2021年10月11日 更新

【京都ランチ】有名人御用達こだわり牛肉を手軽に☆築200年古民家リノベ店「焼肉南山」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区下鴨、北山通り沿いにある有名焼肉店。古民家リノベーションの落ち着いた佇まいの中、こだわりの絶品焼肉ランチをいただきました。

古民家で焼肉を

 (213034)

左京区下鴨エリア、北山通り沿いにある創業50年ほどの焼肉有名店。
最近テレビでとある女優がここの支店のファンであることを知り、ぜひとも本店で食べてみたいと思っていました。昔からある有名店と知りつつ。大昔家族で来店した記憶がうっすら残っていて、たぶん先代時代。家族皆ステーキ注文なのに、子供ということでハンバーグ強制だった記憶(笑)昔から食い意地だけは張っていたので、ステーキ食べられなかった悔しい記憶(爆)

焼肉店の中でも、この古民家造りの建物は珍しいと思います。創業者が滋賀県の永源寺ダムに沈む運命にあった農家をここにに移築して開業されたのが始まりで、今はそのお孫さんが引き継がれているとか。
 (213035)

 (213036)

一人焼肉店でランチするのもちょっとハードルが高いようにも思えますが、あらかじめ一人でも楽しめるランチを提供されてることを知り、おひとりさまでもウェルカムということだな、と思いやってきました。実際お店の方はウェルカム対応でした(笑)
 (213037)

 (213038)

 (213039)

内装は昨年リニューアル工事をされ、和モダンのおちついた雰囲気を醸しつつ、天井を見上げると築200年の古民家らしい梁や構造が見えます。焼肉店でこんなにも和むのも古民家ならではということですね。中央にカウンター席があり、その周囲にテーブル席があり、掘りごたつ式もあれば、一段高い靴のままで利用できる席もあります。あとバリアフリーの導線もあったり。平日ということもあったのか、今回おひとりさま利用でしたが、広々とした窓際のテーブル席に案内していただきました。
 (213040)

 (213041)

 (213042)

メニューは国産牛にこだわり、畜産農家さんと直接取引する一頭買い。大切に育てた牛であることがわかる農家さんと牛の詳細も紹介されています。
 (213045)

 (213046)

ランチメニュー、焼肉店としてはかなり多彩だと思います。
部位の違いを楽しめる焼肉ランチや日替わりメニュー、さらにカウンター席でライブで焼いてくれるステーキランチも。
 (213043)

 (213044)

がっつり焼肉じゃないほうがいい人にも、こんな手軽なランチも。牛肉自体が上質なので、どう料理しても美味しく仕上がる、ということでしょうね。もちろんランチメニュー以外に通常の単品メニューもあり、昼間から夜仕様で焼肉を楽しまれてるグループ客も。

今回はやはり焼肉ランチがいい!ということで、赤身肉150g盛り合わせ、サラダ、ごはん、スープ、キムチ付の南山焼肉ランチ2420円を注文。
 (213047)

 (213048)

で、あぁちゃんとしたお店だな、と思える瞬間。焼き網用の牛脂が用意されています。
お肉を焼くごとに網に塗りました。
 (213049)

そして、全部そろった南山焼肉ランチの画。
 (213050)

まず、赤身牛は4種類の部位150gと焼き用の野菜たち。
 (213051)

ごはんは白飯か麦飯チョイスでき、今回は麦飯で。ごはんのおかわりは、平日のみ1杯まで無料とのこと。
付属のサラダは肉で巻いて食べるのもおすすめとか。
 (213052)

で、さっそく焼き始めます。わりと好みなのでレアぎみで。
 (213054)

タレは濃いのとあっさりタイプと2種類。とにかく肉が美味すぎます。赤身牛ということでしたが、そこそこ脂も感じられ、その脂の風味が強く、個性のはっきりとしたお肉というか。一口でその味の余韻も絶大。
 (213053)

さらに、焼いて焼いて。お肉によっては隠し包丁が入れてあり、美味しく焼きあがる細やかな配慮がなされていることがわかります。お肉自体濃厚な旨味を持っています。
 (213055)

時折、さっぱりとスープ。ここにも少し和風感のある出汁がベースになっています。
 (213056)

サラダは少しピリ辛のドレッシング。お肉との親和性がいい。
 (213057)

焼き野菜も。
 (213058)

厚切りタイプから薄切りへ。しゃぶしゃぶ感覚であぶります。
 (213059)

焼け落ちる脂の香りがたまらん。
 (213060)

さらに脂の濃厚な美味しさを堪能。ごはんに思わずバウンドさせたりもして。
 (213061)

お店の方のおすすめ通り、野菜をお肉で巻いて。いいバランスです。ここでもお肉の個性光りますが。
 (213062)

ひとしきり食べて、最後熱いほうじ茶で〆。

150gでほどよいお肉の量ですが、それぞれの肉の味わいに個性があり、上質なものをいただいた満足感はひとしお。たまに美味しいお肉が食べたい!という時にちょうどいいというか。お店の設えにもほっこりとさせられるし。

同じ敷地内の地下店舗で、ここで食べたお肉と同じものを量り売りされていたり、お手軽なテイクアウト弁当も販売されていたり、また別の機会に必ず訪れたいな、と。おすすめ店です!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名店:焼肉南山本店
場所:京都市左京区下鴨北野々神町31 北山通ノートルダム小前
電話:075‐722‐4131
営業時間:ランチ11:30~15:30(LO14:30)※月曜休、祝日は営業
       ディナー17:00~21:30(LO21:00)
定休日:無休
公式サイト:https://www.nanzan-net.com/
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事