2020年5月9日 更新

【京都パンめぐり】全国的にも知られるブーランジェリー!通称『黒メック』でマニア周知「ル・プチメック」

おおきに~豆はなどす☆今回は好立地、中京区の烏丸御池にある超有名ベーカリー。パンマニアの間では通称『黒メック』と呼ばれ、黒基調のシックな店内が印象的。久々に行ってみました。

美味しい京都パン屋さんランキングトップクラスのお店

 (184120)

中京区、烏丸御池駅から西へ。衣棚通りを上がり、少し奥まった場所にあるお店。黒を基調としたシックな佇まいが印象的で、パンマニアの間では通称『黒メック』と呼ばれています。
 (184121)

京都の美味しいパン屋さんランキングでは、常に上位の全国的にも知られる『ル・プチメック』。こちらは黒基調なので『黒メック』ですが、今出川店は赤を基調とする店構えから通称『赤メック』。そんな愛称がついてしまうほど、パン好きの間では有名店。

他にも、大丸京都店、OMAKE店など系列店があり、全部で市内4店舗。そのうちの一つがこちら。
 (184122)

こちらのお店では客がトレーを持ってパンを選ぶのではなく、並んでいるパンを注文する対面販売スタイル。照明の加減なのか、黒店内効果なのか、香ばしく焼かれたパンたちがとても際立って並んでいます。いかにも美味しそうな風情。
 (184123)

バゲット類は壁の作り付け棚に立てかけられています。ハード、ソフトタイプの2種類。
 (184124)

まるでスイーツ店かと思わせる照明付きショウケースに、サンド類がキレイに陳列されています。
 (184126)

焼き菓子系、タルトやサンド類も。中でもりんごのタルトは有名で、以前何度か食べたこともあり。
 (184125)

ドリンク類も充実しています。この辺りのオフィスで務める方にとっては、そのままサラメシとしても利用でき、お店の前にはテラス席も完備。
 (184137)

今回は、こんなパンたちを買ってみました。
バゲット260円、クロワッサン180円、りんごのタルトフィヌ350円、キャフェブラン250円。
 (184127)

まずはりんごのタルトフィヌ。薄いタルトではありますが、けっこう大判。3時のおやつに。
 (184128)

タルト生地上にアーモンドクリーム、りんごのピルとスライスを重ね、焼いたもの。食べてみると、濃厚な生地にアーモンドクリームのコク、薄いりんごの食感などアクセントになり、深みある味わい。
 (184129)

さらにタルトの耳部分は、パイ生地本来の香ばしい風味やサクサクの食感が楽しめます。美しい層が幾重にも。
 (184130)

 (184131)

クロワッサンも表面あめ状でカリカリ食感、そして中はふんわりバター香るしっとり生地。表面と内面の食感のコントラストが際立ち、噛みしめるごとにバターがじんわり口の中に染み出て、クロワッサンらしい醍醐味。
 (184136)

バゲットと一番人気キャフェブランは軽くトーストして朝食に。
 (184134)

しっかり表面硬く噛み応えあり、中の生地はコシがあり、香ばしい小麦香るバゲット。
 (184135)

さらに、キャフェブランはライ麦生地にコーヒー、チョコ、クランベリーが練りこまれ、いろいろな味が楽しめるリッチなパン。どのパンもそのクオリティの高さに満足度高く、安定感あり。好立地なのもうれしいですね。

ヨ~イヤサ~♪

ル・プチメック御池店 への口コミ

詳細情報

名称:ル・プチメック御池店
住所:京都市中京区衣棚通御池上ル下妙覚寺186 ビスカリア光樹 1F
電話番号:075-212-7735
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休(お盆、年末年始のみ定休)
※新型コロナウイルス感染拡大予防につき営業日時の変更の可能性あり
公式サイト:http://lepetitmec.com/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな