2017年9月10日 更新

モーニングコーヒーはフレッシュフルーティで★ドイツ製マシンの実力★自家焙煎 伊藤珈琲(イトウコーヒー)【北大路】

挽きたてのコーヒーアロマに包まれた店内の伊藤珈琲(イトウコーヒー)。 アクセス抜群の好立地にもかかわらず、落ち着いたモーニングタイムがすごせます。

北大路界隈のオアシス喫茶店

 (93867)

地下鉄烏丸線 北大路駅3番出口、
北大路商店街、アーケード内にある自家焙煎珈琲店「伊藤珈琲(イトウコーヒー)」
 (93868)

北大路沿いの自家焙煎珈琲店。
入り口にはノボロローストマスターというドイツ製のマシンが鎮座。
ドイツ製焙煎機
「NOVO ROAST MASTER」
コーヒー豆販売 京都
京都伊藤コーヒーではドイツ製焙煎機「NOVO ROAST MASTER」を用。
きめ細かな焙煎コントロールにより「京風焙煎」を可能にしています。
決して手を加えすぎず、良質なスペシャルティコーヒーやプレミアムコーヒーの生豆本来の風味をひきだす、これが京料理や京菓子にも似た京都伊藤コーヒーならではの「京風焙煎珈琲」です。
煎りたて、焙煎したてのフレッシュでフルーティーなコーヒーを是非お試しください。
via ホームページ
 (93869)

見栄え良く華奢なフォルムのチェアを配したカウンター回り。
入口には所狭しと種類豊富なら豆の販売も。
 (93870)

店内はこじんまりした間口からは想像がつかないほど
奥行きのあるスペイシーな空間。
ベンチシートとカウンター前には丸テーブルをレイアウト。
艶やかな木目の空間に
間接照明が灯る洗練空間。

観葉植物をポイント毎におき、
全てにおいて清潔感あり。

高貴すぎず、程よくカジュアル。
覇気ある接客かつお年寄りを気遣う丁寧で優しい対応は
年配のお客様が大半を占めます。
モーニングメニュー

モーニングメニュー

ボリュームごとにSMLと明快でわかりやすく分類。
トースト、クロワッサンもお好みでチョイス可能。
朝のセットメニューではなかなか見かけないエスプレッソマシンを使ったドリンクもあり。
コーヒーメニュー

コーヒーメニュー

こちらはセットメニューではありませんが、ブレンドからストレートまで充実のラインナップ。
トーストLセット

トーストLセット

私はLセット(トースト、ヨーグルト、サラダ)とブレンド珈琲をチョイス。
厚切りですが、軽い口当たりの
サクサクのトースト。
ジャムは三種類より
選べます。
コーヒーは酸味が強く、程よいコーヒーアロマ。
 (93874)

サラダはビネガーの効いたさっぱりタイプ。
プレーンヨーグルトにはブルーベリーとソース。
ハズレなしの定番メニュー。
 (93877)

 (93875)

コーヒーは酸味が強く、程よいコク。
見た目より深みのあるカップでたっぷり頂けます。
 (93876)

親しみやすい笑顔のマスターさん。ハートフルなおもてなしに常連さまも多いよう。
通勤通学前に、お休みの日に
ごゆるりと。
どちらのシーンも使える
普段使いできるエレガント喫茶店でした。

伊藤珈琲 クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

哀愁感じて委員会★昭和風情溢れる老舗純喫茶*「喫茶 翡翠(ひすい)」【北大路】

哀愁感じて委員会★昭和風情溢れる老舗純喫茶*「喫茶 翡翠(ひすい)」【北大路】

推定半径100メートル以内に撃ち放たれるエメラルドの誘いで貴方をいにしえの楽園へナビゲート。 翡翠をクリアした貴方は哀愁貴族の仲間入り。
京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

リニューアルされてモーニングも仲間入り。時を超えて受け継がれる、往年の趣と味わい。温故知新ここにあり。
京都純喫茶めぐり|北大路に佇む街の愛され喫茶*向日葵(ひまわり)

京都純喫茶めぐり|北大路に佇む街の愛され喫茶*向日葵(ひまわり)

北大路界隈の正統派喫茶店。ビタミンカラーのひまわりのように明るく、フレキシブル。豊かなモーニングバリエーションで、エネルギーチャージ。
見応え抜群、稀少なカップがずらり!自家焙煎珈琲店「ルヴァンクレール」【平野神社】

見応え抜群、稀少なカップがずらり!自家焙煎珈琲店「ルヴァンクレール」【平野神社】

平野神社近くの自家焙煎珈琲店 ルヴァンクレール。こだわりメニューと稀少なブランドカップは見応えあります。
出色の正統派自家焙煎コーヒー*カフェ・ヴェルディ【下鴨カフェ】

出色の正統派自家焙煎コーヒー*カフェ・ヴェルディ【下鴨カフェ】

豆へのこだわりのみならず、提供温度や空間造りなど抜かりない、コーヒー一杯にかける熱い情熱に思わず脱帽。間違えなく美味しいコーヒーが頂ける出色の自家焙煎コーヒー専門店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen