2018年8月21日 更新

肉汁プッシャー!な京都の人気ハンバーグ店「とくら」が三条にオープン!

京都のハンバーグ好きならご存知であろう「とくら」が三条に3店舗となる店舗をオープンなり。ランチで行ってきました。

ついに「とくら」が市内中心部にオープン!

 (131521)

京都のハンバーグ好きなら多分押さえているであろうと思われる人気店「とくら」が、桂本店、それに竹田にある新堀川店に続いて、今度は京都市内中央部の三条高倉に3店目の支店を出したとの情報をGET。
8/17オープンのニューカマー。で、週明けの月曜日、やってきた11:15。11:00オープンなのですが平日なので行列は無し。
 (131522)

ランチメニューはこちら。ハンバーグに、ライスとお味噌汁、漬物がついてきます。で、店内に。ちゃんとソファーのウエイティング席があり、カウンター席が8席ほどかな。そちらはまだ空席で、1人だったのに奥へどうぞと2人テーブル席に案内されたのですが、2人テーブル×14!が、あと空きが2という状況。まだ開店4日目というのに既に人気店の様相ですな。いやー驚くべし!!。 
 (131523)

生ビール¥480を頂きつつお料理を待つのだ。にっこにこ。
 (131524)

こちらは夜&土日メニューその1。ハンバーグの色々なアレンジメニューが全12種類スタンバイ。日替わりランチが無いのが本店との違いかな。
 (131525)

夜&土日メニューその2。夜はご飯等は別料金ですが、そもそもお手軽価格セッティング。更に夜は生ハムや鶏のから揚げといったサイドメニューもそこそこ豊富なのだ。 しかしまあ、メインの戦場はこのランチ。ハンバーグランチは¥770(税別)で頂けるお手頃店なのですが、お店にアイデアマンが居られるようで細かい点で芸達者なお店なのだ。

肉汁があふれ出す!

 (131526)

暫しの後、注文したオリジナルハンバーグ250g+エビフライの定食¥1270がででーんと登場。普通にご飯を注文すると、仏前にお供えできそうなてんこ盛り量が出てくるので、超少なめで!とお願いしました。
 (131527)

メインの皿アップ写真。実は伏見にある新堀川店は、自宅から徒歩圏にありますので過去来たことがあるのですが、お皿が他の支店本店より若干小ぶりなものをチョイスされているようで、よりてんこ盛り量に見えます。レタスがメインのサラダもしっかり量、全体的には非常にバランス良好。 で、とくらと言えば例のあれ!を楽しむのだ~!
 (131579)

カトラリーがセットされていないお箸で頂く洋食店。お箸でハンバーグを突っつくと、ぷっしゃー!という凄い勢いで肉汁?がハンバーグから飛び出てくる仕掛け。あまりに勢いが良すぎでお皿の外まで溢れるほどのジューシーさなのだ。 ハンバーグの中に空洞ができるので、これは小籠包と同じようなレシピだと想像するのですが、こちらのシェフはアイデアマンですなあ。ハンバーグ自体のお味も悪くないのだ。

で、実は、以前はこのハンバーグにかかっているデミグラス風ソースが全く好きではなかったのですが、味を見直しされている感じ。古典的洋食的な味の深みはありませんが、デミ缶+トマトケチャップ+ワインのようなほっとする母の味。家庭的な軽快な感じで、なかなか美味しい。タルタルソースと合わさると面白いですな。
 (131528)

更に若干小ぶりですが、さっくりぷりっと揚がったエビフライが2個!なのも嬉しい。タルタルソースがあるのでレタスとも好相性。お腹パンパンになりました~。 肉汁プッシャ~!以外は至極家庭的なお味なのですが、お値段はお手頃価格。 普段使いにどうぞ、美味しいですよ。

とくら 京都三条店 クチコミ情報

とくら 京都三条店 店舗情報

店名:手づくりハンバーグの店 とくら 京都三条店
住所:京都市中京区三条高倉入桝屋町57 京都三条ビル1F
営業時間:平日11:00~15:00 17:00~22:00 土日祝11:00~22:00(LO12:30)
定休日:水曜日
TEL:075-744-0777

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。