2018年7月23日 更新

「AWOMB(アウーム)」の祇園祭グルメは見た目だけじゃない味とクォリティー【7/23まで】

現在市内では、祇園祭・後祭が開催されていますが、23日宵山まで楽しめる「AWOMB(アウーム)の祇園祭フードを紹介します。

見た目だけでなく食材も豪華な「祇園祭グルメ」

 (129491)

以前キョウトピでも紹介した「AWOMB」。かわいらしい「手織り寿司」が人気ですが、こちらでも祇園祭限定のフードがあります。

店前に貼られているように、すし屋のにぎりめしはじめ、食べれるちまきや金魚サイダーなど。思わず立ち止まって見入ってしまうような”インスタ映え”なフードの数々が用意されていますよ。
 (129485)

どれも気になりましたが、ひとまず「すし屋のにぎりめし」を注文しました。
カラフルな五色あられがまぶされたにぎり飯の中に、A5ランクの牛しぐれがたっぷり入っています。てっぺんには選べる具材が乗りますが、全部乗せもできるので、ここはやっぱり全部乗せで!
大人のおにぎりという触れ込みで、かなり豪華な内容になっています。

注文したら、何とその場で調理がはじまりました。出来上がっていくライブ感がまたそそられますね。会話しながら調理されていて、場も和みます。
 (129486)

話をしているうちに、どんどん仕上がっていきます。
全部乗せは、トマトに茄子の浅漬けに、まさかのキウイがON。海の幸はいくらにウニにカニ味噌で、こぼれんばかりに乗っています(実際こぼれてます 笑)。
 (129487)

これは間違いなくおいしいヤツ!とつぶやきながら食べ進めます。ナニコレ旨すぎるーー!!予想以上の旨さに感激!いろんな食感の食材が混ざり合い、口の中お祭り状態で!お祭りフードと呼ぶにふさわしいメニューです。

どの具材も主張しながらも調和していて、なんて贅沢なにぎり飯なんでしょう。美しいのに食べ始めるとグダグダになる変化っぷりも、実は計算されている!?そんなところにもセンスの良さを感じます。

普段のお寿司もですが、クォリティーの高さに驚きます。今年のにぎり飯は、どうせ作るならクォリティの高いものをと、散々ダメ出し受けながら決まったそうです。これぞアウームの底力!という気がします。

お祭り感満載のドリンクも見逃せない!

 (129489)

ペロリと平らげ喉が乾いたので、ドリンクを飲むことにしました。「金魚サイダー」は金魚すくいで使われるビニールにサイダーが入っていて、とても涼しげです。
浴衣を来ているスタッフの方がおられたので、お願いして持っていただき撮影。お祭り感満載でワクワクしますね。
 (129490)

赤や青の物体は金魚…ではありませんもちろん。寒天で固めたものが入っていて、くずしながらいただきます。崩していくと金魚が泳いでいるように見えるので「金魚サイダー」。確かに金魚っぽく見えますよね?なんとも素敵でかわいいアイディアです。

そしておいしいだけでなく、スタッフの皆さんがフレンドリーで親切なところが印象に残りました。
ここ全然置いてくださいねー!私持つんで写真撮ってくださいー!ゆっくりしてってくださいねーなど…忙しくされているのに、気遣ってくださりとてもありがたかったです。
また質問にも丁寧にわかりやすく、熱量たっぷりで答えてくださって、アウームはマンパワーも半端ないなぁと感じました。今も変わらず流行っいる理由はこれなのかも。

これら祇園祭フードは23日まで販売されますので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。そうそうここだけの話ですが、握り飯の牛肉の量、前祭より増量しているそうなのでおトクですよ!笑

SHOP DATA

販売日時:7月21〜23日・18時〜21時頃まで
販売場所:AWOMB 店頭(京都市中京区姥柳町189番地 蛸薬師通り新町通り東入 電話:075-204-5543 )
アクセス:地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩7分/阪急京都線「烏丸駅」より徒歩7分

H.P:http://www.awomb.com/
Facebook:https://www.facebook.com/awomb/
Instagram:https://www.instagram.com/awomb/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス