2016年3月21日 更新

京都のど真ん中”四条烏丸”に港があった「夢処 漁師めし 雑魚や」【全国より直送】

魚介類が美味しいという居酒屋さんに電話したら20:30からの席が取れた。お店の名前は、「夢処 漁師めし 雑魚や」なる、超高CPの魚ランチで有名なお店だ。

 (23936)

町家風のお店、奥に向かって長いカウンター、どうやら個室もあるようで。
 (23937)

夜メニューは、仕入れによって毎日変わるようです。あまり種類は多くないが、魚好きにはなかなか魅力的なものが並んでいる。
日本酒は、栃木の鳳凰美田、兵庫の奥播磨という2つの酒蔵のものに絞っておいてあるのだが、各酒蔵のはフルカバーしているらしく、純米に純米吟醸、山廃吟醸などなど選択肢は多いのだ。純米吟醸で一合¥1000と良心的。

洋風のアレンジも得意!

 (23938)

つきだしです!と出てきたのは、子持ち鮎のコンフィ。えー、これはびっくり。骨まで柔らかく炊けていてなかなか乙な味でな。味付けは洋風だが日本酒にもピッタリ。
 (23941)

鮪の生ハムは、和歌山の紀南地方のお土産にも同じようなものがありますが、たしかに同じようなものでした。これも良き日本酒の相棒。
 (23942)

雑魚やのポテトサラダ。バジル風味で、タコとカシューナッツが入っているというどことなくイタリアーンな一品。これもなかなか面白い。

シンプルだからこそ技が光る

 (23939)

これまた、これは旨いや!と感心した岩手産のあなごの焼き霜。岩塩でもたまり醤油でも。非常に新鮮且つ軽い火入れに超感心! 
 (23940)

対馬産なま鯖、肉厚且つ脂ノリノリ。

テーブルにIHコンロがあり、燗酒をお願いするとセルフでぬる燗・熱燗をじわじわ楽しめる仕組み。ま、適温で持ってきてくれるほうが嬉しいですが、のんびり楽しめ、これもアリ。
 (23943)

刺身を推薦頂いたのだが、過去、塩焼きで食べた記憶がなかったのでお願いした、にしんの塩焼きで。
20cmオーバーとしっかり食べ応えあり。あー、こういう風に小骨が多いのだ、と妙に感心。焼き加減もお上手で美味しく頂けました。

料理をサーブする店員さんの軽快なトークも楽しく、良きディナーになりました。

静かに食べたい、というときはちょっと違うかも?ですが、定期的に「あなごのすきやきコース」などなど一日限定のスペシャルメニューを出されていたりして、なかなか楽しいお店ですな。 また来ます~。

夢処 漁師めし 雑魚やの感想

夢処 漁師めし 雑魚や 店舗情報

店名:夢処 漁師めし 雑魚や

住所:京都市中京区六角通烏丸西入ル骨屋町147-3

営業時間:
昼 11:30~売切れまで ※土曜日はランチ休み
夜 17:00~0:00(L.O.23:00)
定休日:日曜日・月曜日の祝日(前日の日曜日は営業)、スタッフの家族の誕生日休

TEL:075-221-3358

店舗HP: http://www.zacoya.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。