2021年5月18日 更新

【京都】日本屈指の予約困難店!至高の料理を堪能「富小路やま岸」

全国のグルメ達を魅了してやまない、日本屈指の予約困難店「富小路やま岸」。春のお料理を堪能してきましたので、その様子をご紹介いたします。

日本屈指の予約困難店

 (206091)

京都、いや日本屈指の予約困難店「富小路やま岸」

日本中のグルメの方々を魅了してやまない人気店、その様子をご紹介します。
予約は紹介制、最低1年以上の予約待ちとなっていますので、もし伺う機会に恵まれたら、絶対に伺ってください。
 (206092)

お店の場所は、富小路六角を少し下がった場所。
ミシュランは1つ星を獲得、食べログは驚異の4.56、評判と満足感の高さが伺えます。

(2021年5月現在)
 (206093)

のれんくぐり、店内へ。気持ちが高まります。
 (206094)

店内はカウンター席のみの一斉スタート。
コースはおまかせの1種のみ、茶懐石の精神をベースにした四季を感じるお料理がいただけます。
茶道や華道、書道にも通ずる大将だからこその構成。
 (206095)

席について、その日の食材プレゼンからスタート。
こちらは、朝堀りの物集女産の最高級たけのこ。いわゆる白たけのこです。
 (206096)

こちらは立派な淡路産特大黒あわび。全国各地の厳選した食材が揃います。
 (206097)

春らしく天然の山菜も。
 (206098)

ツヤツヤの富山県産生ホタルイカ。
さて、お料理のスタートです。

待望のお料理スタート

 (206099)

大将が丁寧にホタルイカを炭で炙っていきます。
 (206100)

1品目は「ホタルイカの飯蒸し、さくらの葉の天ぷら、ふきのうとう」

ホタルイカの旨味と苦みが特筆すべき美味しさ。天ぷらの食感もよきアクセントに。
 (206101)

2品目は「よもぎ餅、出汁酢、バフンウニ」

よもぎ餅にたっぷりの雲丹をあわせた斬新な1品。贅沢な使い方です。
 (206102)

ふんわりした食感のよもぎ餅に、雲丹が絡みあいます。出汁酢でさっぱりとしながらも、わさびがアクセントに。
 (206103)

3品目は「平貝の胡麻和え、せりとハマボウフウのわさび菜和え」

平貝の食感と山菜の違い、胡麻の風味がおもしろい一皿です。
 (206104)

4品目は「甘鯛と春野菜の沢煮椀、筍、うるい、蕨、コゴミ、コシアブラ」

日本料理の花形、椀物です。
 (206105)

ふわふわの甘鯛に、滋味深いお出汁、山菜の香りと食感が光る一杯。
身体にすーっと染み渡る美味しさ。
 (206106)

5品目はお造りで「明石の鯛、淡路のハリイカ、醤油と海鼠腸(このわた)」

ねっとり甘いハリイカ、最上級の鯛。その美味しさ再確認しました。このわたが、またお酒を誘います。
 (206107)

6品目は「物集女の筍のタレ焼き」

春のメイン食材と呼んで過言ではない筍です。向日市の物集女、朝堀りの最高級の1品。朝堀りだからのこそ、えぐみはゼロ、灰汁抜きはなく蒸しただけ。
タレ焼きにして、香ばしく。風味と食感、細かい仕事で、筍の概念が変わるほどの美味しさ。
 (206108)

7品目は「山形牛 雌牛サーロインの花山椒鍋」
春の2週間だけいただける、高級食材である花山椒をたっぷりといただきます。
 (206109)

和牛はもちろん美味しいのですが、今回の主役は花山椒。お肉の旨味をまとった花山椒の爽やさといったら。何度もおかわりしたいくらいでした。

名物の雲丹ドック

 (206110)

名物の雲丹ドックの前に、この日の雲丹のプレゼンも。この日は、ほとんど流通しない、淡路島 由良の雲丹でした。
 (206124)

やま岸と言えば、名物「雲丹ドック」、8品目に。
大将とのお決まりのワンシーンも。
 (206111)

濃厚な旨味が詰まった雲丹ドックは、贅沢にたっぷりと。
溜息がでる美味しさ。
 (206112)

9品目はさっぱりと「黒もずく、さより、カタクリの葉、梅酢」

口の中も一度、さっぱりとリセットされ、さらに食欲が増します。
 (206113)

10品目は「小鮎のおかき揚げ、山形の天然たらの芽とそら豆の天ぷら」

衣の食感がおもしろい小鮎の天ぷらと、薄衣の山菜はの絶妙な苦みから春を感じます。
 (206114)

11品目は「鮑と筍、わかめの白味噌仕立て」

上品さの中にほんのり甘さを感じる白味噌をベースに、あわびと食感のいいわかめ、筍をいだきます。
 (206115)

食材それぞれの食感が異なり、終盤でも存分に楽しめる一皿。さすがです。

いくらでも食べたい〆のごはん

 (206120)

〆のご飯は2種、まずは「桜海老ご飯」

もちろん炊き立てで、香ばしい駿河の桜海老がこれでもかとのっています。
 (206119)

桜海老の香りをまとまったご飯がたまらない美味しさ。食感と香りの良さが光ります。
 (206116)

煮えばなで〆。ごはんそのものの美味しさを味わったあとは、、
 (206117)

ごはんのお供も。たらこ、柚子えのき、ちりめん。お好きなだけどうぞ。
もう冷蔵庫に常備したいセットです。
 (206118)

ごはんのお供をたっぷりのせて。
もちろんおかわりもできますので、お腹がはちきれるまで、どうぞ。
 (206121)

水物は「桜餅と抹茶」
桜餅は包みたて。最後にほっこりします。
 (206123)

最後は「愛媛のブラッドオレンジのすり流し」でさっぱりと。

圧巻の食材と技術、またサービスで大満足の時間でした。予約が取れないのも納得。もし伺い機会があれば、一度は伺ってほしい京都が誇る名店です。

基本情報

店名:懐石料理 富小路やま岸
住所:京都市中京区富小路通六角下る骨屋之町560
定休日:毎週火曜日、第2・4週水曜日
関連ページ:http://www.tominokoji-yamagishi.com/
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事

今注目の記事