2018年5月19日 更新

【京都ランチめぐり】安定の洋食メニューは不動の人気で行列!下鴨エリアの名店「浅井食堂」

下鴨エリアの人気洋食店。オープンして3年余あまりだが、ノスタルジックな雰囲気とクラシカルな洋食メニューは老舗感すら感じさせる安定ぶり。この日はランチでお邪魔しました。

葵祭の最中ということもあり、人気集中で行列に

 (124101)

この日は葵祭でこの界隈に来ていて、ちょうどランチ時。それなら久々にこちらの洋食がたべたいな、と。以前夜に来店したことがあって美味しかったので。
 (124103)

葵祭ということで、巡行ルートの周辺店はどこも混雑してましたが、こちらも例にもれずすでに満席で30分以上は待ってもらうことになる、と。もう他の店を考える余裕なかったのと、洋食気分だったので待つことに。
 (124102)

それにしても人気すぎて、次から次へとお客が来店し、もう以前よりかなり知名度上がったんでしょうね。すさまじい人気。
 (124106)

40分くらいかかりましたかね、空きできてカウンターへ。
 (124153)

あとテーブル席も。雰囲気も変わりなく。オープンから3年余なので、わりと新しめのお店ですが、元古い喫茶店をリノベーションされて、内装はその古さを活かす感じにしたって話を以前聞いていたので、そういう年季の入った落ち着いた雰囲気を大切にされてるのかなと。
 (124104)

メニュー。
いろいろ迷いましたが、ハンバーグとクリームコロッケが食べたかったので、ハンバーグど海老クリームコロッケ1200円のランチメニューを注文。パンとライス選べて、さらにワイン、コーヒー、紅茶のいずれかをチョイスできます。

今回はパンとアイスコーヒーで。
 (124107)

この日一番印象的だった出来事。
外が暑くて、最初出されたショートグラスのお冷、一気に飲み干してしまったんです。すると、満席で外でも待ってるお客がいるくらい店内バタバタで忙しいにもかかわらず、それを察したご主人がすかさずおかわりにロンググラスのお冷を。なんというか、守備範囲広くちゃんと細やかなサービスできてるというか。忙殺的であっても平常心でサービスにあたるスタンスというか。

そんなところに感動しました。些細なことかもしれませんが。なんとなく、お店への信頼度って味もさることながら、そんなことの積み重ねのような。
 (124108)

で、登場のハンバーグと海老クリームコロッケ。レトロ調のお皿もまたよし。
 (124109)

バゲットも添えられた完成図。なんとも由緒正しい、洋食の画。
 (124110)

まずはハンバーグ。塊感ですよ。この切った時の。で、頬張ってみる。そう、頬張れるサイズ。デミグラスソースがいいですね。媚びた甘みとかなくトマト風味にも偏ってなくて。深いコク。ハンバーグももちろん安定の美味しさ。
 (124111)

たっぷりソース添えられてるので、ソースまみれにしてさらに。
パンをチョイスして正解。このソースで食べる幸せ。あれですね。ウナギ丼のタレみたいな感覚で(笑)
 (124112)

海老クリームコロッケ。私がクリームコロッケ美味しいと感じる基準。それはベシャメルの後味にほのかな甘みを感じることとギリギリの柔らかさ。どっちも申し分なかったです。かなりクオリティ高いと思いました。
 (124113)

ポテサラや他フレッシュサラダも抜かりなく。
 (124114)

仕上げにアイスコーヒー。
かなり待ちましたが、この手間暇かかったであろう一皿と最後のコーヒー付で1200円は満足度大。それが人気なんですね。一過性のものではなく安定して。あと、忙しくても変わらぬサービスとか。御馳走様でした。

ヨ~イヤサ~♪

浅井食堂 への口コミ

詳細情報

名称:浅井食堂
住所:京都市左京区下鴨松ノ木町43−1、富山コーポ 1F
電話番号:075-706-5706
営業時間:11:00~15:00 (L.O14時) 17:30~23:00 (L.O22時)
定休日:月曜日(祝日の際は月曜日営業、翌火曜日休み) 第二火曜日、第四火曜日
関連URL:https://www.facebook.com/asaishokudou/
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな