2020年9月26日 更新

話題!こってり日本代表「天下一品」の新メニューは“味噌ラーメン”

京都発祥のこってりラーメン「天下一品」、新メニューの味噌ラーメンが話題に!北白川の総本店でいただいてきました。

京都発祥、こってり日本代表「天下一品」

 (191720)

日本を代表するこってりラーメンと言えば「天下一品」ですよね。
日本全国に展開していますが、発祥はココ京都。
左京区の北白川に総本店があります。通販はもとからありましたが、テイクアウトも始まり、キャッシュレスにも対応。これも時代の変化ですね。
 (191721)

今回のお目当ては、もちろん新メニューの味噌ラーメン。9月21日から発売を開始。
天一・ラーメンファンだけではなく、一般の方々にも話題に。
全店一斉スタートではなく、当面提供のない店舗もあるのでご注意ください。訪問前にチェックがベター。

記念すべき新メニューなので、総本店へ行ってきました。
 (191727)

注文し待っている間に卓上調味料のチェック。むかって右が辛味噌。
この辛味噌が、味噌ラーメンによく合うので要チェックです。

渾身の新メニュー「味噌ラーメン」

 (191722)

こちらが新メニューの味噌ラーメン。
見た感じからは天一ぽっさはなく、一般的な味噌ラーメン。
具材はひき肉とねぎ、もやしと、いつもの天一のラーメンとは違います。
 (191723)

肝心要のスープは、天一らしいこってりした感じは残しつつも、味噌の豊潤な香りと味噌の甘味が特徴的で、濃厚な仕上がり。
赤味噌と豆味噌を独自ブレンドした天一の自信作。

味噌の甘味が特徴的ではありますが途中で辛味噌を加えると、味に立体感がでてまた一層深い味わいに。
ぜひ味変してスープを最後まで堪能してください。
 (191724)

味噌ラーメンでは、チャーシューではなくひき肉。
ひき肉が濃厚なスープを吸っており、口の中に肉とスープの旨味が広がります。またひき肉状なので、麺やスープとの絡みも良好。思っていた以上にパンチのある仕上がり。
 (191725)

麺は細麺と普通が選べます。濃厚なスープには少し太めがあうので、今回は細麺ではなく普通の麺に。
濃厚なスープに麺がからむ、からむ。想像以上の相性の良さ。こってりももちろん美味しいんだけど、味噌ラーメンにも天下一品らしさがあり、印象に残る出来。

もちろんトッピングも可能で、味付き玉子でまろやかさを足したり、チャーシュー追加で肉感増しも有りです。
 (191728)

濃厚なスープですが、意外と最後までぐいっといけます。ご馳走様でした。
どんぶりの底には、コンセプトの「天下に類なきものすなわちこれ天下一品なり」の文字。このどんぶりもよきですね。
 (191729)

通常メニューはというと、
スープは3種類、こってり、あっさり、屋台の味。様々なトッピングがあり、定番のねぎから、わかめ、豚トロ、コーンと様々なトッピング。

チャーハン、豚重、ギョーザ、コロッケなどの定食メニューも多数。

天下一品、渾身の新メニューの「味噌ラーメン」、気になる方はお早目にどうぞ。天一らしい、クセになる一杯です。

店舗情報

店名:天下一品 総本店
住所:京都市左京区一乗寺築田町94メゾン白川1F
電話番号:075-722-0955
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:なし
関連ページ:https://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?id=71
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事