2016年3月1日 更新

「糸仙」・敷居が高そうな上七軒でざっくばらんに本格中華をいただこう!

上七軒といえば京都最古の花街として知られ、石畳を歩いているだけでキリッと引き締まった空気を感じるはず。そんなところで軽く食事をしたいと思っても、どうも敷居が高そうなイメージ。でもそんなことはありません。極上中華がリーズナブルに頂ける「糸仙」でざっくばらんに食事を楽しもう!

風流な上七軒

 (19335)

上七軒通電線地中化工事を進め、電線が視界に入らないんですよ!常夜灯を設置した石畳は何とも言えないムード。お茶屋さんからは三味線の音、時折舞妓さんが歩く姿も。

そんな細道に「糸仙」

 (19337)

 (19338)

廻るテーブルだ!!テンション上がりますね。しかも椅子じゃなくて畳。普通の座敷席もあり、カウンターもあります。

ここで絶対食べておきたいメニューを紹介!

酢豚787円

酢豚787円

超シンプル!私的にはパイナップルあり、玉ねぎやピーマンナシが理想だったので、まさにこれぞ理想の酢豚。しかもご飯が絶対ほしくなる甘みを抑えた味付けは絶品。
シュウマイ420円

シュウマイ420円

一個デカい!!ボリューム満点、肉質しっかりの食べごたえのある一品。
揚げそば840円

揚げそば840円

あんの味付けが絶妙。野菜と豚肉の旨味が効いていてずっと食べていられます。揚げてある麺も油っぽさが無くあっさりしているので、軽い。
春巻き735円

春巻き735円

絶対外せない春巻!舞妓さんが大きい口を開けて食べなくても済むよう、おちょぼサイズにしてあるのが心憎い。細千切りのタケノコがぎっしりつまって、そのシャキシャキ食感とパリッと皮が絶妙過ぎる。
杏仁豆腐367円

杏仁豆腐367円

最後にこれを食べないと終われません。定番、杏仁豆腐。甘いものが得意ではない人でもペロリと行けるシロモノ♪
上七軒へお越しの際はぜひ足を運んでくださいね。どれも1000円しないという驚愕の安さなので、連日満席。予約は必須ですが、たま~にふらりと寄るとカウンターなら座れることもあります。明るく気前のいいおばあちゃんと、テキパキ仕事をこなす厨房のリズム感が心地いい。何もかも癖になります。

糸仙 の感想

糸仙 店舗概要

■店名 糸仙(いとせん)
■住所 〒602-8381
京都市上京区今出川通七本松西入真盛町
■TEL 075-463-8172
■営業時間 17:00~20:30(L.O)
■定休日 火曜日
■座席数 カウンター6席、座敷48席
パーティー、宴会は4~30名様
■コース料理 3,675円~ 4,200円~ 5,250円~ 

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナナグルメ ナナグルメ