2017年1月8日 更新

【京都貴船】京都の水を司る神様に初詣!名物の水占みくじは絶対引くべき!!「貴船神社本宮」

京都観光スポットとして、定番中の定番。京都を流れる鴨川の水源地に位置し、水を司る神様を祀る古社。水にまつわることなら、ここを参拝しておいて間違いなし!そして、縁結びの神様も。

京の奥座敷、冬の貴船へ

 (67850)

じつは、貴船って夏しか行ったことないです(笑)京都の奥座敷、夏の避暑地というイメージ。いったい、冬の貴船に行って何があるというのか、というちょっと偏見もまじりながら(笑)

貴船口。貴船方面と鞍馬方面の分岐点。そして、ここから貴船神社の鳥居が始まります。一の鳥居。バックには叡電。
 (67855)

ずっと貴船川沿いをさかのぼり、ようやく宿や飲食店が立ち並ぶエリアへ。
 (67856)

すると、川の中央にこんな正月飾りが。
 (67857)

夏場はここに川床を設置して、京都の夏の風物詩。川の氾濫なく毎年納涼川床を執り行えるようにとの祈りも込められているんでしょうね。

ようやく二の鳥居

 (67852)

で、ようやく貴船神社本社の二の鳥居。初詣の飾りもされてます。あとで知りましたが、5日には初辰大祭た執り行われ恒例の粕汁無料接待があるんだとか。来年来よう!粕汁欲しさに(笑)
 (67854)

よく冬の貴船神社の画像で、雪化粧の参道石段がありますね。参道の両側には朱塗りの「灯籠」。日暮れ時、灯りが点くと幻想的な風景でもあり。それを目指してこられる参拝客も多数。
 (67860)

境内では暖をとるのに焚き火が。
 (67861)

神社もあれですね進歩的。時代が変わりましたね。拡散よろしく!みたいなかんじですかね(笑)
 (67862)

本社拝殿。

水占みくじは必ず!

 (67865)

拝殿後はこちら。もうココ来たら必ずやらないと、てくらい定番の水占みくじ。ここから好きなのを引きます。
 (67866)

で、御神水の中に浸けると・・・
 (67868)

こんな風に字が浮き上がってくるんですが。
今年はすでに3回おみくじを引いて、3回とも末吉。末吉確定。もうあきらめます(笑)
 (67869)

そして、こちらは縁結びの神としても有名で、縁結びのお守りもいろいろ。
 (67870)

人気の御朱印帳も水をイメージしたデザイン。
 (67871)

自転車乗りの間では、けっこう知られている二輪守。チャリに装着したり。
 (67872)

水の神様だから、こんな釣り祈願なお守りも。あくまでもお守りですから、これをルアー代わりに使わないように。いや、むしろこれで爆釣か?(笑)
 (67873)

参道帰る時に発見した御神木の桂。
落葉樹の桂が御神木になっているのはレアですかね。この桂の木は運気発祥の御神気が龍の如く大地から立ち昇っている姿を連想させます。

冬は冬で、貴船らしい風情の初詣。なかなかよかったですよ。

貴船神社 へのツイート

詳細情報

住所
京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
電話番号
075-741-2016
関連サイト
http://kifunejinja.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers