2020年3月1日 更新

【京都ぶらり】明智光秀ゆかりの峠道!心霊スポットとも称される山陰街道の歴史ある隧道「老ノ坂トンネル」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は亀岡市と京都市をつなぐ、老ノ坂峠をつなぐ国道9号線にあるトンネル。歴史的名将も合戦の折通った山陰街道の歴史あるトンネル。

亀岡と京都をつなぐ山陰街道の歴史あるトンネル

 (179144)

京都府亀岡市、国道9号線。ちょうど亀岡から京都市へ向かう途中にある、地元民にはよく知られたトンネル。

京都から亀岡や山陰方面へ行く時に、必ずと言っていいほど活用するトンネル。最近では縦貫道を利用することが増えましたが。それ以外にも、この周辺大枝山(大江山)の鬼伝説や霊園があることから、地元では心霊スポットと言われることも。昼間だからか、そんな怖い印象はありませんが(笑)
 (179146)

亀岡側からトンネルに向かい、途中にある歩行者用道路から撮影。向かって右側にあるトンネル。こちらは現在国道9号線の走る、車専用トンネル。

1883年(明治16年)に「松風洞」という名のトンネルが老ノ坂峠に開通。
 (179145)

その「松風洞」の北側に1933年(昭和8年)開通した、現在歩行者、自転車専用のトンネル「和風洞」。
今回は利用しませんでしたが、途中改修工事なども経ているのか、中は昭和初期に建築されたとは思えない比較的新しい雰囲気もあります。

交通量の増大に伴い、1964年(昭和39年)に「松風洞」が2車線用トンネルとして拡張。「和風洞」はトンネル開通後もしばらく京都方面の車道として利用。今は歩行者、自転車専用ですが。
 (179147)

その2つのトンネルの間に、かなり年季の入った石造りの扁額があり、『遠邇之利往来之便』(えんじのり、おうらいのびん)「この道ができたことにより、 遠いところにも近いところにも利益をもたらし、往来の便がよくなった」という意味のことが書かれています。
 (179148)

トンネル脇には峠道らしき山道があり、トンネルのなかった時代には、おそらくほぼほぼ登山感覚でここを通って京都市内へ向かっていたんだろうな、と。

現在放映中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀も、歴史の転換点である本能寺の変の際、このルートを利用したと言われ、他にも歴史上登場する主要な峠道として知られています。

今では車で数分で通過する峠道のトンネルですが、昔の人には労力の要る峠越えだったんだろうな、と容易に想像できます。大河ドラマでもちょっと注目のスポット。あえて、トンネル越えをして歴史的名将たちがたどった街道歩きの疑似体験をしてみるのも面白いかもしれませんね。

老ノ坂トンネル へのツイート

基本情報

住所:京都府亀岡市篠町王子大坪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers