2017年12月5日 更新

京都発大人気菓子店「Maman et Fille(マモン・エ・フィーユ)」神戸御影の実店舗が素敵すぎる【焼菓子】

昔からの京都の焼菓子ファンならきっとご存知「マモン・エ・フィーユのいちなんマルシェ」。2016年で終了され残念に思われていた方も多いと思いますが、今年7月に実店舗が神戸御影にオープン。京都でなく神戸でオープンされ残念なのですが、評判を聞き訪問してきました。

京都発「幻のお菓子屋さん」神戸御影に

 (106852)

手作りのお菓子を娘にあたえた母
そのお菓子を食べて成長し
パリのル・コルドン・ブルー本校で製菓を学んだ娘
お菓子づくりのスピリットは母から学び
技術はパリから学んだ
それが、マモン・エ・フィーユのお菓子たちです
2009年から一乗寺にある「焼肉屋 いちなん」で「マモン・エ・フィーユのいちなんマルシェ」として日曜日だけのお菓子屋として営業されていた「Maman et Fille(マモン・エ・フィーユ)」。
「マモン・エ・フィーユ」とは、フランス語で「母と娘」の意味だそうで、母娘で切り盛りされてきました。
六角にある「Dai's Dell & Sandwiches」でも以前販売されていたそうなので、そちらで購入していた方もおられるのでは。

私はこちらの事は知らなかったのですが、古くからの焼菓子ファンには有名で評判の良いお店だそう。店舗に行った話をするとうらやましがる人続出で、そんな事からも人気の高さを実感(笑)。

当初は地元でひっそりとされていたようですが、メディアで紹介されるようになり人気に火が付き、百貨店の催事に出られるまでに。
近頃は催事では大行列で瞬殺で完売する事から「幻のお菓子」と呼ばれているほどで、雑誌「婦人画報」のお取り寄せも大人気で話題ですが、今年7月に念願の実店舗を構えられました。
以前からのファンは大喜びだと思うのですが、場所は京都ではなく神戸御影。
京都の店舗ではありませんが、とても素敵なお店なのでご紹介いたします。
 (106853)

阪急電車御影駅から徒歩5分程の住宅街。
マンションの1階にあり、白壁のスタイリッシュなお店。
ガラス張りの玄関から内部が見えますが、シンプルでスタイリッシュでフレンチな装いで上品な店構え。
神戸や芦屋っぽい!個人的には感じるのですがどうですか?
この雰囲気ですでにテンションが上がります!
 (106854)

一歩店内に入ると、甘いけどバターの香りに包まれていて、高級なお菓子屋さんのおいしそうな匂い!(笑)
それだけで幸せな気分になれます♡
丁寧に作られた美しい焼き菓子が、これまた美しく並んでいます。
壁にかごが掛けられていて自分でチョイスしますが、マドレーヌなどはスタッフさんに伝え会計をしてもらいます。
(テイクアウトのみでイートインスペースはありません)
 (106855)

壁には小窓をあしらったデザインの棚が、ジュエリーのように美しくディスプレイ。
中にはギフトものが置かれています。
 (106856)

メディアで度々紹介され大人気の「フレンチビスキュイ」の缶入りタイプ。
上質な発酵バター、小麦粉、卵、砂糖だけというシンプルな材料でもって、フランスの昔ながらのレシピに忠実に作られたビスキュイ(ビスケット)だそうで、食べると小麦粉の風味がじんわり口に広がって絶品だとか。
手作りだからこそ1枚1枚焼き色が異なり、それも魅力なのだそうです。

そして質もですが、目を引くトリコロールの缶がめちゃくちゃかわいい!
ビスキュイは自宅用や箱入りなど缶入り以外も販売されていますが、ほとんどのお客がこの缶目当て。
このビスキュイですが、店頭では予約や取り置きが不可。在庫分のみで完売次第終了。
この日も開店40分後に訪問しましたが、どのビスキュイも完売。
人気なのは聞いていましたが、まさかここまでとは!
ですので確実に購入したい方は、開店前に並ばれる事をおすすめします
(店前には行列用のベンチシートも用意されています)。
 (106857)

ビスキュイもですが「フィナンシェ」も人気商品。
発酵バターを焦がし上積みだけを使用するなど手の込んだ作り方をされているそうで、素朴な中にも洗練された風合いや食感が加えられていて、それがマモン・エ・フィーユの個性であり魅力なのだとか。
そんな丁寧で真剣な姿勢が、焼菓子ファンに支持されているのでしょうね。
滞在時もひっきりなしにお客さんが来られていて賑わっていました。
ですが賑わっていたけれど殺伐とはしていなくて、スタッフさんは丁寧に、それでいてフレンドリー。
京都から訪問した旨をお伝えすると「遠くからありがとうございます!」とすごく丁寧に、恐縮するぐらい想いを伝えてくださってすごくうれしかったです。
人気が出ると忙しさに流されクールな対応になるお店も多いですが、こちらはそんな感じが全く無く終始気持ちよく過ごさせていただき、サービス精神も素晴らしくて感動でした。
 (106859)

 (106858)

この時購入したのは、レモンのカトルカールとローズ・フランボワーズのマドレーヌ。
バターがたっぷり感じられるカトルカールは、レモンの酸味がいいアクセント。
形もかわいいマドレーヌは、きめ細かいしっとり生地にジンジャー味が味を引き締めていてこれまた絶品でおいしい!
そして紙袋がまたオシャレ。お金がかけられた造りで上質ですよね。幸せな気分で持ち帰る事ができました。

今回は次の予定があったのであまり購入しませんでしたが、次回はビスキュイやフィナンシェ、冷蔵のキャロットケーキやプリンなども購入したいなぁと思いました。

見た目華やかな生ケーキや洋酒たっぷりの大人スイーツもいいですが、見た目地味で素朴だけど素材が吟味された、子どもから大人までみんなに愛される定番焼菓子もやっぱりいいですよね。おいしさが体に染み渡る…焼菓子ならではの優しさが、じわじわ伝わってくるようでした。

京都から御影は遠いですが、焼菓子好きさんにはわざわざ行っていただきたい名店。
京都でなく神戸のお店になってしまいましたが、京都から始まったと自慢したい、京都人として誇りに思いたい名店。
駅から近くわかりやすい場所にありますし、神戸観光やもうすぐはじまる神戸ルミナリエのついでになど、ぜひ訪れてみてくださいね。

SHOP DATA

住所:兵庫県神戸市東灘区御影2-34-20 グレイスリー御影 1F
電話:078-414-7842
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日
アクセス:阪急電車 御影駅下車 徒歩5分

H.P:http://me-f.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/%E3%83%9E%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%A6-230060980408773/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

12/17は岡崎公園へ!人気カフェ・コーヒーショップが大集合「第2回 おやつにするよ!甘いものとコーヒーと みちくさマルシェkyoto」【イベント】

12/17は岡崎公園へ!人気カフェ・コーヒーショップが大集合「第2回 おやつにするよ!甘いものとコーヒーと みちくさマルシェkyoto」【イベント】

去年11月に開催され大好評だったイベントが帰ってきます。今年は12月とやや寒い時期ですが、去年の約30店舗を大幅に上回る50店舗以上が参加だそうで、盛り上がること間違いナシ!人気ショップは完売も早いので、気になる方は朝イチで攻めてくださいね〜
【京都スイーツめぐり】日常のおやつ感覚をコンセプトとした安心安全!優しい味わいの焼き菓子☆「六波羅おやつ堂」

【京都スイーツめぐり】日常のおやつ感覚をコンセプトとした安心安全!優しい味わいの焼き菓子☆「六波羅おやつ堂」

東山区、六波羅にある小さなテイクアウト専門の洋菓子店。小さい子供でもおやつ感覚で食べられる、をコンセプトにお値ごろで安心安全な焼き菓子。しかも、おやつというにはもったいない美味しさ。
【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

伏見、国立病院スグの場所にある、創業150年の老舗和菓子店が営む野菜メニューを中心としたカフェ。和菓子店ならではな構成とヘルシーながら食べごたえある野菜料理で連日女性客を中心に人気。行ってきました。
西陣*ケーキも焼菓子も種類豊富「Le Gateau MARGUERITE(マーガレット)」は金・土だけのかわいいお菓子屋さん【スイーツ】

西陣*ケーキも焼菓子も種類豊富「Le Gateau MARGUERITE(マーガレット)」は金・土だけのかわいいお菓子屋さん【スイーツ】

今出川大宮の交差点から少し北に上がった住宅街で、週2回お菓子屋さんがオープンするのをご存知ですか?イベントでも人気のマーガレットの「マーガレットマルシェ」にお邪魔してきましたのでご紹介します。
あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

有頂天家族のワンシーンにも描写された通なファンも訪れるアットホームな純喫茶。フレッシュなサラダにしっとりトースト、日常の生活に花を添えるモーニングタイムを過ごせます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス