2017年4月22日 更新

京都穴場寺めぐり!白砂壇の砂絵は名残の桜!!新緑の息吹を感じる☆「法然院」【京都鹿ケ谷】

しばらくご無沙汰だった鹿ヶ谷・法然院。京都のお寺の中では穴場的存在。ひっそりと参拝客も比較的少なく、より自然を感じる癒やし空間。久々に行ってみました。

少しずつ存在感を増す新緑の息吹

 (78184)

定点観測中の法然院。とても好きな落ち着く場所。東山の裾野・鹿ヶ谷に立地し、より自然を感じるお寺。
 (78185)

元は浄土宗内の独立した一本山。昭和28年(1953年)に浄土宗より独立して単立宗教法人となり、正式名は「善気山法然院萬無教寺」。
 (78186)

数年前に吹き替えられた茅葺きの山門も、ようやく周辺の風景になじむようになりました。以前は真新しさが目立ってましたから(笑)
 (78187)

そして、いつもの山門から見下ろした白砂壇の風景。季節ごとに描かれる砂絵が変わり、それもこのお寺の見所のひとつ。そして、私自身いつもそれを楽しみにして参拝に来ます。
 (78188)

普段は座禅会の帰りに立ち寄ったり、早朝に来ることが多いんですが、今回は日中に。そうすると、木々の影で砂絵がちょっと見えにくくなってしまうのですが。それもご愛嬌。
 (78191)

わかりづらいですが、桜が描かれています。もうどの桜の名所でもほぼ散ってしまって、今となってはこの砂絵が名残になってしまいましたが。
 (78189)

もう片方は波でしょうか。風でしょうか。
 (78190)

意外と外国人観光客、とくに欧米系の方に人気のようで、日本人の参拝客より多め。英語圏のガイドブックでよく紹介されてるんですかね。

未だ椿の花も残っているんですが、それと同時に新緑も少しずつ目立ち始めました。法然院自体、緑豊かで苔むした風景が一番の醍醐味だと思っているので、そろそろ本領発揮のシーズン到来ですね。
 (78192)

境内にある講堂をよくギャラリースペースとして開放されてるんですが。
 (78193)

毎年ここで作陶展を開かれるそうです。備前焼界で有名な作家さん。
 (78194)

昔ながらの製法にこだわる、ちょっとスゴイ方なんだそうです。元々は水盤など大きめの作品を得意とされてるそうですが、日常使いの小物もいろいろ。
 (78195)

酒器などは備前焼にお酒を美味しくする作用があるらしく、最近の日本酒ブームもあって備前焼の酒器需要が高まってるんだとか。いろいろゆっくりとお話も伺い、お寺と陶芸両方満喫できるいい機会に恵まれました。陶芸展は23日(日)まで。参拝を兼ねて、ぜひお越しください。

ヨ~イヤサ~♪

法然院 への口コミ

法然院 基本情報

名称
法然院
住所
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
電話番号
075-771-2420
関連URL
http://www.honen-in.jp/
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな