください!

基本情報

名称:御旅市場
場所: 京都府京丹後市峰山町御旅51
営業時間:8時30分~17時15分
定休日:不定休
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事