2019年10月29日 更新

京都祇園に佇む2大カフェが限定コラボ!きな粉と抹茶が織りなすプレミアム和スイーツ 「吉祥菓寮 × 祇園 北川半兵衞」

カフェの多い京都でも今話題の2店舗、吉祥菓寮と祇園 北川半兵衞。その2店舗がお互いの最高の素材を使用した限定のコラボメニューを展開します。

きな粉と抹茶が奏でる珠玉のハーモニー

祇園に位置する京都を代表するカフェ、吉祥菓寮と祇園 北川半兵衞。

吉祥菓寮と言えばきな粉、祇園 北川半兵衞は抹茶。
珠玉の素材をそれぞれの店舗が使い、至極の限定スイーツを完成させました。

限定メニューの提供開始は、11月1日(金)から各店舗で販売されます。

吉祥菓寮は11月30日(土)まで、祇園 北川半兵衞は12月中旬までと、提供期間が異なるのでご注意ください。

カフェ好き、パフェ好き、きな粉好き、抹茶好きにはたまらないに秋に。
SNSでも話題になること、間違いありません。
 (167798)

こちらが気になる吉祥菓寮と祇園 北川半兵衞のコラボ和スイーツの全貌。

構想から半年以上...

吉祥菓寮が祇園 北川半兵衞の抹茶を、祇園 北川半兵衞が吉祥菓寮のきな粉を使用し、大胆かつ繊細に試作を重ね、ようやく完成した至極の和スイーツ。

最高のきな粉と抹茶が織りなす豊かな風味と味わい、他では味わえない、まさにプレミアム和スイーツ。

きな粉スイーツのパイオニア 吉祥菓寮

 (168194)

吉祥菓寮では、祇園本店と四条店の両店舗で、“限定コラボパフェ”をいただくことができます。
こちらは上品な京町家造りの祇園本店。知恩院からすぐ、観光にも最適な好立地。
 (168193)

京都四条店は四条柳馬場に位置し、河原町や烏丸にも近く、ショッピングにも便利な立地。
昨年12月にオープンした新店です。
 (168228)

吉祥菓寮の原点である、きな粉。
日本中を旅して厳選したこだわりの大豆を自家焙煎したきな粉は、
一口食べると、口いっぱいに芳ばしいな香りとコクが広がります。
これまで出会ったことのない「きな粉」スイーツがここにあります。
 (167799)

吉祥菓寮で提供される“限定コラボメニュー”は、Japan Premium「雅」(1,760円・税込)
両店舗ともに限定30個 / 日(京都四条店は休日40個)

きな粉と抹茶のツートンカラーで、
まさに「雅」の名にふさわしい和と上品さを表現したパフェ。
個性的な素材を見事にまとめあげました。吉祥菓寮にしか出せない立体感がある味わいと、素材の一体感が織りなすパフェを堪能してください。

※京都四条店で従来提供されていた「京菓抹茶パフェ」は、コラボパフェの提供期間中休み。祇園本店では抹茶を使ったパフェは今回初登場です。

老舗抹茶問屋が手掛ける祇園 北川半兵衞

 (167801)

京都らしい景色が広がる祇園町南側に位置する「祇園 北川半兵衞」
築120余年の京町家をリノベーションした威風堂々とした佇まいの店舗。
 (168192)

抹茶問屋である北川半兵衞商店は文久元年(1861年)から続く由緒ある老舗中の老舗。

本物の抹茶、日本茶を使用した日本茶カフェ。製菓用ではない、茶会などで使用する最高級グレードのお茶を使用した唯一無二の和スイーツを楽しめます。
 (167800)

“限定コラボメニュー”は、抹茶ときなこのデグリネゾン(2,600円・税込)。選べるセットドリンク付き。1日60個限定です。

祇園 北川半兵衞の看板メニューの「抹茶テグリネゾン」は、最高級の抹茶をふんだんにした至極のスイーツプレート。その抹茶テグリネゾンに、大胆にきな粉を織り交ぜました。

最後に...

 (168236)

厳選した最高の素材をふんだんに使用し、考えに考え抜いた組み合わせとバランス。
これまでにない、今ここでしか味えない、プレミアムな至極の和スイーツ。

最初で最後になるかもしれないこの機会、余すことなく堪能してください。

基本情報

“吉祥菓寮”ד祇園 北川半兵衞”が夢のコラボ!期間限定メニュー
提供期間:
吉祥菓寮 11月1日(金)~11月30日(土)
祇園 北川半兵衞 11月1日(金)~12月中旬

店名:吉祥菓寮 祇園本店
住所:京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306
営業時間:10:00 – 19:00(CAFE:11:00 – LO18:30)
アクセス:市バス「祇園」バス停から徒歩約5分

店名:吉祥菓寮 京都四条店
住所:京都市中京区柳馬場通四条上ル瀬戸屋町471ピアヌーラ柳馬場1F
営業時間:8:00~19:00(LO.18:30)
アクセス:阪急「烏丸」駅13番出口から徒歩2分
店舗HP:https://kisshokaryo.jp/

店名:祇園 北川半兵衞
住所:京都市東山区祇園町南側570-188
営業時間:11:00~22:00(18時からは夜カフェ営業)
アクセス:京阪電車「祇園四条駅」から徒歩約6分
店舗HP:http://gion-kitagawahanbee.kyoto/

■問い合わせ先
Kyotopi株式会社 担当:林
contact@kyotopi.jp

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部