2021年1月2日 更新

【京都居酒屋】行列必至☆老若男女京都人に絶大な人気の串カツ&焼鳥「串八本店」

おおきに~豆はなどす☆今回は北区、北野白梅町にある京都人に絶大な人気の串カツ&焼鳥チェーン本店。昨年末に行ってきました。

いつも大人気の地元民御用達串カツ&焼鳥居酒屋

 (198812)

北区北野白梅町にある、京都生まれの地元民には超おなじみ、日常使いの串カツ&焼鳥居酒屋チェーン店。その本店。

全国的に有名になったソース二度漬け禁止の大阪串カツより、京都人にとっての串カツはこちらが元祖。そして、串カツだけじゃなく焼き鳥もハズせない二大巨頭メニューが自慢。で、それ以外もリーズナブルな価格ながらどれも美味しいのがお店の魅力。

この日は年末のあわただしさの中、外食しようとやってきました。当日予約しようと電話するも、すでに予約枠は満席。現在は新型コロナウイルス感染予防のため、以前より前倒しで開店時間16時から。当日17時台に来店しましたが、それでもすでに1時間待ち。まあ、いつもこんな調子です(笑)並んででも来店したいお店。
 (198815)

 (198816)

定番メニューがこちら。どれもリーズナブル。串カツは1本60~で高いものでも200円以下。焼鳥も国産鶏を使用しつつ、1本90~160円程度。この安さのおかげで、心置きなくかなりの本数を注文できるのが串八流(笑)
 (198813)

さらに季節メニューも。
 (198814)

そして、現在新年期間限定メニューも展開中。おせち料理に使われるような食材が串カツになっていたり。興味津々。というか、チャレンジャー(笑)
 (198817)

まずは瓶ビールでプハァ~。
 (198818)

この日は外で雪がチラつくほどの寒さで、こんな土鍋の熱々メニューが恋しくなります。季節限定、あんかけ豆腐生湯葉入り480円。通常のあんかけ豆腐に柔らかい湯葉がごろんと入っていました。ハフハフと口に入れ、出汁感きいたあんかけでポカポカに。
 (198819)

注文した串カツたち。豚へレ90円、牛肉90円、生ホタテ貝柱120円、アボカドとモッツアレラチーズの春巻150円、グリーンアスパラ160円などなど。それぞれタレも違います。
 (198820)

で、特筆すべきはこちら、黒豆の串カツ70円。外観からも黒豆とわかる形状(笑)
 (198821)

ほのかな甘みと黒豆本来の豆感が揚げることで、さらに際立っていました。意外といい!
 (198822)

定番のポン唐400円。そのままでも美味しい鶏の唐揚げをもみじおろしでさっぱりと。
 (198823)

タレ系の焼鳥たち。
とりねぎ140円、きも90円、自家製つくね150円など。お酒がすすむ安定の美味しさ。
 (198824)

こちらは塩系指定のせせり120円、鶏もも肉塩麹焼140円。鶏の美味しさダイレクトで、あっさり好きに好評。
 (198825)

季節メニュー、大分産寒ブリ造り780円。脂ノリノリ。ふぐの天ぷらも食べたかったんですが、タッチの差で完売(泣)
 (198826)

揚げ出汁豆腐300円。こちらもアツアツながら、カツオの効いたお出汁と相まって、ほっこりとした美味しさでいつも注文する一品。
 (198827)

追加のお酒は、生搾りグレープフルーツサワー420円。苦みが出るまでグリグリと搾ります(笑)
 (198828)

生ダコガーリック焼き160円。吸盤の食感がいい!という変態コメントをしておきます(笑)
 (198829)

何気に鉄板焼き系も美味しいんですよ。エノキベーコン巻100円。
 (198830)

追い串カツ。ぎんなん70円、北海じゃがいも70円、ささみ明太子100円。ホクホクの美味しさ。
 (198831)

〆ご飯には、高菜明太子ピラフ400円。けっこう濃厚です。他、ミニ鉄火丼プラスで合計一人4000円弱。まあ、最後までガッツリといただき、大満足。

いろいろとメニューバリエーションあり、気分や好みによってそれぞれが注文できるのが居酒屋のいいところ。それも、ここまで美味しくてリーズナブルだと、皆普段使いの食堂を利用する感覚で来店するというか。

この時は年末でしたが、年明けにおせち料理や和食に飽きた時、串カツのジャンキーなソース味とか、妙に恋しくなるもの(笑)家族連れやおひとり様、老若男女全ての層に人気。新年は1月2日から営業中。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:串八白梅町本店
場所:京都府京都市北区西大路今出川上ル東側
電話番号:075-461-8888
営業時間:平日16:30~21:00  
     土日祝・年末年始(12月28日〜1月5日)16:00〜21:00
定休日:無休
関連サイト:http://www.kushihachi.co.jp/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな