2017年1月3日 更新

【保存版】深夜の〆ラーメンまとめ!河原町周辺で呑んだ後はココで決まり!【厳選5店】

呑んだあとは、どうしても食べたくなる〆のラーメン。京都一の繁華街、河原町周辺で呑んだあとにオススメな〆ラーメンのお店をまとめました。

高架下の名店「大中」

 (65753)

伏見区 桃山御陵前の高架下にある人気ラーメン店の「大中」が満を持して、BAL横にオープン!
繁華街への出店ですが、メニューや価格は本店と同じで好感が持てます。並ラーメンはなんと500円です!
 (65754)

店名でも大中はラーメンは、濃厚でクリーミー!無料のトッピングも豊富で、ネギやもやしはもちろんのこと、温玉やキムチも無料です。

営業時間は11:30~28:00、深夜4時まで美味しいラーメンが頂けます!

三条木屋町の有名店「長浜ラーメン みよし」

 (65755)

三条木屋町の超有名店「博多長浜ラーメンみよし」。その味は本場以上と評されるほど。
半分は屋台みたいなお店が、常に満席なのも納得の美味しさです。
 (65756)

みよしの麺はツルツルと箸がすすむ細麺です。豚骨スープなのでこってりなのかと思いきや、意外とあっさり、豚骨の甘ささえ感じるのほどのスープです。

営業時間は11:00~翌6:00、始発のでる時間までやっているので助かります。

名店は路地裏にあり!「大豊ラーメン」

 (65762)

木屋町と先斗町をつなぐ路地にある「大豊ラーメン」です。こちらも深夜ラーメンの定番のお店ですね。
交番の近く、黄色の看板を目印に向かってください!
 (65763)

褐色のスープは見た目以上にあっさりで、鶏の旨味がタップリ詰まっています。少し辛めで、呑んだあとにはピッタリな味です。
ホロホロと崩れるチャーシューも美味しくて、お店のこだわりを感じます。

営業時間は18:00~翌6:00まで、ラーメンを食べて始発にのって帰ることができるので助かります。

博多発祥のこだわり「一蘭」

 (65749)

福岡博多発祥の「天然とんこつラーメン 一蘭」。京都には八幡市と蛸薬師通に2店舗あります。
もちろん蛸薬師通にある河原町店にも一蘭名物「味集中カウンター」があります。
 (65750)

厳選した豚骨から丁寧に炊き出したスープは動物臭さもなく、濃厚で甘みも感じるほど。秘伝のピリ辛タレとの相性がバツグンです。
もちろん麺は細麺、替え玉もマストですね(笑)

営業時間はびっくりの24時間、〆ラーメンどころかいつ行っても空いてます。

※以下のリンクは八幡店の紹介です。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

せせらぎと紫陽花。木屋町のリバーサイドカフェ【Kiln coffee shop(キルンコーヒーショップ)】

せせらぎと紫陽花。木屋町のリバーサイドカフェ【Kiln coffee shop(キルンコーヒーショップ)】

梅雨の時期の楽しみといえば紫陽花、 美味しいコーヒーと高瀬川の清廉な空気とともに
ねぎ山盛りで安定の美味しさ!木屋町で飲んだ〆麺にもオススメ「魁力屋 河原町三条店」

ねぎ山盛りで安定の美味しさ!木屋町で飲んだ〆麺にもオススメ「魁力屋 河原町三条店」

河原町三条にある「魁力屋」です。味はご存知の通り、ねぎたっぷりの安定した美味しさの京都ラーメンです。
京都が誇るトラデショナル喫茶*クラシックとムースケーキ*築地【四条河原町】

京都が誇るトラデショナル喫茶*クラシックとムースケーキ*築地【四条河原町】

京都初のウインナーコーヒーを提供したことで名高いクラシック喫茶店。 厳かかつ独自の美意識をつらぬく 繁華街のアジト。 口どけムースで暫し夢見心地。
京都特選素材にも選ばれた!繁華街にひっそりと佇む創業180年余の老舗☆賀茂とうふ「近喜」【四条河原町】

京都特選素材にも選ばれた!繁華街にひっそりと佇む創業180年余の老舗☆賀茂とうふ「近喜」【四条河原町】

四条西木屋町下がった狭い路地に古いお店が立ち並ぶエリア。ひっそりとした場所に立地しながら、テレビでも紹介された特選素材のお揚げが有名な豆腐店。創業1834年の老舗。
ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

大勢の通行人でにぎわう三条通りから細い路地を南へ。敬愛する日本酒マニアの方と飲みに行くことになり、最近呑兵衛仲間の間で話題沸騰中の立ち呑み店。そして、昼から呑めるお店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi ラーメン部 Kyotopi ラーメン部