2022年5月1日 更新

【京都バー】四条烏丸の好立地☆古いパブ風情のハイボール専門店「京都烏丸1923」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は中京区四条烏丸にあるハイボール専門店。好立地で利便性良く、いろんなシーンで活用できるバー。

四条烏丸の利便性いいハイボール専門店

 (222803)

中京区四条烏丸。この日は友人複数とハシゴ酒で、皆地下鉄利用で四条烏丸解散ということで、どこか最寄りでちょい飲みできるところはないかと探していたところ、ちょうどいいお店を発見。

店前には酒樽があったり重厚な雰囲気の扉だったり、古いパブを思わせるような雰囲気のハイボール専門店『HIGHBALLBAR京都烏丸1923』。ここにたどり着くまでにそこそこ食べて呑んできたので、ハイボールくらいの軽めなお酒がちょうどいいかな、と初訪。

あとで調べてみると、京都に本社のある飲食店経営をする会社運営のハイボール専門店で、木屋町にも系列店があり、他には川床のある京料理店だったり居酒屋だったり、市内に10店舗以上展開。
 (222804)

 (222805)

内装もノスタルジックな雰囲気の落ち着いた佇まい。ダークブラウンの木の重厚感を感じるテーブルやカウンター。さらに奥にもじっくり腰を据えて飲めそうなボックス席もあり、多くのお客でにぎわっていました。
 (222806)

 (222807)

 (222808)

 (222809)

そしてドリンクメニュー。ハイボール専門店とはいえ、もちろんウイスキーも各種あります。国産ウイスキーのハイボールやカクテルなども。
 (222810)

この時はもうそこそこお腹もいっぱいだったので、それほど注目していませんでしたが、フードも充実し、いかにもハイボールに合いそうなメニューぞろい。燻製類やナポリタンなど。
 (222814)

で、まずは一番オーソドックスでここに来たからには一度は呑んどけ!的に烏丸ハイボール650円を。メーカーズマークに秘密の特製ソーダとライムを合わせたもので、想像していたよりはるかに美味しいハイボール。なんだかオーセンティックバーにでも来たかのような、上品な味わいも感じます。ライムの効き方が絶妙。
 (222811)

 (222812)

フードはわりとカジュアルなものをチョイスしました。フィッシュ&チップス960円とスティッキージョーンズ1本330円。

フィッシュ&チップスの魚は日替わりのようでしたが、この日どんな魚だったか聞くのを忘れました(汗)外側カリッと中はふんわりのフリッター状で、食べやすかったです。
 (222815)

スティッキージョーンズはポールウィンナーに春巻きの皮を巻いて揚げた仕様で、意外とこれイケます(笑)皮のカリカリ感とウィンナーのジャンキーな風味が相まって、ハイボールにピッタリ。
 (222813)

 (222816)

こんな友人チョイスの漬け込み果実ハイボール680円も。見た目ではちょっとわかりませんが、これでシトラス味とか。季節の果実の風味が活きた味わいとか。

今回はハシゴ酒の〆に訪れたお店でしたが、1軒目としてももちろんアリ。そして今回のように地下鉄に乗る前ちょっと飲み足りないな、という時にピッタリの立地と内容。一人でふらっと訪れるにもカジュアルな雰囲気で良し。知っておくと重宝するお店かもしれませんね。

詳細情報

名称:HIGHBALLBAR京都烏丸1923
場所:京都市中京区錦小路通室町東入ル 占出山町310 山益ビル1階
電話:075‐221‐6667
営業時間:月~土17時~25時 日祝日12時~24時
定休日:不定休
公式サイト:https://c-and-d.net/bar_1923_karasuma/
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事