2017年5月21日 更新

大山崎 日本発モルトウイスキーの郷「サントリー山崎蒸留所」に行ってきた!【見学】【ウイスキー】

近年、盛りあがりをみせるウイスキー。それというのも、日本発の国産ウイスキー誕生を描いたNHK朝ドラ「マッサン」効果。私もこれを機に、ウイスキーのことを少しは知るようになりました。そして、その日本発の国産モルトウイスキーの郷が住所上では大阪、でも電話番号では市内局番075の京都(苦)である山崎蒸留所。これはキョウトピの管轄!お伝えしない訳にはいかない!!ということで、ご紹介します(笑)

大人気!工場見学は必ず事前予約を

 (81066)

オォ!そのままウイスキー山崎のロゴ。ここ、蒸留所名がそのまま銘柄になったサントリーの代表的ウイスキーですね。
 (81067)

 (81068)

ドラマにも出てきた蒸留工程に不可欠な蒸留釜ポットスチルが入り口にそびえ立っています。この蒸留所のシンボル的存在ですよね。今回はふらって行ったので、事前予約が必要な工場見学は叶わず。展示品がいろいろあるウイスキー館の見学に。

長い年月とともに誕生した日本発の国産ウイスキー

 (81070)

 (81071)

こちらはご存知赤玉ポートワイン。これもサントリーの商品ですが、この売上げが国産ウイスキー誕生につながる財源になったという。
 (81072)

こちらが、日本発!国産ウイスキー
 (81073)

トリスウイスキーのマスコットキャラ・アンクルトリスは今年亡くなられたサントリー宣伝部の柳原良平イラスト。あと、広告制作は山口瞳、開高健とそうそうたる顔ぶれ。
 (81074)

どれも味わい深い雰囲気ですね。
 (81075)

 (81076)

「天使のわけまえ」とはよくいったもの。樽で長期熟成された琥珀色の世界。そしてブレンドの妙。長い年月をかけて結実した貴重なお酒であることを体感。

そして、さらに体感するために・・・
 (81077)

テイスティングカウンターでいただいちゃいました(笑)有料です。山崎12年パンチョン樽原酒。展示見た後なので、想いもひときわ。樽のいい風味が溶け込んだ芳醇な味わい。
 (81078)

そして、調子にのって売店でミニボトルセットと樽で燻製したスモークベーコンを。なんとも時間のかかった壮大なエッセンスが全てここに凝集。そんな世界感を想像しただけで、感慨深くもあり。

山崎蒸留所のツアー見学はHPでご確認下さい。

サントリー山崎蒸留所への口コミ

サントリー山崎蒸留所 基本情報

名称:サントリー山崎蒸留所
住所:大阪府三島郡島本町山崎5−2−1
電話番号:075-962-1423
関連URL:
http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/facility/shop/index.html
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな