2017年6月18日 更新

【京都珍百景】全国一景観条例の厳しい京都の地味めな看板を集めてみました!【四条通】

全国で最も厳しいと言われる景観条例のある京都。他府県の観光客にとって、おなじみのコンビニや飲食店の看板が京都仕様になっていたり。そんなちょっと他とはちがう看板を繁華街・四条通で集めてみました。

国内外の観光客でにぎわう四条通りを東から西へ

 (83606)

あまり意識したことなかったんですが、他の地域から観光でやってきた知り合いに指摘されて。そういえば、地味めな看板が多いかな。と。

バブル期に乱立した派手な広告看板により、古都京都としての美しい景観が著しく損なわれたとして、2007年から景観条例が大幅に改正。市内全域で屋上広告や点滅式照明が禁止に。

そして、全国展開しているチェーン店も例外ではなく、企業イメージカラーの看板であっても、京都にふさわしい色やデザインに変更するよう指導。
 (83607)

こちら、八坂神社前のローソン。通常は白と青のローソン看板ですが、白黒。
 (83608)

スターバックスはわりと最近どこのお店もシックな基調になってますが。アパホテル前。
 (83609)

なんかあまりにも地味過ぎて、調子狂う感もありますが(笑)ドラッグストアのマツモトキヨシ。
 (83610)

デフォ看板だと、黄色地看板になるんですかね。
それにしても、最近ドラッグストアがホントに増えました。ホテル建設ラッシュの京都ですが、ドラッグストアもいろんなところに出店してて驚きます。四条木屋町。
 (83611)

ボディショップ。もっと鮮やかな緑色だったと思いますが、上から黒を塗り直したような、深緑。四条河原町沿い。
 (83612)

高島屋横のモスバーガー。こちらも、緑地の看板だと思いますが、白地に緑のロゴ。
 (83613)

同じく、高島屋横。マクドナルドも黒基調看板。
 (83614)

パチンコの京一。これも京都仕様なんですかね。『KYOーICHI』のロゴのストライプ地の両サイドに透かし画のように風神雷神(笑)
 (83615)

今もあるんですかね。昨年の夏に撮った四条大宮のコカ・コーラの看板広告。白黒で一瞬モノクロ画像?と思えるほど(笑)

今回のはホンの一部ですが、街を歩くとそんな看板がいっぱいあります。京都ならではな風景といえますかね。

京都の看板広告 へのツイート

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers