2016年8月4日 更新

博多本店の正統派!コシヒカリのご飯はおかわり自由!「博多ラーメン 赤のれん」

久御山町のイオン前にある博多ラーメン店「赤のれん」なり。

博多本店の正統派

 (48329)

久御山町のイオン前にあるラーメン店、赤のれんなり。正統派博多ラーメンが食べられると聞いて、狙っていた一軒。

お店前に駐車場が4台分ほど。昭和35年創業、とあるが博多にあるくーちゃんらーめん赤のれん、なるお店が本店になるようだ。
赤のれんを名乗るラーメン店は、博多にも数店あるようで、ググってみると本家とか元祖とかやたらアピールされているのだが、我々は美味しければOK!なわけで。
 (48330)

店内に券売機がある食券システムのお店。ボタンは沢山ありますが、基本メニューはラーメンとチャーシュー麺、それに白御飯、更に明太子と海苔セット、という超シンプルな構成。
炙りチャーシュー丼、という魅惑のメニューもあるのだが、夜限定のようだ。
 (48339)

チケットを渡したら、テーブル席に入れてくれた。カウンターが10席、4人掛けテーブルが2、というこじんまり店内。基本、宣伝はまったくされていない、と思うのだが、写メでSNSで晒してね!ということなので、安心してパチパチ。
しかし、写真のようにお向かいは巨大駐車場が超満車な「ラーメン横綱」なのだ。ここで勝負しちゃろう!というのだから度胸ありますな~。
 (48331)

ライス¥150をお願いすると、お茶碗を渡され、あとは巨大ジャーからセルフで超てんこ盛りでもお好きに!というシステム。高菜に紅ショウガ、壷漬けがあるので適宜お好みで、と言う作戦。
一緒に、明太子と海苔セット¥200も注文。 (周りは、御飯をどんどんお代わりしているガテン系おにいさんばかり。大うけですな)

豚骨の旨味が凝縮されたスープが美味しい

 (48332)

じゃじゃーんと登場、正統派?博多ラーメン¥650なり。塩分濃度も適切で、これは美味しいですなぁ。
ラーメンには基本、何も香辛料的なものを入れない派なので、こちらでは超!シンプルに頂いて大納得。
 (48340)

麺は博多直送の冷や麦ほどの細ストレート麺。堅めで頂いて、そうそう、これが食べたかったのだとほくそ笑むのだ。
 (48333)

高菜に紅ショウガ、胡麻タップリ派。こちらはチャーシュー麺で¥800なり。
あわだつスープに相当豚骨を煮込んでいるな!と想像できるのだが、獣臭くない店内。管理も完璧ですなぁ。。いや、旨しです。

これは替え玉してもするする入りそう!と思ったのですが(ちなみに¥100なり)、なんとか理性で乗り越えた(滝汗)

これまたアリ!なお店が一軒できてしまいました。また来ます~。

博多ラーメン 赤のれん(京都店)への口コミ

博多ラーメン 赤のれん(京都店)店舗情報

店名:博多ラーメン 赤のれん (京都店)
住所:京都府久世郡久御山町森川端77-3
営業時間:
【平 日】 11:00~15:00/18:00~23:00(L.O.22:45)
【土・日・祝日】11:00~23:00
定休日:無休

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。