2022年5月26日 更新

【京都カフェ】ゆったりと過ごせて、店舗限定の生つばらが魅力「tsubara cafe」【鶴屋吉信】

京都老舗和菓子店の定番銘菓「つばらつばら」をアレンジしたCafe。作り立ての美味しさ、ゆったりできる雰囲気も居心地の良いカフェです。現在は生つばらメニューにピスタチオが登場しています。

モチモチの生つばらで、ほっこりティータイム

 (223123)

老舗和菓子屋『鶴屋吉信』がプロデュースするカフェ。
堀川今出川の交差点側にあり、アクセスが良く、鶴屋吉信西陣本店の隣にあります。今回はメニューと店内の様子を紹介します、(4月来店)
 (223124)

入り口付近です。
のれんが京都らしくて、和菓子屋さんがプロデュースされてる雰囲気がありますね。
 (223125)

店内に入ると、一転、和菓子屋さんというより、完全に洋の雰囲気ですが、坪庭を眺めながらゆっくり出来る席があります。大きな窓からたっぷり光が入る明るい店内です。
 (223126)

カウンターと奥にキッチンがあり、とても洗練された雰囲気です。
 (223127)

4月のメニューはこんな感じでした。
現在はピスタチオが追加されているようです。
現在のラインナップは、期間限定ピスタチオ、定番のゆず、抹茶、ラムレーズン、プレーンバニラのようです。
 (223129)

生つばらと飲み物のセットを注文しました。
飲み物はつばら紅茶。いちぢくとキャラメルのフレーバーティーで、程よい香りで甘酸っぱい感じが飲みやすかったです。
 (223121)

つばらとは、『しみじみ』と『心ゆくままに』という意味なんだそうです。
生つばらは4月限定だったいちごと定番のゆずを注文。現在はいちごは終了していますが、ゆずはラインナップに入っています。
 (223122)

生地がもちもちしてとにかくおいしいです。あんは白あんベースのようですが、イチゴの香りが広がり、酸味もあり、ゆずはさわやかなゆずの香りとあんの甘みがバランスよく、どちらも美味しかったです。
 (223130)

洗練された店内で、ほっこりと生つばらをいただく…店内のコロナ対策も万全なので、安心してゆったりと過ごせました。
近くへ行かれた際には立ち寄られてはいかがでしょうか?

店舗情報

店舗名:tsubara cafe つばらカフェ
住所:京都府京都市上京区西船橋町340-5
電話番号:075-411-0118
定休日:火・水曜日
関連ページ:公式Instagram https://www.instagram.com/tubaracafe/?hl=ja
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事