2019年9月2日 更新

【京都野菜めぐり】食材の宝庫・大原の産直野菜がズラリ!晩夏の幸や旬野菜のお弁当も☆「里の駅大原」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区にある地元食材の宝庫・大原にある名物市場。旬の産直野菜がそろうほか、季節野菜のお弁当など充実。

晩夏の幸が充実!そして、どれも割安☆

 (162291)

京都市内の里山として名高い大原。緑豊かで、どこか懐かしさをおぼえる景観は、街中にはない違った京都の一面を垣間見れる場所でもあり。

そんな大原にある「里の駅大原」。毎週日曜日の朝開催される大原ふれあい朝市はいつも人気ですが、今回は常設市場へ。ちょうど週末で新鮮な食材を買いにやってきました。
 (162292)

 (162293)

晩夏を迎え、野菜も端境期。『はしり』と『なごり』が同居するような季節。

こちらは今が美味しい季節ですかね。ナス各種。京野菜である、賀茂ナスや山科ナスなど品種も豊富。
 (162295)

サツマイモの茎。普段あまりスーパーでの取り扱いがないようなものも。
 (162294)

つるむらさき。
 (162296)

ちょっと面白い野菜を作られてるごめす農園さんのコーナー。
 (162297)

生食できるカボチャだそうです。これからハロウィンに向けて収穫量が増えていくんですかね。
 (162298)

旬は夏ですが、保存性がよく冬まで持つと言われる冬瓜。
 (162299)

大原のブランド卵。
 (162301)

 (162300)

大原産野菜を使ったおばんざい弁当をはじめ、各種あり。美味しそう!
 (162302)

しば漬けの産地ということで、地のもの。他味噌なども。
 (162303)

今回もこれだけ買ってみました。どれも驚きの安さ。ピーマンはこれだけ入って200円。安ッ!
あとはもう終わりかと思っていた赤紫蘇がまだ残っていました。例年お盆あたりで終わるそうですが。他キュウリ、ナスなどどぼ漬け用に。

新鮮で高品質の野菜があると、いつもの料理も俄然ヤル気アップにつながりますね。お試しください。

ヨ~イヤサ~♪

里の駅大原 への口コミ

詳細情報

名称:里の駅大原
住所:京都市左京区大原野村町1012
電話番号:075-744-4321
営業時間
ふれあい朝市 6:00〜9:00(日曜日のみ開催)
旬菜市場   9:00〜17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
関連URL:https://www.satonoeki-ohara.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都朝市めぐり】食の宝庫・大原で毎週日曜日開催!新鮮産直野菜に有名料理人も集う☆「里の駅大原」

【京都朝市めぐり】食の宝庫・大原で毎週日曜日開催!新鮮産直野菜に有名料理人も集う☆「里の駅大原」

京都市内の食の宝庫・大原。緑豊かな里山の農家が毎週日曜日の早朝に産直の新鮮野菜や食品を販売。ミシュラン星付の料理人もこぞって買付に来るほど。朝市以外に、常設の市場も開店前から客が押し寄せる人気。
【京都大原】京都市内屈指の食材の宝庫!ミシュラン星付き有名料理人も続々買いに来る!「里の駅大原」

【京都大原】京都市内屈指の食材の宝庫!ミシュラン星付き有名料理人も続々買いに来る!「里の駅大原」

地元大原でとれた新鮮の野菜や肉や卵、農産品など、京都市内では種類豊富に食材が並ぶ市場。朝早い時間には、全国的にも有名なミシュラン星付きの料理人も続々と買いに来る市場。季節の食材を求めて行ってきました。
【京都朝市めぐり】毎週日曜日開催!まさに産地直送野菜!!牧歌的風景の畑の市場☆「静原里の市」

【京都朝市めぐり】毎週日曜日開催!まさに産地直送野菜!!牧歌的風景の畑の市場☆「静原里の市」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区の山里にある産直朝市。毎週日曜日だけ開催される市場で、牧歌的里山風景広がる畑にあるアウトドア市場。
【京都朝市めぐり】有名料理人も集う!食材の宝庫・大原で毎週日曜日開催!春の新鮮野菜充実☆「里の駅大原」

【京都朝市めぐり】有名料理人も集う!食材の宝庫・大原で毎週日曜日開催!春の新鮮野菜充実☆「里の駅大原」

おおきに~豆はなどす☆今回は食材の宝庫として知られる大原で毎週日曜日に開催される朝市。ミシュラン星付の料理人もこぞって買付に来るほど。常設の市場ではさらに春の味覚や新鮮野菜が並ぶ。
【京都大原】今が旬の名産赤しそジュース!素朴なおばんざいレストラン☆里の駅大原「花むらさき」

【京都大原】今が旬の名産赤しそジュース!素朴なおばんざいレストラン☆里の駅大原「花むらさき」

食材の宝庫・大原の朝市に立ち寄ったついでに。同じ敷地内にある大原の産直食材を使った地元のおかあさんたちが作る素朴なおばんざいが美味しいレストランへ。今が旬の大原名産赤しそジュースをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな