2018年3月1日 更新

伏見の名店!名物シェフのシンプル王道オムライスが懐かしい「オムライス あらき1960」【洋食】

伏見駅から徒歩5分かからないくらい、住宅街の中にある昭和オムライスが美味しい「オムライス あらき1960」へ行ってきました。

店内は明るく開放感たっぷりです。

 (14021)

確か10数年前に行きましたが、その頃からはまさにきたなシュランといったお店でした。それが5年ほど前に建て替えをされ、上の階には単身向けのマンション(?)がきれいなビルに様変わりしてました。
 (14023)

大きな窓から陽が入ってるくるので店内は明るく、打ちっぱなしの天井は高く開放感たっぷりです。
 (14025)

店内はカウンター席が多く設けられていますが、テーブルも3席設けられています。キッチン前のカウンター席に座り、名物シェフのフライパンさばきを見るのは楽しいかもしれませんね。
 (14027)

店内には割とサッカー関連グッズがあり、サンガの選手がよく来られていたみたいです、こちらはその写真。昨年で引退された中山選手、日本代表にも選出された豊田選手、水元選手との写真がありました。
店内には割とサッカー関連グッズがあり、サンガの選手がよく来られていたみたいです、こちらはその写真。引退された中山選手、日本代表にも選出された豊田選手、水本選手との写真がありました。

さて名物オムライスをいただきます!

 (14030)

オムライスを中心としたメニュー構成。嬉しいのが、オムライスのソースがこちらから選べること、デミグラス/トマト/ホワイト/カボチャ/グリーンカレー。

また、セットにすると洋食を一品、からあげ/ポークカツ/ミンチカツ/ハンバーグ/エビフライ/カニクリームコロッケから選べます。これは究極の選択です(笑)
 (14032)

この日は、オムライスセット Mサイズの唐揚げ(850円)にしました。安定のからあげです(笑) 
オムライスはMどころか、ほかのお店でいうところのLくらいありそうなサイズ。また、唐揚げもしっかり4個ありボリューム満点。見逃せないのがサラダ、キャベツ、レタス、きゅうり、トマト、ポテトサラダとしっかりした陣容です(笑) 
 (14034)

昨今流行りのトロトロ卵ではありませんが、分厚くフワフワした玉子にご飯がしっかり包まれています。ますに昭和の王道オムライス、派手さはありませんがどこか懐かしく支持されるのも納得の美味しさです。
 (14036)

唐揚げというよりタツタ揚げに近いビジュアルです。お肉自体にしっかり味がついており、隠し味のカレーがまたいい味をだしてます。外はサクッと中はジューシーな唐揚げでした。

10数年前変わらない味と、ボリュームに大満足!満足感いっぱいで帰って昼寝をしてしまいました(笑) 昼のみ営業ですが、土曜日も営業されているのでぜひ。駐車場も完備なのでお車でも大丈夫。ただ住宅街の中にあるので、少しわかり辛いのと、周辺は一方通行の道が多いのでご注意ください。

オムライス あらきへの口コミ

オムライスあらき 1960 店舗情報

名称:オムライスあらき 1960
住所:京都市伏見区黒茶屋町638
電話番号:075-622-4099
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜日
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【懐かしの京都洋食】サクサクフライが堪らない!選べるソースと洋食メニュー★オムライスあらき

【懐かしの京都洋食】サクサクフライが堪らない!選べるソースと洋食メニュー★オムライスあらき

伏見を代表すり昔懐かしオムライス。アットホームなほっこり団らん空間で選べるソースと洋食でオンリーワンの味わい。
とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。
月曜日限定!名物ボリュームオムライス|人気洋食店『ぱ・らんて』【西大路ランチ】

月曜日限定!名物ボリュームオムライス|人気洋食店『ぱ・らんて』【西大路ランチ】

オムライスなどの洋食や和食でも定評のある老舗カフェレストラン。ますますパワーアップするランチ内容。中でも月曜日限定のオムライスランチはフライのトッピング付きで並んででも食べた逸品です。
京都の老舗純喫茶で心温まる懐かしのオムライス☆『フルール』【長岡天神】

京都の老舗純喫茶で心温まる懐かしのオムライス☆『フルール』【長岡天神】

長岡天神にある老舗純喫茶。王道メニューのみならず、ここにしかないラインナップ、大箱の店内は落ち着きすぎる喫茶空間。ゴージャスなレトロ感、阪急電車と交錯する憩いのワンシーンを堪能してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン