2016年6月15日 更新

京都有名焼肉店仕込のミンチカツバーガーは一味ちがう!中食も大人気の精肉店☆「ミートショップヒロ」【三条会商店街】

ランチ難民の末、30分という限られた時間内に昼食を済ませなければ、というミッションインポッシブル。それが人気精肉店で叶った!というお話。

三条会商店街の人気精肉店!

 (38897)

ミートショップヒロについては以前にもご紹介してます。
もともと行こうと思ってたランチ屋さんにフラれ、映画始まるまでに残り30分。
もう昼飯抜きで綾野剛を観るかぁ、とあきらめかけた瞬間、ヒロを思い出し直行。
 (38898)

昼すぎということもあり、待たずに注文。

ミンチカツvsメンチカツ問題

 (38899)

前回コロッケを食べて、友人にヒロといえばミンチカツでしょう!と言われたので、今回はミンチカツ絡みのものを、と。ちょうどミンチカツバーガーなるものがあったので注文。3分要しますとのことだったが、まあ間に合うだろうと。
 (38900)

 (38901)

ん?ミンチ&メンチ表示。
散々関東ではメンチ、関西ではミンチと呼ぶ!と上から目線だったのに、当のヒロでも混在。
で、女将に問いただすとそんな質問初めてされたらしく(笑)
印刷会社がそれぞれちがって、仕上がりがこうなってた、ということらしい。きっと、印刷会社の人、関東人と関西人がいたんだろな(信念)

商店街を眺めながらのイートインスペース

バーガー買うはいいが、どこで食べるかなぁと、ふと見ると給茶機が。
 (38902)

ご自由に飲んでください~とのこと。
 (38903)

そして、三条会商店街を眺めながらいただけるベンチまで完備。もうここランチ会場に決定(笑)
 (38904)

店前でしたが、ちゃんと包装してくれてます(笑)

予想外の味!ヒロのミンチカツバーガー

 (38905)

そして、こちらがミンチカツバーガー。バンズは全粒粉系?小麦フスマ?そんな自然系な雰囲気。
大口開けて、かじってみます。
 (38906)

お!意外。てっきりソース味ベースかと思ったら、焼肉のタレ系の味。そして、マヨネーズも。ニンニクとほどよい唐辛子が効いてて、想像以上の肉肉しさとボリューム感。食べ応えありありです。
まあ、直営の焼肉店あるから、こういうガッツリな味付けっていうのも商品特徴としていいかも。ガツガツ食べて、給茶機の冷えた番茶飲んで、所要時間10分で完食。
ちょうど揚げたて、作りたてで噛むと肉汁あふれるミンチカツバーガーにありつけて、捨てる神あれば拾う神あり!な満足な昼食でした~

ヨ~イヤサ~♪

ミートショップヒロ への口コミ

ミートショップヒロ 基本情報

■店舗名
ミートショップヒロ
■住所
京都府京都市中京区壬生朱雀町 2-10
■電話番号
075-811-4129
■営業時間
9:00~19:00
■定休日
無休
■詳細ページ
http://www.meatshop-hiro.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三条会商店街 リニューアルオープンした「さらさ3」へランチに行ってきた!【カフェ】

三条会商店街 リニューアルオープンした「さらさ3」へランチに行ってきた!【カフェ】

 三条会商店街の町屋カフェ代表「さらさ3」がリニューアルオープンしてあっという間に4ヶ月がたち、そろそろ落ち着いてきたかなぁと思いランチタイムにおじゃましてきました!
話題の唐揚げ店で絶品ホルモン丼ランチ「京都串焼きホルモン 梅しん 六角店」

話題の唐揚げ店で絶品ホルモン丼ランチ「京都串焼きホルモン 梅しん 六角店」

京都で人気の唐揚げ専門店の「梅しん」、六角店では店内でランチや串焼きなどなど、いただくことができます。
京町屋の純喫茶でまったりサンドイッチランチ☆珈琲工房てらまち【三条会商店街】

京町屋の純喫茶でまったりサンドイッチランチ☆珈琲工房てらまち【三条会商店街】

三条会商店街ある自家焙煎珈琲専門店。ゆったりとくつろげる町家カフェでサンドイッチランチ。
【京都ランチめぐり】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

【京都ランチめぐり】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

京都烏丸御池の有名な老舗の喫茶店。昼時にはこの界隈で働くビジネスマンの強い味方。洋食メニューには特に定評があり、とくに弁当類が充実。ランチタイム過ぎた昼下がりに行ってきました。
【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

昔からある三条、寺町商店街の大衆食堂。創業はなななんと明治11年。見るからにレトロな雰囲気漂うお店で、うどんそばを始め、定食類もあり、しかもどれも割安で庶民派。そんなお店で冬にうれしい粕汁うどんを食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな