2019年2月23日 更新

【京都街角ぶらり】お茶の本場・宇治らしさ全開からくり時計!茶摘み娘がはんなり動き出す☆「JR宇治駅」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はJR宇治駅前にある地元では有名なからくり時計。定時になると、茶摘み娘が動きし、茶摘み作業を始める。お茶処宇治ならでは。

名物・茶摘み娘のからくり時計

 (145838)

JR宇治駅。宇治といえば、全国的にも知られるお茶の名産地。街全体がお茶推しで有名。
 (145839)

駅前の郵便ポスト。茶壺です(笑)というか、ちゃんとポストとして機能してるのか?というくらいポストの体ではありませんが。
 (145840)

ちゃんと取集時刻も明記してあるので、やはり郵便ポストみたいです(笑)
 (145841)

そして、マンホール。宇治のマンホール、他にも宇治橋バージョンもありますが、こんな茶葉バージョンも。さすが、お茶処。
 (145842)

そして、もう一つ。駅前にあるオブジェ。
 (145843)

茶摘みスタイルのからくり時計になります。さすが宇治、やはりお茶モチーフ(笑)
 (145844)

宇治に住む友人も知ってる、昔から地元民にとっては有名な時計らしいです。昭和63年に設置されたもの。バブル期ですかね。
 (145845)

この時刻になると、茶つみ歌とともに茶つみ人形が動き出すというもの。で、ちょうどその時間帯に居合わせたので、しばし足を止めて録画することに。

京都・JR宇治駅前の茶摘み娘からくり時計

トータル3分ほどのパフォーマンスでしたが、どんだけ牛歩的茶摘み作業なん?とツッコミ入れたくなるほど(笑)私が雇い主だったら、「チャッチャと手動かさんかいッ!」と激入れたくなるような。茶摘みだけに(笑)

以前はBGMも「夏も近づく八十八夜~♪」でおなじみの茶つみ歌が流れていたようですが、ちょっと老朽化してるんですかね。まあ、今年元号が変わるほどかなりの年数、茶摘みに時間を割いてきたからくり時計。そんな歴史も踏まえて温かい目で眺めてみてください(笑)

茶摘みからくり時計 へのツイート

基本情報

住所:京都府宇治市宇治里尻5−9(JR宇治駅前)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers