2021年2月9日 更新

【京都ランチ】八坂神社前のツヤツヤ土鍋炊き銀シャリ名店「京の米料亭 八代目儀兵衛」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山区、八坂神社前にある行列必至の人気和食店。土鍋炊き、炊きたてツヤツヤごはんが絶品。

行列風景が名物☆八坂神社前の絶品炊きたてご飯の名店

 (200917)

東山区、八坂神社前。非常事態宣言発令下で、京都の観光地はどこも閑散としていますが、こちらも例にもれず。繁華街、四条通は休業する店もあったりで、通行する人もかなり少ない様子。

そういう時こそ、普段大行列のお店も空いててねらい目では?と思い、ランチにこちらへ。
 (200923)

京都で老舗のお米屋さんが究極の土鍋炊きご飯を提供する和食屋さん八代目儀兵衛。その美味しさは全国的にも知れ渡り、常に行列をつくることで有名。

で、ランチは予約枠もありましたが、すでに満席。当日客は朝10時に店前に出される予約表に書き込み、空席ができ次第入店することに。

この時、10時過ぎにうかがい予約表に記入。すでに10組くらい予約されていましたが、店の人に聞くと1回転目に入店できるとのこと。10時50分に再度来店してください、と。
 (200922)

 (200921)

で、集合時間に戻ってみると予約客の行列。皆、入店前に注文する品を決め、入店後はスムーズに料理が運ばれ、回転効率もよくなる、という流れ。店内滞在時間も50分制限だったり。待ち時間を少なくする工夫をされています。
 (200918)

そして、メニュー。炊きたて銀シャリを軸に、天ぷらや魚料理、唐揚げ、とんかつ、焼肉など、ご飯を美味しく食べるためのお供満載の構成。
 (200919)

今回は親子丼にそそられ、こちらの京のあんかけ親子丼の銀シャリ御膳1440円を注文。追加のサイドメニューは入店後でもOKとのこと。
 (200920)

現在、夜は時短営業されていますが、昼と違い比較的ゆったりと食事を楽しめるそうです。夜メニューを見る限り、この立地でわりとリーズナブルなコースですね。品数もかなり多そう。
 (200924)

店内は1、2階あり、1階はカウンター席、2階にはカウンター席、テーブル席、個室もあります。

今回は1階カウンター席。お隣のお客との間にはパーテーションが設けられています。
 (200925)

他にもドリンクメニューあったり。
 (200926)

他、追加のご飯のお供たちも。どれもご飯泥棒的アイテム。
 (200948)

そして、さほど待ち時間なく、カウンター越しから御膳登場。おかわりは遠慮なくしてください!とのこと。
 (200928)

まずは、御膳の主役である銀シャリ。炊き上がり10分以上経ったものは出さないというこだわりの炊きたてご飯。

ご飯を最高の美味しさに炊き上げるため、3年半の歳月をかけて開発されたリジナル土鍋炊飯釜を使用。これにより、究極のふっくら美味しいご飯が炊き上げられるという。

というか、見るからに艶やかな光沢を帯び、透明感も感じられ、誰もがニンマリとしてしまう、まさしく銀シャリ。
 (200931)

撮影は早々に切り上げ、まずは一口。いい塩梅。適度な水分と柔らかさ。そして、米自体の粒だった食感も感じつつ。噛むごとに甘さが口に広がり、最高のお米と炊き上がりのタイミング。

お米はコシヒカリ、ヒノヒカリ、ゆめぴりかなどのブレンド米。このあたりはお米の5つ星マイスターの吟味による絶妙の配分なんでしょうね。もちろん精米方法なども。

以前、他のお店で提供されていた、こちらの玄米ご飯を食べた時と同様の感動。
 (200927)

で、丼用片手鍋に入ったあんかけ親子丼。
 (200933)

鶏肉ゴロゴロ、玉ねぎ、ねぎも入り、濃厚玉子が出汁あんで満たされています。
 (200934)

中央の器に、ご飯を入れて混ぜながら食べるという趣向。

あんかけタイプなので、わりとあっさりとした親子丼で、出汁感が効き、さらにほのかに柚子のさわやかな風味もあり、かなり上品な親子丼。それもご飯の味を殺さない程度の調味に配慮したような、そんな印象。こういう親子丼もいいなぁと。
 (200935)

さらに、残ったご飯にちりめん山椒。山椒の実の清涼感がさらにご飯をすすませる。

この時点でも、ご飯遠慮なくおかわりしてください!とアナウンスのお店の方。えぇえぇ遠慮なんてしませんよ、と内心つぶやく(笑)
 (200936)

すかさずおかわりしたご飯には、完璧な焼き加減のおこげを伴う銀シャリ。
 (200938)

芸術的とも言うべき焼き加減。カリッカリです。で、ちょっと上等のおかきを食べたような、そんな感覚もあったり。
 (200937)

タイミングをうかがい、ここで追加のいくら醤油漬け420円。
 (200939)

迷いなく全投入。
 (200929)

 (200940)

そしてこの時まで残しておいた海苔で巻いて。海苔は宮崎産。米油を塗って塩を振った単体でも美味しいこだわり海苔。うめ~
 (200930)

時折、お味噌汁をいただいたり。
 (200941)

最後、2口ぶんだけおかわり。ここでもおこげを忘れない配慮(笑)
 (200942)

最後はお茶漬けに。おこげがぶぶあられ替わりに。いや、おこげに謝れ!てくらい、理想的お茶漬け。カリカリ、ポリポリ、いろいろな食感を楽しみながらの完食。ご飯を余すところなく美味しくいただきました。

これは行列必至なのがうなづけるランチ。特に観光で京都にやってきて、これ食べたら記憶に残るランチだろうな、と。地元民も行列嫌がらず、並んで食べるべき銀シャリです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:京の米料亭 八代目儀兵衛
場所:京都市東山区祇園町北側296
電話番号:075-708-8173
営業時間:ランチ11:00~14:30 
     ディナー18:00~18:45(最終入店)19:00(酒類のラストオーダー)20:00完全閉店
     ※2月8日月曜日~3月7日日曜日の期間(非常事態宣言下) 
     *2月15日月曜日~19日金曜日は休業
定休日:水曜日
関連URL:http://www.hachidaime.co.jp/
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事