2021年11月6日 更新

【京都洋食】学生の町支える激渋店!昭和価格の沁みる美味しさ「ランチとコーヒーの店かも」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区下鴨にある昭和風情のこるレトロな洋食店。かつての学生の胃袋を支えた名残り残すランチ。

かつては予備校生の胃袋を支えた洋食店

 (214287)

 (214288)

左京区下鴨。以前から来店したかったお店『ランチとコーヒーの店かも』があります。
よく地元で長らく暮らしていて、古くからそこにあり昔から変わらないスタイルで営業しレトロ感を醸している、そんなお店ばかりを紹介する方の情報から、その存在を知り、ずっと来たいと思っていました。
 (214289)

この近くには、ガイドブックにも載るような洋食店も数軒あり、実際この時も店前を通りかかると盛況だったり。そんな中、こちらは至ってひっそりとたたずむ鄙びた感もあります。

この日はいつもより営業開始時間が遅かったようで、ちょうどお店のご主人が営業中の札を持ってこられたところでした。すかさず入店し、一番乗り。
 (214290)

 (214291)

店内は外観から想像する以上に広く、さらに厨房もオープンキッチンになっていて、カウンター席もあります。店名には「ランチとコーヒーの店」と謳われていますが、正統派の洋食店仕様。

ご主人に創業いつごろか尋ねると、「もう何十年もやってます~」とのことで、古いお店あるある回答(笑)こじんまりと営業されてるところほど、具体的年数把握されてないお店が多く、何十年も~とかずーっとやってます~とか、わりとアバウトな答えが多いです。
 (214293)

 (214292)

やはり、昭和レトロだったり昔ながらの雰囲気醸すお店好きの方の来店が多いようで、この時も好きなだけ撮影してください、とのこと(笑)
テーブルとイス、さらに照明の昭和感。あとレースカーテンとか。
 (214294)

昔の家にはどこにでもあったような時計にも既視感あり。
 (214295)

そしてマガジンラックも。

こんな広い店内をご主人一人切り盛りされていて、今では比較的空いてるお店ですが、かつては学生、特に予備校生が利用し繁盛するお店だったとか。そういえば、このあたりから鞍馬口通にかけて、かつて大手予備校があり、学生の町として知られる京都ですが、予備校生の町でもあり、多くの若者でにぎわうエリアでした。以後、予備校も淘汰がすすみ撤退し、町の雰囲気も変わりましたが、中にはその名残りを感じる、ここのようなお店もまだ見られます。
 (214296)

 (214297)

メニュー。
その頃の名残りがメニューにもそのまま反映さていて、驚くような昭和価格。料理は1000円を超えるものはなく、一番高いものでもエビフライ定食900円。さらに今時コーヒー300円以下はスタンドコーヒーでもないような破格ぞろい。

メニューの中に『プロセット』という聞きなれないものがありますが、串カツみたいなもんだそうです。あと、スパゲティは古いお店あるあるの『イタリアン』表記。ナポリタンのこと。

単品のスパゲティも気になりましたが、今回はハンバーグ定食750円を注文。
 (214298)

しばらくすると登場。こちらがハンバーグ定食。見た目、これで750円とは思えないような。
 (214299)

ハンバーグには目玉焼きにロースハム、千切りキャベツにポテトサラダも。
 (214300)

ご飯は思いのほかたっぷり。
このあたりもかつての学生向け仕様の量なんでしょうか(笑)
 (214301)

お味噌汁も。
 (214302)

まずはハンバーグ。
わりと家庭的なタイプで、ケチャップとソースを混ぜたものがベースになったようなそんな味わいのソースにむっちりハンバーグ。わりとつなぎ多めの滑らかタイプ。ご飯のすすむハンバーグ。
 (214303)

ご飯が美味しいですね。古いお店ほど。やわから炊きたてのような。
 (214304)

ハンバーグに目玉焼きって、最近あるようであまり見かけなくなったようにも思ったり。ちょっと懐かしい取り合わせでもあり。中はほぼレア。
 (214305)

黄身にハンバーグをつけながら食べてみたり。
 (214306)

ポテトサラダはシンプルに、具材は人参のみですが、半殺しぎみにつぶされたジャガイモがなんとも手作りの味わい深いタイプ。
 (214307)

手切りの千切りキャベツにはうっすらフレンチ系ドレッシング。
 (214308)

ハムはなじみある味わいのやつ。他、お味噌汁も青ネギ、うずまき麩入っていて、しっかり味噌味のご飯がすすむやつ。

食事の途中、御主人が思い出したようにラジオをつけ、流れるBGMは地元KBS京都。ふと、地元のランチって昔はどこもこんな感じのゆるさが漂っていたな、とちょっと郷愁にも似た感覚になって泣きそうになったり。基本、今が一番いい!と思っているタイプの私ですが、最近の足早に変わっていく京都を思うと、こんな以前の風景を思い出すようなお店に癒されたり。ご主人のまったりとした口調も最高です。観光客やよそさん向けのお店ではありませんが、地元民の日常が垣間見れる絶滅危惧種的お店です。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ランチとコーヒーの店かも
場所:京都市左京区下鴨西林町9
電話:075‐7219564
営業時間:11時00分~20時00分
定休日:不定休
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事