2018年2月9日 更新

京都で愛されてきた”すき焼き”専門店!和牛のすき焼きは3100円から!「キムラ」【老舗】

京都で90年愛されてきたすき焼き専門的「キムラ」。すき焼きって高そうなイメージがありますが、夜は3100円から、ランチならなんと2200円で国産黒毛和牛を使ったすき焼きが頂けます!

京都人に愛されてきた「すき焼き」

 (114295)

四条寺町の「すき焼き キムラ」をご紹介。好立地にありながら、お手軽に美味しいすき焼きが頂けると評判。キムラの創業は昭和3年、90年近く続く老舗でそのレトロな雰囲気もステキです。

すき焼きと聞くと高そうなイメージですが、キムラでは国産黒毛和牛のすき焼きを3100円から、ランチなら2200円とかなりお手頃価格で頂けるんです。
 (114294)

ご存知の通り、四条寺町を100メートルほぼ上がったところにお店があります。

京都ですき焼きと言えば、三条寺町の「三嶋亭」も有名で、またすき焼きの元祖としても知られていますが、ランチでも8,000円弱、ディナーだと15,000円弱となかなか手を出せない価格帯なので、三嶋亭のすき焼きはなにかの記念の日にどうぞ。
 (114296)

入店し靴をお店の人に預け、番号が書かれたプレートを受け取り、赤いカーペットがひかれた階段をあがっていきます。
2階は一般席、3階が宴会席になっています。
 (114298)

こちらが2階のお座敷。味のあるテーブルにガスコンロ。
おばぁちゃんのおうちのような、なんだかホッとする空間です。
 (114297)

お手洗いに続く廊下。昭和レトロ感満載です。
 (114300)

メニューはテーブルにもありますが、味のあるメニューが壁にも。
すき焼きは並(3100円)とロース(3300円)の2種類ですが、14時まではランチ(2200円)があり、意外とリーズナブルな価格帯ですき焼きを楽しめます。
いずれもこだわりの国産黒毛和牛を使いお肉の量は変わらず、部位のグレードがあがっていきます。

濃いめが京都風のすき焼き

 (114301)

基本セットはこちら。
お肉、あしらい(ねぎ、玉ねぎ、しらたき、豆腐、麸、みつば)、砂糖、しょうゆだし、玉子、ご飯です。
 (114325)

ほどよく霜がはいった国産黒毛和牛はたっぷりの150グラム。
 (114312)

ご飯は香物が添えられ、おひつで運ばれてきます。
 (114302)

セルフ方式をとっているため、お手頃価格ででせるんですね。

このように説明書が用意されていますので、手順を踏めば簡単に作れます。
仲居さんもちょくちょくチェックしてくれていて、声をかけてくれるので問題ありません。
不安な方は最初から仲居さんにお願いするのもありです。
 (114303)

牛脂を鉄鍋になじませて、あしらいのお野菜などをのせていきます。
きれいに並べながら、自分で作るのもキムラでの楽しみ方のひとつです。
 (114304)

お肉は焼くのではなく、このように野菜の上にのせます。
のせることによって、お肉の旨味が野菜にも染みわたります。
 (114305)

ここからが京都風のすき焼きの真骨頂。
たっぷりの砂糖をお肉をどばっとかけて、しょうゆだしを鍋に注ぎます。
初めてだと、この砂糖の量に少しビックリするかもしれませんね(笑)
 (114306)

グツグツと煮えてました。
しょうゆだしの香りがあたりに広がります。
 (114307)

お肉にも火が入り、ほとんど完成です。
もう最高に美味しそう!
 (114308)

用意されていた玉子を溶き、玉子に絡めて頂きます!
 (114309)

食べてみるとわかるんですが、すき焼き自体の味付けは結構濃いめです。
すき焼きのこの味の濃さこそ、昭和の味。

玉子のまろやかさが濃いめに味付けされた具材を包みこみ、ほどよい塩梅に。
お酒にもあいますが、ご飯との相性もバツグンです。
お肉も旨味が詰まっていて、柔らかくて、お値段以上のクオリティ。
 (114311)

普段あまり気にすることのない伝票ですが、
キムラの伝票は変わっており、オルジナルのものです。
席番号ではなく、靴の番号で管理しています。
 (114310)

まだまだ現役のピンクの公衆電話と時代を感じさせる冷蔵庫。
昭和レトロを随所で感じることができます。
 (114299)

昭和レトロな雰囲気の中で頂く、京都人に愛されてきたすき焼き。
ランチは2,200円、ディナーは3100円からと意外とお手軽に美味しいすき焼きが頂けます。

お手頃価格の上、一人からでもオッケーなので気軽に使えるすき焼きです。
観光・買い物の際、寄ってみてください。

すき焼き キムラ クチコミでの評判

すき焼き キムラ 店舗情報

店名:すき焼き キムラ
住所:京都市中京区寺町通四条上る大文字町300
電話番号:075-231-0002
営業時間:12:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
関連ページ: http://www.kyoto-teramachi.or.jp/shop/w081/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都純喫茶めぐり】昭和レトロな『心のオアシス』☆一日中あるモーニング!ランチメニューも充実「マリ亞ンヌ」

【京都純喫茶めぐり】昭和レトロな『心のオアシス』☆一日中あるモーニング!ランチメニューも充実「マリ亞ンヌ」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区椥辻にある古い純喫茶。昭和レトロな雰囲気とモダンな外観。そして一日中あるモーニングが人気で途切れることなく客が集う『心のオアシス』的お店。
【京都専門店めぐり】寺町二条の江戸時代創業の老舗の筆店!約400種類の筆と書道用品そろう☆「龍枝堂(りゅうしどう)」

【京都専門店めぐり】寺町二条の江戸時代創業の老舗の筆店!約400種類の筆と書道用品そろう☆「龍枝堂(りゅうしどう)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は寺町二条にある創業は江戸時代の老舗筆専門店。筆、硯、墨など、種類豊富に書道用品が並ぶ。
【京都ランチめぐり】寺町京極の知る人ぞ知る名店!炭水化物祭りランチは昭和ガッツリ系☆「ミスターヤングメン」

【京都ランチめぐり】寺町京極の知る人ぞ知る名店!炭水化物祭りランチは昭和ガッツリ系☆「ミスターヤングメン」

おおきに~豆はなどす☆今回は寺町京極入ってスグの場所に昔からある喫茶仕様の粉もん店。粉もんをおかずにおにぎりのついたランチは昭和ガッツリ系で今も人気健在。
【京都ニュース】寺町通の老舗ランドマーク店『鳩居堂』の新店舗オープン☆

【京都ニュース】寺町通の老舗ランドマーク店『鳩居堂』の新店舗オープン☆

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は創業1663年で350年以上経つ老舗中の老舗。寺町通りのランドマーク店であるお香、書画用品専門店が向かいに新店舗オープン。
【京都喫茶店めぐり】創業300年の老舗で本物を味わう!新年は縁起物の抹茶で☆一保堂茶舗「嘉木(かぼく)」

【京都喫茶店めぐり】創業300年の老舗で本物を味わう!新年は縁起物の抹茶で☆一保堂茶舗「嘉木(かぼく)」

おおきに~豆はなどす☆創業300年余の歴史ある、寺町二条上がったところにある老舗茶舗。その店舗内にある喫茶、茶寮。老舗の味を季節の和菓子と共に手軽に味わえる落ち着いたスペース。新年にふさわしい縁起物のお抹茶をいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし