2016年11月30日 更新

高架下の名店の味を河原町で!クリーミーで濃厚なラーメン「大中 BAL横店」【開店】

伏見区桃山御陵前の高架下にある名店「ラーメン大中」の支店が、河原町通り京都BALのすぐ横にオープンします。

12/1 大中BAL横店オープン!

 (64318)

京都の繁華街、河原町通沿いBAL横に「ラーメン大中」が12/1にオープンします。
ラーメン大中と言えば、伏見の桃山御陵前にある高架下の名店ですね。
常に満席の伏見を代表するお店です。

驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」

驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」
 (64319)

新店のきれいな店内はL字のカウンター席がメインです。本店同様、カウンターはトレードマークの赤です。
 (64320)

店舗の奥には4人掛けのテーブル席が3卓と、意外と広々としています。おひとり様からグループまでいけます。
 (64321)

こちらがメニュー表ですが、本店と構成もお値段も同じですね。

家賃はこちらの店舗の方が高いと推測しますが、本店と同じ値段なのは好感がもてますね。
並ラーメンだと500円です。このクオリティのラーメンを河原町周辺ではなかなか食べれませんよね。
 (64333)

備え付けの調味料も本店と同じです。白コショウ、ブレンドコショウ、韓国一味、ガーリックチップ、生ニンニクが揃っていますので、お好みでどうぞ。

変わらない美味しさ!

 (64322)

今回はロース肉の大中ラーメン(630円)を注文!もちろん本店同様、トッピングは無料なので、ねぎ、もやし多め、キムチ、温玉入りです。
 (64323)

脂身少な目のロース肉は、柔らかくて美味しいです。大きめのチャーシューが2枚のっています。
 (64324)

スープは濃厚でクリーミーな豚骨醤油の元味を。濃厚だけど食べやすいスープで、動物的な臭みはなく、さすがの仕上がりです。
 (64325)

大中ラーメンといえば近藤製麺の中太麺です。濃厚なスープによく馴染んでいて、さすがの完成度ですね。
やっぱり大中のラーメンはいつ食べても美味しいです。

営業時間も昼から通し営業のうえ、朝4時まで営業されているので、〆のラーメンにもピッタリです。
河原町でも人気でそうですね。

ラーメン大中 BAL横店 クチコミ情報

ラーメン大中 BAL横店 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鶏豚骨ベースの濃厚ラーメンが目玉!チャーハンはビックリの280円!「らーめんトリトン 深草店」

鶏豚骨ベースの濃厚ラーメンが目玉!チャーハンはビックリの280円!「らーめんトリトン 深草店」

深草に7月オープンした「らーめんトリトン 深草店」に行ってきました!店名通り、鶏豚骨をベースにした濃厚ラーメンが売りのラーメン店です。
京都駅前に新名所誕生!商業施設「京都タワーサンド」徹底解剖☆美食・土産・体験が楽しめる【リニューアルオープン】

京都駅前に新名所誕生!商業施設「京都タワーサンド」徹底解剖☆美食・土産・体験が楽しめる【リニューアルオープン】

もう驚きの変身ぶり。4月14日、京都駅前京都タワービルにリニューアルオープン。3フロアからなる施設は「美食」「土産」「体験」をテーマに今までにない商業スペースに。京都駅前がますます楽しめるエリアに。
ジャンキーな新メニューも登場!使い勝手抜群なキラメキグループ5店舗目「コムギノキラメキ」

ジャンキーな新メニューも登場!使い勝手抜群なキラメキグループ5店舗目「コムギノキラメキ」

鶏白湯らーめんや台湾まぜそばで人気のキラメキグループ!その5店舗目の「コムギノキラメキ」は、上桂の9号線沿いにオープンしました!
【新店】本日オープンの大注目店!京つけものの老舗・西利の打ち出す発酵食デリの新ブランド「発酵生活」【高島屋京都店】

【新店】本日オープンの大注目店!京つけものの老舗・西利の打ち出す発酵食デリの新ブランド「発酵生活」【高島屋京都店】

高島屋京都店のデパ地下に本日2月8日オープン。京つけものの老舗・西利が打ち出す新ブランド。野菜と乳酸菌、発酵のちからを掛け合わせた健康に配慮したお惣菜、デリのお店。
【新店】本日オープン!京都限定プレミアムな高級餃子も登場!!あの「餃子の王将」が持ち帰り専門店を展開【高島屋京都店】

【新店】本日オープン!京都限定プレミアムな高級餃子も登場!!あの「餃子の王将」が持ち帰り専門店を展開【高島屋京都店】

「安い、早い、うまい」をキャッチフレーズに地元はおろか、全国的にも人気店の「餃子の王将」。その王将が、王将カフェに続いてまた新展開。高島屋京都店のデパ地下で、持ち帰り専用の餃子専門店を2月8日オープン。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン