2017年9月4日 更新

【京都カフェめぐり】老若男女が集う昭和臭喫茶の理想郷!名物のりトーストは必食☆「喫茶ウズラ」【円町】

前から行きたかった円町にあるカフェ。昭和レトロな雰囲気で居心地のいい空間。来る者全て拒まず、という和み系スタンスを感じる老若男女問わず客が集う憩いの場。

円町にあるカフェ好きの間では有名なお店

 (93344)

野暮用で円町。少し小腹が空き、なんか軽く食べたいな、と。で、ずっと前から行きたかった喫茶店へ。外観、古くからこの町で営業してる喫茶店という感じ。奇をてらったオサレ感とかそういうのではなく。至って、昭和な雰囲気の喫茶店。
 (93345)

初潜入。もうこれは私好きする喫茶店やなぁ~と。内装すべてから漂う昭和感。使い込まれた感じの。カウンターの椅子の質感もサイコー。
 (93346)

ボックス席のテーブルと椅子のレトロ感も。
 (93347)

喫茶店といえば、マッチ。ちゃんとこういうの完備してるあたりも喫茶店やなぁ~と。
 (93348)

そして、本棚。閲覧してもいいですよ、てことで。
 (93349)

じつは私がここに来たかった理由はこれ。
数年前にたまたまこの本を読んで。あの京都マニアック書店「ホホホ座」の出版本。京都市内の女性カフェオーナーが登場し、カフェを始めることになったきっかけなどQ&A方式で綴ったもの。その中に、こちらの喫茶店ウズラの女性店主も登場されてて来てみたいと。
 (93350)

そしてメニュー。最近の相場にしては、コーヒー安めです。
 (93351)

昼時だったらたぶんナポリタンを注文してたと思いますが、今回はここに来たら必ず食べようと思っていたのりトーストを。
 (93352)

のりトースト、こちらの名物メニュー。東京神田の喫茶店エース直伝。
じつはここでのりトーストの存在を知る前、ある小説にのりトーストが登場し、どんな味なんだろう?とずっと食べたいと思っていて。それが、京都で叶う!これはイカネバ!!と。
 (93529)

ちなみにこちらが元祖エースののりトースト。古い雑誌漁ってたら発見(笑)

そんなのりトーストをメニューに入れてることや、その他のメニュー構成も喫茶店の演出としてとてもセンスいいなぁと。
 (93353)

こんなかき氷も、ちょっとノスタルジックな感じ。
 (93356)

で、注文したのりトーストとブレンドコーヒー。セット割引100円で〆て710円。
 (93357)

なんとも斬新で潔いビジュアル。海苔の黒一直線。
 (93358)

で、食べてみます。トーストはサンドイッチ用の薄いスライスのものを両面焼いて、バター、香ばしく焼いた海苔、うっすら醤油のついたとてもシンプルな組み合わせ。でもこれ、ビールのおつまみにもなる粋で大人のトーストと言った感じ。なんだか池波正太郎の小説とかにも出てきそうな。これは後をひく美味しさ。
 (93359)

コーヒーも注文聞いてから豆を挽いた、香り立つ濃いめのブレンド。ちょうどバターの効いたトーストの後味をキリリと引き締めてくれるような。

店内は老若男女で集い、ご近所さんや他いろいろで、特別客層に共通したカラーがある感じでもなく。ここで出会った客同士でコミュニティーも出来てたり(笑)それって、喫茶店やスナックの理想郷だと思うんですよね。そんな心地よさを求めて、皆が集うんだろうな、と。今度はナポリタンねらいで。

ヨ~イヤサ~♪

喫茶ウズラ への口コミ

喫茶ウズラ 基本情報

住所:京都府京都市中京区西ノ京中御門東町104-3
電話番号:075-200-5534
営業時間:11:00~17:00(LO.16:30)
定休日:日・祝・月
関連サイト:https://twitter.com/kissa_uzura/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな