2016年11月20日 更新

【保存版・改訂版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗パン屋さん!【厳選5店】【まとめ】

石を投げればパン屋に当たる、といっても過言ではない京都。わりと年配の方でも朝パンを食べる人が多く、パン消費量全国ランキング1位になったことも。そんなパンにはうるさい京都人がオススメする老舗パン屋さんをご紹介します。

お腹パンパン食べ放題モーニングも大人気!「進々堂」

 (56614)

 (56617)

 (56615)

創業は大正2年で100年あまり。テイクアウトはもちろんだが、店内には併設されたカフェも。そして、そのカフェのメニューでは、食べ放題の自慢の焼き立てパンも楽しめて、いつも大人気。

進々堂 への口コミ

京都人の国民食『カルネ』は必食!「志津屋」

 (56623)

 (56624)

 (56625)

昭和23年創業で、70年近くになりますね。志津屋といえば、地元民には超おなじみ。店舗数多く、スーパーや地下鉄構内など至るところで見かけます。京都ではふだん使いのパン屋さん。
そして忘れてはならないのが看板商品「カルネ」。シンプルな飽きのこない味わいのロングセラーパンは必食!

志津屋 への口コミ

創業93年のなつかしパンは今も現役大人気!「天狗堂海野製パン所」

 (56647)

 (56648)

創業93年。昔懐かしいガラスショウケースの対面販売方式のパン屋さん。焼きそばパンなどおかずパンも充実。中でも季節限定商品の名物ホワイトホーンはホイップクリームとラムレースン入りの素朴な味わい。

天狗堂海野製パン所 への口コミ

袋デザイン永久保存希望のレトロパン!「ササキパン本店」

 (56653)

 (56654)

大正10年創業。つくり続けて90年の昔ながらの味。店の雰囲気もレトロ感がステキすぎてたまらない。昭和臭全開の袋入りパンは郷愁をそそる味わい。

ササキパン本店 への口コミ

シンプルでなつかしい味♪「まるき製パン所」

 (57018)

 (57019)

 (57020)

創業55年あまり。松原京極商店街の中にある昔ながらのパン屋さん。今も、昔からの製法で変わらない味を提供。コッペパンベースにいろんな調理パンを展開。そのどれもが素朴な味わいで今も人気。

まるき製パン所 への口コミ

いかがでしたか?一口に老舗パン屋さんといっても、それぞれかなり方向性がちがう個性派ぞろい。京都の街をぶらり歩きながら、お気に入りのパン屋さん巡りなんてオススメですよ。ぜひ、ご参考に。

ヨ~イヤサ~♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

おおきに~豆はなどす☆石を投げればパン屋に当たる、といっても過言ではない京都。わりと年配の方でも朝パンを食べる人が多く、パン消費量全国ランキング1位になったことも。そんなパンにはうるさい京都人がオススメする老舗パン屋さんをご紹介します。
【保存版】徹底解剖!京都人ソウルフードの呼び声高い名物パン『カルネ』でおなじみの老舗ベーカリー「志津屋」

【保存版】徹底解剖!京都人ソウルフードの呼び声高い名物パン『カルネ』でおなじみの老舗ベーカリー「志津屋」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の老舗ベーカリーの中でも知名度の高い人気ベーカリー。そして、看板商品『カルネ』は京都人のソウルフードとも呼ばれたり。今回はそんな地元で愛される老舗ベーカリー志津屋を徹底解剖。
【保存版】本格スパイシーから具材ゴロゴロまで☆京都オススメのみんな大好きカレーパン【厳選5店】

【保存版】本格スパイシーから具材ゴロゴロまで☆京都オススメのみんな大好きカレーパン【厳選5店】

おおきに~豆はなどす☆老舗から新店まで京都には数多くのベーカリーが存在。朝食にパン食の人が多かったり、意外とパン好きの京都人。パンにもいろいろ種類ありますが、カレーパンも人気のアイテム。そこで、今回はオススメのカレーパンを集めてみました。
理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

ロングセラーのカルネなどメディアでも度々登場する京都を代表するベーカリー。トーストはもっちり、ふわふわ、そして表面サクサク。カフェで頂く最強のモーニングセット。
【京都モーニングめぐり】京都屈指の老舗ベーカリー自慢!至福の贅沢トースト☆府庁前「進々堂」

【京都モーニングめぐり】京都屈指の老舗ベーカリー自慢!至福の贅沢トースト☆府庁前「進々堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都を代表する創業100年超えの老舗ベーカリーのモーニング。それも、老舗ベーカリーのこだわりが詰まった至福の贅沢トースト。一味も二味も違う美味しさです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな