2018年12月10日 更新

京都最強のコスパ!愛すべき絶品オムライス「ますや」【レトロ洋食店】

松原高倉近くの老舗グリル。驚くのはリーズナブルな価格だけでなく神業が如く作り上げられるクラシックなオムライスは京都市民なら一度は食したい珠玉の一皿です。

心安らぐいにしえ食堂

 (139892)

松原高倉に位置する老舗グリル「ますや」
両サイドのお弁当ののぼりが揺らめく、古き良きレトロな風貌。
しかしながら、その味のある出で立ち銀皿のオムライスはInstagramでも大人気。
 (139893)

店内はL字型のカウンター席のみのミニマムな店内はどのお席からも作業風景を見渡せるベストポジション揃い。

お弁当がメインのようですが、ランチ時間には一気に7席全てが埋まる人気ぶり。
キッチンでは一心不乱にフライパンを操る力強いご主人のパフォーマンスに目が釘付けです。
 (139882)

内外ともに年季入っているもののテーブル周りは清潔感をキープ。
お冷は注文時以外は基本セルフサービス。
暗黙的ですが、食べ終わりはカウンター上部の小棚にお皿をのせるシステム。

ライブ感覚のオープンキッチン

 (139881)

卓上にはソースとお塩がスタンバイ。
カウンター越しに流れる小さなテレビ、現代社会から切り離されたタイムトラベル。
優しいご夫婦の温かな接客に心ほぐされます。
メニュー全景

メニュー全景

定番の洋食とお弁当メニュー。

お弁当を店内で頂くことも可能です。

造形美あるボリュームサラダ

サラダA

サラダA

まず驚きなのが、ガラスの角皿にサーブされたサラダは250円とは思えぬ造形美。
マカロニ、サニーレタス、きゅうりにマヨネーズ、飾り切りしたウサギのリンゴが二つもついたデラックスな内容。
 (139890)

丸みあるカップにいれられたしっかり濃いめのコンソメスープ。
パセリを散らし風味をプラス。

素直に感動

 (139884)

味のあるオーバル型の銀皿でお待ちどうさまとご主人自らダイレクトにサーブ。
綺麗な流線型のフォルムにケチャップを上品に添えたオールドファッションな配膳。
 (139885)

マーガリンとサラダ油の効いた薄焼き卵で包まれたケチャップライスはしっとり柔らかく
牛乳の旨味、玉ねぎの甘みを楽しめる黄金比率。
 (139880)

ピーク時にはカウンター7席は満席、お弁当のテイクアウトも常時ウエイティングができるほど大繁殖。
しかしながら焦ることなく明るく対応するお姿に心和みます。
外まで聞こえる注文を復唱する声、調理音に古き良き昭和を堪能。

これからも長く続いて欲しい老舗グリルでした。

口コミでの評判

基本情報

店名:ますや
住所:京都市下京区杉屋町265
電話番号:075-351-3045
営業時間:[月~金] 11:00~18:30 [土] 11:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen