2017年10月30日 更新

若い大将が握るネタの良さとセンス光る寿司!四条烏丸近くの「鮨 仙太」

四条烏丸からほど近く高辻通室町西入にある人気寿司店「鮨 仙太」なり。ランチはおまかせコースにプラスアルファで頂くととても楽しいひと時に。

四条烏丸近くの人気寿司店

 (100651)

週末の買い物がてらどこぞでランチでもということに。で、予約電話を入れたら高辻通室町西入にある人気寿司店の席が取れたのだ。
お店は人気イタリアン、レオーネの並びにある「鮨 仙太」へ。隣にあるコインPAに車をとめ、お店に。
 (100652)

L字型カウンターのみ、10席。今日はカップル4組で外には満席の表示が。関東系のちゃきちゃきサービスの40才前後ぐらいの大将が1人、鮨を握るお店。もう開店されて8年ほどですが、掃除は行き届いていて古びた感じはありませんな。ランチメニューは1種類で¥1500?のお任せのみなのですが、適宜追加をお願いできるシステム。
 (100653)

デジカメもメモリが一杯だったので何枚か消して空きを作っているうちに、テンポよく鮨が出てくる。お昼から生ビールでにっこり。
 (100654)

で左から、いわし、鯛の炙り、半生エビ。特にいわしの新鮮さにうっとり~。今年はサンマはさっぱり不漁のようですが、いわしが良い年のようで。塩で鯛の炙りを頂くのはなかなか乙ですなあ。
サイズ的には標準サイズで鮨飯は酸味、甘味ともそんなに強くしていないバランス系で美味しい。
 (100655)

アツアツ茶碗蒸しは半生に火が入った蛸が入っている趣向。
 (100656)

茶碗蒸しを食べている間に満席になったので、後は1貫づつ出てくるのだ。脂の乗ったぶりの炙りは、さっぱりポン酢大根おろしとともに。
 (100657)

剣先いかはこりこりとぬったりのバランスが良好。これもうまかった。
 (100658)

赤だしではなくて、三つ葉の香りが効いた魚だしのお味噌汁でほっこり。さらに生ビールも追加の方向で。
 (100659)

肉厚な炙りサーモン。期待通り。
 (100660)

野沢菜と壬生菜の松前漬の軍艦。面白いものを出されますな。漬物のしゃきしゃき感と昆布のとろっとした感じのハーモニー。
 (100661)

若干甘口の玉子が出て・・・
 (100662)

ちと古風な感じの巻き寿司でおまかせコースの締め。小食の女性なら、ま、こんなものですかねえ、なのですが、大将の「まだまだおいしいものがありますが食べられますか~」に当然反応する我々。「ちょっと変わったものを出しますね・・」と出てきたのがこちら。

コース以外も見逃せない

 (100663)

寿司飯にとびっこ、青じそ千切りを載せて、上から生うにとわさび、釜揚げシラスをてんこ盛り! よく混ぜてシラスの塩味で味わってくださいね~!とガイドされる。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高島屋でハイクオリティ江戸前寿司をリーズナブルに「すし田 乾山 京都高島屋店」

高島屋でハイクオリティ江戸前寿司をリーズナブルに「すし田 乾山 京都高島屋店」

四条河原町にある京都高島屋7階のダイニングガーデン京回廊。京都をはじめ名店が集まるフロアですが、今回はに東京・日本橋発祥の本格的江戸前寿司が頂ける「すし田 乾山 (けんざん)」をご紹介します。
京都の繁華街にあるリーズナブルな老舗寿司店「きし鮓」【創業100年】

京都の繁華街にあるリーズナブルな老舗寿司店「きし鮓」【創業100年】

四条寺町を少し南へ創業100年を超える老舗の寿司店「きし鮓」です。こう書くととても敷居が高そうですが、アットホームでリーズナブルなのでオススメ!
京都駅で老舗の江戸前天ぷらを!ランチは2000円以下「銀座天一 京都伊勢丹店」

京都駅で老舗の江戸前天ぷらを!ランチは2000円以下「銀座天一 京都伊勢丹店」

東京 銀座に本店を置く、老舗の天ぷら料理店「銀座天一」、京都では伊勢丹11階に店舗があり美味しい江戸前天ぷらがあります。接客も丁寧、意外とリーズナブルなのでオススメです。
こぼれ寿司が名物!職人が握るお手軽寿司店!ランチは780円から「本家さんきゅう 京都二条店 」

こぼれ寿司が名物!職人が握るお手軽寿司店!ランチは780円から「本家さんきゅう 京都二条店 」

二条駅すぐの複合型商業施設 BiVi二条の1階にある寿司店「本家さんきゅう 京都二条店 」です。職人が握る本格寿司がお手軽に頂ける上に、通し営業で使いやすく重宝します。
ちょっと入りにくいドアの先にはワイン天国が待っていました!「WineCafe 京都 烏丸」

ちょっと入りにくいドアの先にはワイン天国が待っていました!「WineCafe 京都 烏丸」

入り口は事務所かな?と思うほど無骨ですが、店内はソファ席でゆっくりくつろぎながら、ワインと食事を味わえる素敵な空間が広がっていました。いろいろなイベントや早割りなども行っているので、お得感満載です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。