2017年12月7日 更新

ざっくばらんでサバサバ感がハンパない(^ ^)でも一生懸命さもハンパない「粉屋珈琲」【大徳寺】

大徳寺そば、旧大宮通り沿にある喫茶店「粉屋珈琲」☆町家を利用した、いかにもな京都のお店と思いきや、そのサバサバっぷりはおよそ「京都らしく」ない雰囲気(笑)☆でも地元を中心とした常連のファンがいっぱいです☆

京都だからといって京都らしくなくても良いのです

 (107189)

「写真撮っていいですか?」と聞くと

「あ、…どうぞ〜……………………………あっ!私をですかー???」(笑)

全然面白いですね
いや、返しのセリフじゃなく、ホントにそう思ったみたいなのが凄い(笑)

なんとまあ、さばさばした…というか、気さくで話しやすいお姉さん
馴染みじゃないのにまるで常連客のように扱ってくれます

「京都だから京都らしい雰囲気」って無意識に思ってしまっているんですね
とても新鮮に感じました(^ ^)
 (107190)

 (107191)

苦笑いしながら店内撮らせてもらってると、
「あれ!?もう入れちゃっていいんですか?」

サイフォンで淹れていただきましたが
淹れるとこ撮らないんですか?という意味ですね
最近はそういうのが多いみたいです
ありがちでなくてゴメンね(爆)

屋号入りで焼き込んだコーヒーカップ
お姉さんのキャラとは全く関係なく、いい雰囲気です
 (107192)

伊根 向井酒造の赤米を使った「酒粕チーズケーキ」

名前だけで濃厚なイメージですが、そのまんま…「ウッ…!」とくる濃厚さが素敵です ♪ 美味しい!
 (107193)

常に常連の誰かがいらっしゃるようなイメージです

でもアウェーな雰囲気を感じる訳でなく、むしろ気楽で居心地が良い
 (107194)

 (107195)

 (107198)

普通にオーダーすればブレンドの珈琲です

メニューも全くシンプルそのものですが、シングルオリジンも何種か用意されています

「希望があれば言って!」なスタンスですね(笑)
 (107196)

 (107197)

しかしやっぱり京都らしく感じるのは?

らしくないのが京都っぽい?

この地域独特のアバンギャルドな雰囲気に合ってるのかな?

どうぞ確かめてみて下さい(笑)

粉屋珈琲 基本情報

■店舗名      粉屋珈琲

■住所     京都市北区紫竹西高縄町48-1

■電話番号   075-204-1396

■営業時間   8:00~18:00
 
■定休日    月曜日

■禁煙・喫煙  全面喫煙可

■駐車場    有り

■詳細ページ   http://konaya-coffee.net/
        https://www.instagram.com/konayacoffee/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「おおきにまいど!」の高木珈琲☆創ったのは3人のチャレンジャー達【京都・大衆派珈琲店】

「おおきにまいど!」の高木珈琲☆創ったのは3人のチャレンジャー達【京都・大衆派珈琲店】

高辻室町にある本店、そして烏丸高辻の烏丸店☆ビジネス街のど真ん中の珈琲店☆こちらのコーヒーカップの形を見たら、京都人なら誰でもピンと来ますよね☆そうなんです…あのイノダコーヒーさんとはおおいに関わりがあったのです☆
サービスし過ぎで大丈夫?なモーニングサービス♡【裏寺】老舗純喫茶「回廊」

サービスし過ぎで大丈夫?なモーニングサービス♡【裏寺】老舗純喫茶「回廊」

渋みある超ベテランのマスターの老舗喫茶店☆こちらのモーニングは「これでもか」という程いろいろ出てくる(苦笑) 大丈夫(笑)ボケてません!一流のサービスはまだまだ健在☆
【九条河原町】珈琲館仙佳 (コーヒーカンセンカ)★和みのいにしえ情緒

【九条河原町】珈琲館仙佳 (コーヒーカンセンカ)★和みのいにしえ情緒

河原町九条の自家焙煎珈琲が頂ける老舗喫茶店。 光をたっぷり取り込んだ穏やかな空間、モーニングにはコーヒーとトースト、クラシックの曲調べに、フルサービス…。 全てにおいて、トラデショナルスタイルを貫く古き良き純喫茶。
【元田中】リニューアルオープン★絶品メガストライクトースト★小川珈琲 今出川店

【元田中】リニューアルオープン★絶品メガストライクトースト★小川珈琲 今出川店

先月末リニューアルオープンされた地域の皆様に愛される 元田中の老舗喫茶、小川珈琲今出川通り店。 1日の活力をチャージする大切な朝食。 こちらの喫茶店のモーニングで頂けるトーストが絶品すぎる。
【四条烏丸】「okaffe(オカフェ)」ダンディ×王道モーニングメニュー

【四条烏丸】「okaffe(オカフェ)」ダンディ×王道モーニングメニュー

バリスタ界のプリンス岡田氏が手掛けるokaffe(オカフェ) モーニングタイムも満ち満ちたホスピタリティ★

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し