2018年5月25日 更新

とろける口どけ☆イタリア仕込みの技あり和パフェ★ぎおん楽楽(らくらく)【京都祇園】

祇園で話題の伊と和が融合した和パフェ。 座敷のお席ではんなり、ジェラートの爽やかさときな粉の風味でトレビアーンなひと時を。

和洋折衷贅沢パフェ

 (101566)

祇園のメインストリート花小路通りのビル二階にある甘味処。
周りの景観にしっくり馴染んだ風情ある佇まい。
店名を記した赤提灯が目印です。
 (101567)

エレベーターを開けると目の前には
お馴染みの芸子さんの内輪のディスプレイ。
 (101568)

カフェスペースはお座敷なっていますが、すべてに座椅子が配され背もたれがある椅子は海外の観光客にも配慮しているよう。
襖や掛け軸といったしっとりとした
和室空間は自然とリラックスモードにシフト。
 (104523)

スイーツメニューはかき氷やあんみつといった定番のものですが、かき氷は飴ちゃんを散らしたフォトジェニックな物を出されていたりここにしかないオンリーワンの付加価値のあるメニューばかり。

滑らかすぎる絶品ジェラート

 (103045)

角のお座敷につき、
きなこパフェとコーヒーをチョイス。

きなこパフェ…きなこジェラート、
和三盆シフォンケーキ、京焼き麩、ほうじ茶寒天、てごね白玉、
栗の渋皮煮、黄栗、自家製黒蜜、黒豆きなこ。
一つ一つは味わい深く濃厚、
きなこジェラートは記憶に残る美味しさでした。
 (101569)

コーヒーはスイーツの味が引き立つようにか、かなり濃いめ。
カップもなかなかお目にかからない平たいフォルムのお洒落な物。
 (123033)

暖かいお茶を何度も注ぎにきてくれたりと、万全のサービスも魅力の一部。
祇園ではんなり頂く和洋折衷パフェは要チェックです。

甘味処 ぎおん楽楽 店舗情報

甘味処 ぎおん楽楽 店舗情報

店名:甘味処 ぎおん楽楽
住所:京都市東山区祇園町南側570-122 ぎおん楽楽 2F
電話番号:075-532-0188
営業時間:13:00~18:30(L.O)
定休日:水曜日
関連ページ: http://gion-rakuraku.com/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都抹茶パフェ巡り|圧倒的存在感、噂に違わぬ特選パフェ*都路里【祇園四条】

京都抹茶パフェ巡り|圧倒的存在感、噂に違わぬ特選パフェ*都路里【祇園四条】

京都市民は絶対並ばないという都市伝説までひろがる、京都でナンバーワンの知名度を誇る人気甘味処「茶寮 都路里」京スイーツの金字塔、特選抹茶パフェをレッツサーチ。
【京都秋パフェ】上から下まで栗づくし*秋に恋しい黄金比パフェ*茶房こいし【祇園】

【京都秋パフェ】上から下まで栗づくし*秋に恋しい黄金比パフェ*茶房こいし【祇園】

四条通りにある言わずと知れた人気茶寮「茶房こいし」。秋に恋しくなる定番栗を使った秋限定パフェ。紅葉のお供にいただきたいはんなりほっこりスイーツです。
吉祥菓寮祇園本店★ 自家製きな粉かけ放題★きな粉豆乳カラメルかき氷【知恩院前】

吉祥菓寮祇園本店★ 自家製きな粉かけ放題★きな粉豆乳カラメルかき氷【知恩院前】

連日行列の祇園界隈のきな粉スイーツ専門店。 自家焙煎されたきな粉がかけ放題という きな粉フェチにはたまらない人気の和カフェ。 きな粉とかき氷のマリアージュや如何に!?
祇園の喧騒をよそにしっとりと☆おススメ穴場カフェ☆祇をん ひつじカフェ【祇園】

祇園の喧騒をよそにしっとりと☆おススメ穴場カフェ☆祇をん ひつじカフェ【祇園】

花街 祇園の雰囲気が充満した穴場カフェのラグジュアリーな空間。祇園のど真ん中にありながらしっとり、ゆったり極上のコーヒーはいかが?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen