2017年10月29日 更新

【新店】京都もつ鍋の名店『亀八』の同系列肉バル!ハロウィン&29ナイトにピッタリ☆「山科肉バルミートハンマーグリル」【京都山科】

京都山科に9月オープン。京都もつ鍋界では重鎮的存在のお店『亀八』の同系列店。すでに盛況で人気の中、肉食系女子会で参加してきました。

9月オープンのもつ鍋の名店『亀八』の同系列店

 (100453)

JR山科駅から三条通り沿い西へ。最近できた新しい建物。山科界隈で人気の飲食店が何店舗か入居するスペース。1階には担担麺、以前紹介した海鮮料理「防波亭」、3階カフェ、そしてバーベキュースペースもあり。
 (100454)

今回訪問する肉バルは2階。この界隈に住む友人たちとの女子会で。あらかじめ予約。料理もコースで。
 (100455)

こちらは京都のもつ鍋界でおなじみ「亀八」と同系列。他、山科界隈に串カツ店も展開。
 (100456)

ちょうどハロウィン時期ということもあり、ケーキもハロウィン仕様。
 (100487)

わりと広めで40人キャパあり。カウンター、テーブル、ダイニングとさまざまな客層に合わせた内装。なので、ファミリー層もけっこう来店。
 (100488)

ワインやカクテル類も充実。オシャレ感もあり。
 (100459)

で、今回はこちらのスタンダードコースで。もうワンランク上のコースもありましたが、スタンダードでもけっこうボリュームありということでこちらに。
 (100480)

+1500円で飲み放題プランもありましたが、今回は別注文で。こちらは飲み放題ドリンクメニュー
 (100479)

 (100481)

そして、通常のドリンクメニュー。
 (100460)

女子会にしてはチョイス渋~!と言われつつ、最初は生ビールでカンパ~イ!他メンバーは女子っぽいジャー入りのレモンサワー的なやつ。
 (100461)

パンは食べ放題。
 (100462)

フレッシュトマトのサラダ。まあ、さっぱりな。
 (100463)

おっと、いきなりの登場。A4黒毛和牛のローストビーフ。
 (100464)

この時点で色めき立つ肉食系女子たち。ボリューム感とシズル感。で、このソースがまたニンニク風味で濃いめ。肉やわかで添えられたサワークリームで途中マイルドな味変。ウマ~
 (100465)

なんかまだオープンしたてでオペレーションがテンヤワンヤなんでしょうね。ここで前菜(笑)鶏ハムと生ハム系のものと人参ピクルス。
 (100466)

一同、オォ~!と思わずアドレナリン上昇の肉登場。このコースのメインイベントといってもいいでしょう。黒毛和牛の岩塩焼き。
 (100467)

さっそく焼きにかかろうとして、メンバーに制止。砂がおちるまで岩塩焼いてから肉を乗せろ、と店員さんが説明したやろが!と肉に夢中でまったく説明スルー(笑)
 (100468)

で、一つ一つ丁寧に黒毛和牛を岩塩板の上に乗せて焼くわけですよ。ジューと音もするし煙も上がる。岩塩でここまで高温になるんか~とちょっと驚き。で、すかさずレア気味のを食べてみると、何この柔らかさ!な仕上がり。これだけもう一皿追加できませんか?と言いたくなる美味しさ。
 (100469)

調子づいて、ボトル入れよう!とスパークリング。進みます肉も酒も。
 (100471)

スペイン産イベリコ豚のメンチカツ。終盤にカツ、これはダメ押し的ボリューム感。
 (100473)

ソースに漬けて。イベリコ豚なんで、フツーの豚よりもさらに重厚感あり。けっこうガッツリとくる食べごたえありなメンチ。
 (100474)

パスタはボロネーゼだったと思いますが、とても肉肉しいソース。最初、これっぽっち?とか思いましたが、かなりどっしりとしたパスタで少量でもお腹いっぱいに。
 (100475)

何あのクリームソーダ的な飲み物は!とお隣のテーブルの方が飲んでて気になり注文したビアカクテル。カシスビアで。ちょうど泡がドーム状になるように。これけっこう効きました。
 (100476)

〆のデザートはティラミス。
大食漢メンバーぞろいでしたが、けっこう満腹でしかも肉クオリティのわりに破格。すでに平日でも人気店。今日は肉気分!という日にはオススメのお店です。

山科肉バルミートハンマーグリル へのツイート

詳細情報

住所:京都市山科区竹鼻竹ノ街道町74 アースビル2F
電話番号:075-606-2912
営業時間:17:00〜24:00
定休日:年中無休
関連サイト:https://www.facebook.com/meathammergrill/
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事