2018年9月25日 更新

京都の紅茶専門店で絶品ローストビーフサンドを「ザ・スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」

四条烏丸エリアの人気紅茶専門店。こちらで頂ける絶品ローストビーフサンドウィッチ。エレガンスなヴィンテージ空間で豪快フードに舌鼓。

エレガントな英国空間

 (123651)

烏丸通り沿い蛸薬師近くにある人気の英国紅茶専門店「ザ・スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」
約3年前にオープンされてから女性を中心に安定した人気をキープしているティーサロン。
 (107682)

華やかさを極めたラブリーでエレガントなカフェスペース。
お席はテーブル席がゆったりレイアウト。
大きなガラス越しに近代建築を臨む絶好のロケーション。
 (107683)

店内は白を基調としフェミニンなインテリアで統一。
キャビネットには焼き菓子などの販売、英国ティールームお決まりのテディベアにもあえちゃいます。

グルメなローストビーフ

 (107685)

サンドセットはサンドウィッチにポットサービスの紅茶付き。
オプションでお得にスイーツも追加できちゃいます。
ローストビーフサンドウィッチセット ¥1100 税込

ローストビーフサンドウィッチセット ¥1100 税込

私はローストビーフのサンドウィッチをチョイス。
ドリンクはコーヒーか紅茶より選択可能で私は紅茶をチョイス。
ワンプレートの中身はサンドウィッチ、ポテトチップス、温野菜。
 (107660)

パンはコンプレを使用。程よく水分を含んだもちふわ感、
噛むほどに小麦の香りもたっぷり。
サンドの中身はわさび菜とたっぷりのローストビーフ。西洋わさびのピリ辛でシンプルな味付けが
素材の良さを引き立てます。
温野菜はブロッコリーにラディッシュ。
 (107686)

 (123652)

スタッフさんはお若いながらも落ち着いた紳士的な対応。
長居しやすい空気感も人気をキープし続ける一因です。
ローストビーフサンドは期待を裏切らない美味しさ。
是非是非ご賞味あれ。
 (107684)

お手洗いにはちょっとしたアメニティグッズもあったりと備品もホテルのようでした。
この界隈には様々な飲食店が点在しますが、これだけのリラックス空間でランチができるところは貴重です。居心地良すぎてくつろぎ過ぎには注意が必要ですね。ラグジュアリーかつエレガントな烏丸エリアの「紅茶の王国」でした。

ザ・スリー ベアーズ クチコミでの評判

ザ・スリー ベアーズ 店舗情報

店名:ザ・スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)
住所:京都市中京区手洗水町647 トキワビル 1F
電話番号:075-252-2221
営業時間:11:30~19:30(L.O.19:00)
定休日:月曜日・火曜日
関連ページ: http://threebears.jp
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

UCCが全国展開するセルフカフェ。シックな設えにこだわりの家具やバックミュージックとリッチ要素がたっぷり。 繁華街のど真ん中ににて安らぎの時間を過ごせます。
”秋の味覚”一個でも心まで満たせるケーキ★ボリューミーなワンカット★HERBS(ハーブス)【大丸京都店】

”秋の味覚”一個でも心まで満たせるケーキ★ボリューミーなワンカット★HERBS(ハーブス)【大丸京都店】

ビッグサイズのケーキの代名詞といえばのハーブス。決して大味でなくクオリティも最高級。 フレッシュネスを追及したマロンケーキは是非カフェにてご賞味あれ。
四条烏丸でお洒落にデリランチ★FOB.A (フォブエー)【駅直結の穴場】

四条烏丸でお洒落にデリランチ★FOB.A (フォブエー)【駅直結の穴場】

ラクエ四条烏丸3階、好立地にも関わらず混み合わないは穴場カフェ。高級感とカジュアルさを兼ね備えリラックス空間でオシャレなデリランチを頂きましょう。
気分はまさに"英国貴族" 極上の紅茶サロン『grace』(グレース)【烏丸五条】

気分はまさに"英国貴族" 極上の紅茶サロン『grace』(グレース)【烏丸五条】

烏丸五条、ビジネス街のど真ん中にひっそり佇む紅茶専門店。紅茶インストラクターの資格を持つオーナーによる紅茶や秀逸な焼き菓子でワンランク上のくつろぎ空間を。
あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

有頂天家族のワンシーンにも描写された通なファンも訪れるアットホームな純喫茶。フレッシュなサラダにしっとりトースト、日常の生活に花を添えるモーニングタイムを過ごせます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen