2018年10月1日 更新

京都 山科の代表的カフェ|非日常のクラシカル喫茶店「再會(サイカイ)」

山科を代表する四十年以上の時を重ねた老舗喫茶店。西洋モダンな洋館で、自家製デザートや絶品パスタに舌鼓。

山科のクラシック邸宅カフェ

 (131199)

最寄りは地下鉄東西線 椥辻駅、やや辺鄙といえるロケーションに佇むクラシカルな洋館カフェ。
市営バスの車体後部の目立つ地位にこちらの宣伝看板もあり山科を代表する有名店のよう。

麗しのカフェタイム

 (131201)

店内はキッチンを挟みテラスを望むテーブル席と調度品とステンドグラスと美術品が陳列されたエキシビションのような二テーマで構成。
 (131202)

いずれのインテリアもオーナーの美意識が反映されたアンティーク空間。
レジ横には新聞やカフェ本が少し。
入ってすぐのオープンケースには端正なケーキぐずらりと来客の心を惹きつけます。

趣向を凝らした喫茶メニュー

 (131204)

お食事メニューは、モーニングの時間帯でもオーダー可能。
パスタやカレーにはミニサラダがセットになります。
 (131302)

サンドイッチの種類も豊富。
モーニングセットはありませんが、スパゲティなどモーニングタイムにもしっかりしたお食事もオーダー可能。
 (131208)

ドリンクはコーヒー、紅茶、ソフトドリンクとアルコールもあり。
ドリンクも自家製にこだわり体思いのラインナップ。

うっとりする器と香り

 (131206)

きのこいっぱいスパゲティ

存在感ある艶やかなトウガラシモチーフの深皿。
醤油ベースの
スープスパといえるほどスープたっぷり。
 (131203)

シェル型の可愛い小鉢で。
内容はリーフレタス、ラディッシュ、パプリカ、マッシュルームに自家製ドレッシング。まろやかな口当たりとさわやかな
ビネガーの効いた美味しいドレッシング。
麺はもっちり、弾力あり

麺はもっちり、弾力あり

アルデンテに茹で上げた弾力のあるパスタはスープが絡みあい、もっちり喉越しつるつる。
こっくりリッチな口当たり。バターのオイリーさは添えた大葉で爽やかに緩和。
えのき、しめじ、エリンギ、マッシュルームと多種多様なきのこの
コリコリ、ぷるぷる、キノコの歯ごたえを楽しみつつ頂けるオリジナリティある創作パスタ。
 (131200)

22時までの通し営業、年中無休の安心感と静かに響くロイヤルな居心地は他のカフェでは味わえない付加価値。
ランチ以外の時間にもしっかりしたお食事が出来る万能カフェレストランでした。

再會 (サイカイ)クチコミでの評判

再會 (サイカイ)店舗情報

店名:再會 (サイカイ)
住所:京都市山科区西野山射庭ノ上町67
電話番号:075-591-0591
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
関連ページ:http://www.cafesaikai.jp/
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都老舗喫茶のおすすめパスタランチ!あさりの旨味たっぷりボンゴレビアンコ*『前田珈琲本店』【烏丸蛸薬師】

京都老舗喫茶のおすすめパスタランチ!あさりの旨味たっぷりボンゴレビアンコ*『前田珈琲本店』【烏丸蛸薬師】

人気喫茶店でありながらお食事メニューにも定評のある前田珈琲。御池界隈でパスタランチというキーワードならまず、おすすめ。ボンゴレビアンコはさっと炒めた野菜と貝の旨味たっぷりのスープパスタはリピート間違いなし。
貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

昭和45年創業の老舗ベーカリーカフェ「マスサンコーヒーショップ」。毎朝焼きたての自家製厚切りのトーストモーニングでトーストの美味しさを再発見。
”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
まるで西洋の美術館!微睡みの純喫茶「男山珈琲館」【京都八幡】

まるで西洋の美術館!微睡みの純喫茶「男山珈琲館」【京都八幡】

レトロなフォントにシックな佇まいの老舗純喫茶「男山珈琲館」。8ミリフィルムのワンシーンの様に浪漫漂う八幡のヒーリングスペースをご紹介。
京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

リニューアルされてモーニングも仲間入り。時を超えて受け継がれる、往年の趣と味わい。温故知新ここにあり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen