2018年10月31日 更新

【京都紅葉特集】人形の寺と親しまれる「宝鏡寺」で人形展と紅葉を楽しむ

人形の寺と親しまれる「宝鏡寺」では、秋の特別公開 人形展が行われます。公開期間は11月1日(木)~30日(金)、普段非公開の「宝鏡寺」で人形展と紅葉を楽しんでください。

皇女和宮ゆかりの尼門跡「人形の寺」の紅葉

 (137180)

「百々(どど)御所」と呼ばれた尼門跡寺院で、宮中から贈られた気品溢れるお雛様や御所人形など、数多くの愛らしい人形を伝えることから「人形の寺」の名で親しまれる宝鏡寺。建立は1370年とされています。ふだんは非公開ですが、春と秋に人形展が開催されます。

堀川寺之内を東へ進んだ場所に佇む寺で、最寄り駅は京都市営地下鉄 今出川駅もしくは鞍馬口駅。いずれの駅からも徒歩15分程度。

見事な枝ぶりのイロハモミジの名木と一面の苔が美しい本堂前庭や、徳川14代将軍家茂に降嫁した皇女和宮が幼い頃に遊んだ「鶴亀の庭」の紅葉がみどころです。
 (137181)

狩野探幽筆と伝わる「秋草図」や日本画家・河股幸和筆の鮮やかな襖絵で飾られる本堂では、普段閉ざされている「上段の間」も公開されます。
 (137182)

人形展中心の特別公開のため、宝鏡寺ではガイドによる案内はありませんが、皇女和宮ゆかりの尼門跡「人形の寺」の紅葉をお楽しみください。

基本情報

名称:宝鏡寺
住所:京都市上京区寺之内通堀川東入百々町547
公開期間:平成30年11月1日(木)~30日(金)    
公開時間:10:00~16:00(15:30受付終了)
拝観料:大人 600円/小中学生 300円 
交 通:
京都駅から市バス9系統で「堀川寺ノ内」下車徒歩約2分
駐車場:大型バスPなし(堀川通にて路上乗降)
問い合わせ:
京都市観光協会:075-213-1717(10:00~18:00)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都市観光協会 京都市観光協会