2017年9月15日 更新

坂本竜馬と中岡慎太郎が暗殺された近江屋!その跡地には「かっぱ寿司」が営業中!

坂本竜馬や幕末ゆかりの地が多くの残る京都。坂本龍馬と維新の立役者である中岡慎太郎が暗殺された近江屋跡にいってきました。気になる近江屋跡は現在、かっぱ寿司が営業中でした。

坂本竜馬が暗殺された場所は現在どうなっているか?

 (94873)

坂本竜馬や幕末維新ゆかりの地が多くのこる京都。四条河原町の交差点から北へ徒歩数分の場所に、坂本龍馬と維新の立役者である中岡慎太郎が遭難(暗殺)の地となった旧近江屋があります。
その場所には、石碑と立て札があります。立て札に場所の説明があり、石碑には「坂本龍馬 中岡慎太郎 遭難之地」と記されております。
さて、現在旧近江屋はどのようになっているかご存知でしょうか?

跡地にはかっぱ寿司が営業中

 (94872)

現在旧近江屋は、かっぱ寿司 京のとんぼ店として営業されています。
池田屋事件の跡地は居酒屋になり、旧近江屋は回転寿司店になり、歴史の流れはすごいですね。
せっかくの少しだけお寿司を食べて帰りました。
ちなみにかっぱ寿司の前にコンビニが入っていました。
 (94874)

1階はカウンター席、2階はテーブル席がメインになっています。
黒のカウンターはシックですね。
 (94876)

すっかり定番になりますが、タッチパネルで注文します。
昔はインターホンで注文していたのが懐かしい(笑)
 (94877)

まずは茶碗蒸しでほっこりと(180円)
だしも効いていて、まろやかな口当たりです。
 (94878)

こちらは、まぐろ、いか、はまちです。
100円でお寿司が手軽に頂けるのでありがたいですね。
冷蔵技術なども向上しているので、昔に比べたらすごく美味しくなってますよね。
 (94879)

濃厚な旨味がつまったまぐろの赤身。もちろん100円です。
 (94880)

180円の極みネタもあり。こちらはホタテ。
大ぶりのホタテが2貫で180だとお得ですよね~

石碑と立て札が残っているだけで、特に旧近江屋を感じさせる店舗ではありませんが、
ゆかりの地巡りで寄ってみてもいいかもしれませんね。

かっぱ寿司 京のとんぼ店 店舗情報

かっぱ寿司 京のとんぼ店 店舗情報

店名:かっぱ寿司 京のとんぼ店 
住所:京都市中京区河原町通蛸薬師下ル塩屋町330
電話番号:075-229-6878
営業時間:午前11:00~午後10:00
関連ページ: https://www.kappasushi.jp/shop/269

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし