2016年2月9日 更新

烏丸札ノ辻*高橋理子「断絶から、連続を生む」ギャラリー9.5にて開催中【アート】【個展】

Kyotopiでよくご紹介している、ホテルアンテルーム京都内のGALLERY9.5にて、高橋理子さんの個展「断絶から、連続を生む」が11月30日まで開催されています。

 (9084)

アーティスト・高橋理子

もしかすると「高橋理子」さんというお名前より「HIROCOLEDGE(ヒロコレッジ)」という方がピンとくるかも知れません。
円と直線の大胆な柄をあしらった着物や浴衣やテキスタイルが印象的ですが、他にFRED PERRYやCLINIQUE、遊中川などとのコラボ商品で目にした方もおられるのでは。
東京藝術大学で日本の伝統工芸全般、特に染織の歴史や伝統技術について学び、博士号を取得。
現在は、着物を表現媒体とした創作活動のほか、日本各地の伝統技術を持った工場や職人とのもの作りを行いながら、国内外問わず作品を発表している。
また、様々な企業や産地とのコラボレーションも多く、活動は多岐にわたる。

「BUNKA HOSTEL TOKYO」の関連企画として

今回の個展は、東京・浅草にオープンする「BUNKA HOSTEL TOKYO」の関連企画として開催されています。
実はBUNKA HOSTEL TOKYOとホテルアンテルーム京都は、UDS株式会社という会社が運営しており、BUNKA HOSTEL TOKYOに関しては高橋理子さんが立ち上げ当初からブランディングを手がけておられるというところから、京都での個展開催が決まったそう。
 (9090)

BUNKA HOSTEL TOKYOもアンテルーム同様、築30年のビルをリノベーションした物件で、コンパクトながらも居心地良い空間だそうで、高橋さんらしいデザインも随所にほどこされているとか。
また1階が居酒屋というのもユニークなのですが、昨今の観光ブームも手伝って、12月オープンというのにすでに1000泊分の予約が入っているそうで、オープン前から注目度の高いホステルとなっているようです。

「断絶から、連続を生む」

 (9093)

高橋理子のクリエーションは、
時に残酷なまでに「伝統的なるもの」を断ち切る。
しかしそれでいて、新鮮な日本らしさを纏っている。

表層的な日本らしさを徹底的に排してもなお
日本らしさが滲み出てくるような特異点を見出し、
日本らしさを再構築する。あるいはアップデートする。
そこには、伝統を継承するのではなく、
伝統に自ら参加しようとする、強烈な気概さえも窺える。

断絶と、連続。
彼女はその矛盾をしなやかに昇華させ、
同時に、日本らしさとは何か、アイデンティティとは何か、
文化とは何かという問いを、私たちに突き付ける。

BUNKA HOSTEL TOKYO
個展で展示されているこの着物、新しいモノではなく古い着物を染め直しデザインを施されたもの。なのでよく見ると、以前の着物にあったのであろう柄や絞り模様など浮き出ていて、とてもおもしろいです。
「伝統的な着物」を残酷に断ち切っているように見えますが、そうして前の顔があえて見えるようにされているのが斬新だし古来の良さが生かされているという印象を受けます。モダンでクールだけど懐かしい…そして何より現代服として用いたら絶対かっこいいだろうな!と思えるのが素晴らしいです。
展示されているマネキンですが、高橋さんの等身大サイズで作られ、顔も高橋さんを忠実に真似て掘られているそうです。
仁王立ちで立ち手はグーに握られた「どすこい」スタイル。これが私らしいのだそうです。媚びてない感じがいいです。
 (9096)

 (9097)

またいろんな着物をまとったパネル展示もあり、それぞれに個性があって見応えあります。よく見たら釣竿を持っているとか、ユーモアがあって楽しいです。
 (9099)

オープニングレセプション&トークイベント

 (9101)

個展初日、11/7(土)にオープニングレセプション&トークイベントがあり、誰でも参加自由でしたので参加してきました。
高橋さんご本人と、アート芸人として有名なおかけんたさんがMCとしてトークされたのですが、これが面白くて1時間半があっという間でした。
高橋さんは美人で素敵で、それでいてコンセプトや説明がすごくわかりやすかったのですが、けんたさんのMCが絶妙。さすがは芸人さんですね。途中「ええ声〜」も聞けてラッキー!けんたさんもめっちゃオサレでかっこ良かった。さすがアート芸人♡
 (9103)

 (9104)

 (9105)

トークイベントの後はレセプションパーティー。高橋さんがデザインを手掛ける、新潟・北雪酒造のBUNKA HOSTEL TOKYO オリジナルのカップ酒が無料で振る舞われ、オーディエンス全員で乾杯!このお酒、日本酒なのにサラッと呑みやすくておいしかったです。
そしてアンテルームミールズ特製のフードをつまみにいただいたのですが、このフードも高橋さんのコンセプトに合わせて円と直線がテーマだったそうで何ともオシャレ!
高橋さん、けんたさんとも少しお話できましたし、他のお客さんとも盛り上がったりでとても楽しく幸せな時間を過ごしました。
そして追加ドリンク以外はすべて無料という太っ腹具合はさすがアンテルーム!(笑)

個展は11月30日まで

 (9108)

オープニングレセプション&トークイベントはこの日のみでしたが、個展は11月30日まで開催されています。ホテルのロビーで行われているので入場無料、自由に鑑賞する事ができます。
着物や帯の質感や雰囲気は、生で間近でじっくりご覧頂きたいです。力強さやモダンさを是非肌で感じてみてください。
そしてBUNKA HOSTEL TOKYOの紹介や模型の展示などもありますので、東京宿泊の宿候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

「断絶から、連続を生む」の口コミ

個展の概要

会期
11月7日(土)〜11月30日(月)12:00〜19:00
場所
ホテルアンテルーム京都内、GALLERY9.5
京都市南区東九条明田町7番
電話番号
075-681-5656
アクセス
JR京都駅八条東口より徒歩15分
地下鉄烏丸線九条駅より徒歩8分
(4番出口を烏丸通南へ直進、烏丸札ノ辻交差点を右折、30m直進左手)
関連URL
GALLERY9.5
TAKAHASHI HIROKO

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス